メインメニューを開く

錫良(しゃくりょう、シリャン、満州語:si-liyang)は清末の政治家。総督などの地方官を歴任した人物で、特に西南部と東北部において、政治・軍事・産業の近代化の基盤を築き上げた。姓はバヨト氏(Bayot hala、巴岳特氏)。字は清弼モンゴル人蒙古鑲藍旗の人。

錫良
Xiliang.jpg
プロフィール
出生: 1853年
死去: 1917年
出身地: 清の旗
職業: 政治家
各種表記
繁体字 錫良
簡体字 锡良
拼音 Xīliáng
注音二式 Shīliáng
和名表記: しゃくりょう
発音転記: シーリャン
テンプレートを表示

事跡編集

1874年光緒元年)、甲戌科進士となる。各地の知県・知州・知府・道員を歴任した後、1898年(光緒24年)、山西按察使となる。翌年、湖南布政使に遷る。同年9月に湖南巡撫1900年(光緒26年)に山西巡撫、翌年に湖北巡撫(赴任せず)と歴任した。同年5月、東河河道総督に遷り、1902年(光緒28年)2月、河南巡撫となり、同年5月、熱河都統となった。

1903年(光緒29年)4月、署四川総督に昇進し、翌年に正式に四川総督に任命された。1907年(光緒33年)2月に雲貴総督に遷った。1909年宣統元年)2月、欽差大臣に任命され、さらに東三省総督兼管三省将軍事に遷った。1910年宣統2年)、他省の総督・巡撫らと共に、内閣の組織、国会の開設を清朝中央に電文で要請した。1911年(宣統3年)4月、病により辞任、休養した。同年11月、再び熱河都統に任じられたが、1912年民国元年)1月、辞任した。総督として任じられていた間に、錫良は各任地で政務に辣腕を振るい、政治・軍事・産業の近代化の基盤を築き上げ、民国以後にも影響を与えた。

1917年(民国6年)、病没。享年65。

参考文献編集

  • 徐友春主編『民国人物大辞典』河北人民出版社、1991年
先代:
毓賢
山西巡撫
1900-1901
次代:
岑春煊
先代:
于蔭霖
湖北巡撫
1901
次代:
端方(ドゥワンファン)
先代:
任道鎔
河道総督
1901-1902
次代:
(廃止)
先代:
松寿(スンシェウ)
河南巡撫
1902
次代:
張人駿
先代:
セレンゲ(色楞額)
熱河都統
1902-1903
次代:
松寿(スンシェウ)
先代:
岑春煊
四川総督
1903-1907
次代:
趙爾豊
先代:
岑春煊
雲貴総督
1907-1909
次代:
李経羲
先代:
徐世昌
東三省総督
1909-1911
次代:
趙爾巽
先代:
溥頲
熱河都統
1911-1912
次代:
-