鍋島 直堅(なべしま なおかた)は、肥前鹿島藩の第5代藩主。

 
鍋島 直堅
時代 江戸時代中期
生誕 元禄8年4月28日1695年6月9日
死没 享保12年12月4日1728年1月14日
改名 岩松(幼名)、直堅
別名 宰相(通称
戒名 徳雲院大年際雄大居士
墓所 佐賀県鹿島市古枝町久保山の普明寺
官位 従五位下、和泉守、刑部少輔
幕府 江戸幕府
肥前鹿島藩
氏族 鍋島氏
父母 父:鍋島直條、母:於野津(中野氏・蓮清院)
兄弟 朝英茂之、姉(鍋島茂之室)、直堅堅武
正室:鍋島直称の娘・於千百
側室:井手氏(千々岩新兵衛の娘)
直郷直年
テンプレートを表示

元禄8年(1695年)4月28日、第2代藩主・鍋島直條の五男として江戸青山邸で生まれる。宝永2年(1705年)に父が死去したため、家督を継いだ。しかし生来から病弱だった。享保12年(1727年)12月4日に鹿島で死去した。享年33。跡を長男の直郷が継いだ。