座標: 北緯35度05分09秒 東経139度04分58秒 / 北緯35.085905度 東経139.082665度 / 35.085905; 139.082665

北から見た錦ヶ浦。手前は熱海港
南方の曽我・曽我浦地域

錦ヶ浦(にしきがうら)は静岡県熱海市の市街地沿岸部の南端にある断崖地域の名称。多賀火山初期の浅い海底での噴出物が見られ[1]、その景勝から度々映画やドラマの舞台やロケ地となっている。断崖周辺のほとんどはホテルニューアカオの所有となっており、様々な施設が作られている。

地理編集

崖周辺には国道135号の旧道が通っており、やや内陸には直線的に新道が通っている。市街地から南進した場合、崖沿いの旧道には明治時代のトンネル「観魚洞隧道(かんぎょどうずいどう)」があり、新道には「錦ヶ浦トンネル」と「曽我浦トンネル」という2つのトンネルがある。

この「観魚洞隧道」や「錦ヶ浦トンネル」辺りまでが「魚見崎(うおみさき)」、そこを抜けた「観魚洞隧道」「錦ヶ浦トンネル」と「曽我浦トンネル」で区切られた断崖周辺が「錦ヶ浦」、「曽我浦トンネル」を抜けた南方は「曽我(そが)・曽我浦(そがうら)」と呼ばれる地域になる。

錦ヶ浦は基本的に「錦ヶ浦トンネル」と「曽我浦トンネル」の東方に広がる旧道沿いの2つの突出した崖で構成されており、北方の崖を「錦崎(にしきざき)」、南方の崖を「扇崎(おうぎざき)」と言う。両崖(両トンネル)の間の凹んだエリアは、ホテルニューアカオ(アカオリゾート公国)の駐車場として利用されている。

北方の「錦崎」周辺には、「ホテルニューアカオ」と、同グループのホテル「ロイヤルウイング」があり、その山(八幡山)を上がると、アタミロープウェイの山頂駅・熱海秘宝館や、熱海城などがある。

南方の「扇崎」には、「伊豆一の絶景カフェ」を謳うホテルニューアカオ運営のカフェ「花の妖精」がある。

アクセス編集

JR熱海駅から伊豆東海バス網代旭町行きで「錦ヶ浦」停留所下車。

作品編集

脚注編集

  1. ^ 錦ヶ浦”. 伊豆半島ジオパーク. 2018年4月29日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集