メインメニューを開く

鋸山登山自動車道(のこぎりやまとざんじどうしゃどう)は、千葉県安房郡鋸南町元名字明鐘にある有料道路。愛称は(鋸山)パノラマライン。以前は「パノラマライン」だったが、同様の名称を使用するものが現れたため、混同を避ける意味で、現在では頭に“鋸山”と付すことがある。

入口

目次

概要編集

全長2.66 km。起点から終点まで、すべて個人の所有地内にある私道である[1]1961年着工、10年以上におよぶ難工事の末1975年に開通。現在の運営は千葉県木更津市に本社を置く新興土建株式会社。かつてはこの会社の関連企業・鋸山開発株式会社により運営されていた。

道路運送法に規定された自動車道(一般自動車道)となることから、道路交通法が適用され、交通違反者には罰則が科せられる[1]鋸山に登るための自動車専用道路で、頂上近くまで自動車で登ることがでる。終点および中腹の大仏口には駐車場が完備されており、隣接する観光施設(展望台・日本寺大仏・地獄のぞき等)へ散策やハイキングも楽しめる。

起点で国道127号に接続している。通り抜けはできない。下山は終点(頂上駐車場)から起点(鋸山登山自動車道入口)に戻ることになる。二輪車は以前は通ることができたが、現在は暴走行為を未然に防止する観点から通行禁止とされている。

1980年代中頃までは、一般車両を通行止めにしてヒルクライム等のモータースポーツ競技が行われることもあった。ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFTもここで撮影が行われている。テレビ・CM等、制作関係者の間ではロケ地として知られており、「水滸伝」「西遊記」(日本テレビ)「風雲ライオン丸」(CX)「白き抗争」(NHK)等の撮影が行われている。

詳細編集

路線名 鋸山登山自動車道
有料道路区間 安房郡鋸南町
総延長 2.6 km
車線数 2車線
供用開始 1975年
通行料金 普通車:1,000円

脚注編集

  1. ^ a b 浅井建爾 2015, p. 32.

参考文献編集

  • 浅井建爾『日本の道路がわかる辞典』日本実業出版社、2015年10月10日、初版。ISBN 978-4-534-05318-3

関連項目編集

外部リンク編集