鍋割山荘

鍋割山荘(なべわりさんそう)は、丹沢大山国定公園に含まれる丹沢山地の南部に聳える鍋割山頂(1,273m)にある山小屋[1][2]

概要編集

1976年4月(昭和51年)より、学生時代から山岳部で活動、アコンカグア、インドヒマラヤ・サトパント、ダウラギリI峰など登山経験が豊富な草野延孝により、経営されており、「鍋焼きうどん」が名物になっている[3]。草野は1976年4月の入山以来、数十年にもわたり70-110㎏(最大114kgの記録、1996年12月26日)のボッカを行なっているが、100㎏超えのボッカを石鎚山時代を含めると30回ほどこなしている。2002年6月以降は、毎日営業とし、2004年当時で既に6000回を超えるボッカを行った[4]

1985年6月に、大規模な増改築を行っている[3]

2019年からは、山小屋主の高齢化により、月曜日金曜日が定休日に、また、大みそかを除く宿泊サービスが停止され、悪天候の日は休業または営業時間を短縮されている[1]

山小屋主編集

長崎県有明町生まれの草野延孝が1976年4月以降、山小屋主を務める[3]

草野延孝経歴編集

[3]

脚注編集

  1. ^ a b 鍋割山荘公式サイト”. 2019年6月23日閲覧。
  2. ^ グーグル地図 - 鍋割山荘”. 2019年6月23日閲覧。
  3. ^ a b c d 鍋割山荘公式サイト - 小屋主”. 2019年6月23日閲覧。
  4. ^ 鍋割山荘公式サイト - 歴代重量ボッカ記録”. 2019年6月23日閲覧。

外部リンク編集