メインメニューを開く
鍋島直虎

鍋島 直虎(なべしま なおとら、安政3年2月9日1856年3月15日) - 大正14年(1925年10月30日)は、肥前小城藩の第11代(最後)の藩主。明治時代から大正時代にかけての政治家。

肥前佐賀藩主・鍋島直正の七男。母は側室・木村矩欽の娘。先妻は第10代小城藩主鍋島直亮の娘・春子、後妻は南部利剛の娘。子は鍋島直庸(長男)、鍋島直顕(次男)、娘(本多忠昭正室)、娘(毛利元良室)。官位は従二位紀伊守、子爵。幼名は欽八郎。

先代藩主の直亮に男児が無かったため、文久元年(1861年)9月にその婿養子となる。元治元年(1864年)、直亮の死去により跡を継いだ。慶応4年(1868年)の戊辰戦争では新政府軍に与して秋田の戦いなどで武功を挙げ、その恩賞として明治2年(1869年)8月に5000両を与えられた。それより2か月前の6月には版籍奉還により藩知事となり、明治4年(1871年)7月の廃藩置県で免官されている。

明治6年(1873年)7月、明治政府からイギリス留学を許可される。同年8月、実兄・鍋島直大や実弟・鍋島直柔と共にロンドンへ遊学する。明治8年6月、2年間の留学予定であったものの、1年の延長を願い出ている。帰国後に外務省御用掛となった。

明治17年(1884年)7月8日、子爵を叙爵した[1]。明治23年(1890年)7月、貴族院議員に当選した。5期連続で当選した。大正14年(1925年)10月30日に死去した。享年70。法号は威徳院殿全機直雄大居士。墓所は佐賀県小城市鷺原の祥光山星巌寺。

栄典編集

脚注編集

  1. ^ 『官報』第308号、明治17年7月9日。
  2. ^ 『官報』第565号「叙任及辞令」1914年6月19日。
  3. ^ 『官報』第3717号「宮廷録事 - 恩賜」1925年1月15日。


日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
小城鍋島家初代
1884年 - 1925年
次代:
鍋島直庸