録音再生機器(ろくおんさいせいきき)は、音声を記録媒体=メディア録音し、またその音声を再生するための音響機器である。

録音機能だけの機器は「レコーダー」、再生機能だけの機器は「プレーヤー」と呼ばれることが多いが、一般に民生分野の機器は、録音機能も再生機能も備わっており、「レコーダー」という名称で販売される。

音をアナログ信号のまま記録再生するアナログ録音再生機器と、音をデジタル信号に変換(AD変換)して録音し、再びアナログ信号に変換(DA変換)して再生するデジタル録音再生機器とがある。

録音再生機器の一覧編集

録音再生機器には、メディア別に以下のようなものがある。

関連項目編集