鍋島 直永(なべしま なおなが)は、肥前国鹿島藩10代藩主。佐賀藩主・鍋島直正(閑叟)の実兄である。

 
鍋島直永
時代 江戸時代後期
生誕 文化10年9月29日1813年10月22日
死没 安政元年12月23日1855年2月9日
改名 学四郎(幼名)、直永
戒名 照徳院殿良水決水大居士
墓所 佐賀県鹿島市古枝町久保山の普明寺
官位 従五位下丹波守上総介
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉家慶
肥前鹿島藩
氏族 鍋島氏
父母 鍋島斉直鍋島直宜養女於増
鍋島直彜
兄弟 神代賢在、益子、直孝久世通熙室、
竈姫、直永茂真直正茂快、為、
茂元直賢、區、光、於民、文武
鍋島茂延娘於統
山口常福娘、伊東重貞
唯証院、直彬、謁女ら
直晴
テンプレートを表示

生涯編集

文化10年(1813年)9月29日、佐賀藩第9代藩主・鍋島斉直の十三男として生まれる。母は側室・於増の方(石井尚方の娘)。文政2年(1819年)4月15日、叔父の鹿島藩第9代藩主・鍋島直彜の養子となる。文政3年(1820年)2月17日に直彜が隠居したため家督を継ぐ。

天保10年(1839年)6月4日、家督を養子(直彜の実子)の直晴に譲って隠居した。隠居後に生まれた実子の直彬は、3代後に家督を継いで、最後の鹿島藩主となる。安政元年12月23日(1855年)に死去した。享年42。

系譜編集