錦織神社(にしきおりじんじゃ)は、大阪府富田林市宮甲田町にある神社。旧社格郷社。 ただし地元では、錦織を「にしこり」「にしこおり」「にしごり」等と呼んでいる。

錦織神社
Nishikiori-Jinja01.JPG
神社本殿(中央)と摂社(両側)
所在地 大阪府富田林市宮甲田町9−46
位置 北緯34度29分43.2秒 東経135度35分19.2秒 / 北緯34.495333度 東経135.588667度 / 34.495333; 135.588667 (錦織神社)座標: 北緯34度29分43.2秒 東経135度35分19.2秒 / 北緯34.495333度 東経135.588667度 / 34.495333; 135.588667 (錦織神社)
主祭神 建速素戔嗚命
品陀別命
菅原道真
社格郷社
創建 不詳(平安時代中期か)
本殿の様式 入母屋造(錦織造)
別名 水郡神社(旧称)
例祭 秋期大祭(10月第二土曜)
地図
錦織神社の位置(大阪府内)
錦織神社
錦織神社
テンプレートを表示

祭神編集

主祭神

歴史編集

神社のある地域は、太古は「錦部(にしごり)」と呼ばれていたようで、旧くは織物の技術を持つ人々が百済より渡来し住みついていたとされている。神社は錦部部(錦部氏)の氏神である。創建年代は不明であるが、昭和10年(1935年)の本殿修理の際に地中から平安時代中期の丸瓦・平瓦が発見され、そのころかそれ以前に創建されたと推定されている[1]

神社は大和川支流である石川の谷に位置することから、千早赤坂村の建水分神社や富田林市宮町にある美具久留御魂神社とともに、古くから河内国の三水分(みくまり)社として広く信仰を集めていた[2]。明治以前には水郡神社や水郡天王宮と称していたが、1907年(明治40年)に現在の社号に改称した[1]

境内編集

 
参道前の鳥居
(この写真の左側に川西小学校の門がある)

川西小学校の門の横に大石鳥居があり、そこから約150メートルの長い参道が続いている[2]。長い参道はかつて流鏑馬が行われており馬場先と呼ばれていた[2]。社務所と拝殿の間を通りぬけると、正面に本殿、その両脇に摂社の社殿が並んで見える。

  • 天誅組記念碑
参道脇に天誅組記念碑が設置されている[1]。これは幕末当時に甲田村の大庄屋であった水郡善之祐天誅組の変において、天誅組河内勢の中心人物として息子の英太郎とともに決起したことを示すものである。決起から100年後に、水郡家の子孫らによって建立された。

文化財編集

 
本殿(重要文化財)

重要文化財(国指定)編集

  • 錦織神社 3棟
    • 本殿
    • 摂社天神社本殿
    • 摂社春日社本殿
本殿は正平18年(1363年)の建築である。入母屋造三間社、正面千鳥破風、軒唐破風付き、檜皮葺きとする。正面の向拝には丸みを帯びた唐破風を造り、屋根の斜面正面につけられた三角形の千鳥破風が唐破風の上に位置する。こうした屋根形式は室町時代神社建築としては珍しく、貴重なものとされる。
この建築様式は江戸時代に建築された神社に多く採用され、「錦織造り」と呼ばれ、日光東照宮にも影響を与えたといわれている。両摂社は小規模な流造二間社で、天神社には文明12年(1480年)の棟札があり、春日社も同じ頃の建築と推定される。本殿、両摂社とも国の重要文化財に指定されている[3]

現地情報編集

所在地
交通アクセス

脚注編集

出典編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集