錦 (名古屋市)

名古屋市中区の地名

(にしき)は、愛知県名古屋市中区町名。一丁目から三丁目が存在する。郵便番号は460-0003[1]。人口は1597人(2015年10月1日現在)[2]

—  町名  —
錦通大津交差点付近(錦3丁目)
錦の位置(愛知県内)
錦
錦の位置(名古屋市内)
錦
錦の位置
座標: 北緯35度10分14.32秒 東経136度53分55.46秒 / 北緯35.1706444度 東経136.8987389度 / 35.1706444; 136.8987389
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Aichi Prefecture.svg 愛知県
Flag of Nagoya, Aichi.svg 名古屋市
中区
町名制定 1966年(昭和41年)3月30日
人口 (2015年10月1日現在)
 - 計 1,597人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 460-0003
市外局番 052
ナンバープレート 名古屋

目次

地理編集

名古屋市中区北部に位置し、東は新栄町および東区東桜一丁目・武平町、西は中村区名駅五丁目、南は、北は丸の内に接する。

町域の区切りは、概ね東は久屋大通、西は中村区との境である堀川、南は広小路通、北は桜通となっている。

もとは慶長15年(1610年)以降の清洲越しにより形成された名古屋城の城下町の一部で、北隣の丸の内と同じく町人の町として発展した[3]。町域の南端で、現在の広小路通にあたる堀切筋が当初の城下町の区切りであった。

現在は名古屋市の中心地域の1つで、オフィスビルや商業施設が密集する商業地域である。特に本町通以東の三丁目は、地元ではしばしば「錦三(きんさん)」の通称で呼ばれており、歓楽街を形成している。

学区編集

歴史編集

町名の由来編集

当町域を東西に通る錦通に由来する[3]

沿革編集

主な施設編集

一丁目編集

 
名古屋インターシティ

二丁目編集

三丁目編集

 
サンシャイン栄

交通編集

鉄道編集

道路編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 日本郵便. “郵便番号検索 愛知県名古屋市中区の郵便番号一覧”. 2016年1月20日閲覧。
  2. ^ “名古屋の町(大字)・丁目別人口 (平成27年国勢調査)統計表(区別)(6)中区”. 名古屋市総務局企画部統計課. (2016年3月31日). http://www.city.nagoya.jp/somu/page/0000081529.html 2016年5月16日閲覧。 
  3. ^ a b 名古屋市計画局 1992, p. 319.
  4. ^ a b c 名古屋市教育委員会事務局子ども応援委員会制度担当部学校計画室計画係. “名古屋市立小・中学校の通学区域一覧(中区)” (日本語). 名古屋市. 2017年8月24日閲覧。
  5. ^ a b 名古屋市計画局 1992, p. 781.

参考文献編集

  • 『なごやの町名』 名古屋市計画局、1992年

外部リンク編集

  •   ウィキメディア・コモンズには、に関するカテゴリがあります。