鍋島 直道(なべしま なおみち)は、江戸時代後期の肥前国蓮池藩の世嗣。通称は下総。

 
鍋島直道
時代 江戸時代後期
生誕 寛政元年6月4日1789年6月26日
死没 文政3年10月27日1820年12月2日
別名 下総(通称
肥前蓮池藩世嗣
氏族 鍋島氏
父母 鍋島治茂
鍋島直温
兄弟 斉直、敏次郎、徹之助、直道、悌操院、誠、久世通理室、諫早敬輝室、登、於變、直彜直与中院通繁室、観、
鍋島直正正室ら
与善、弥ゐ
テンプレートを表示

略歴編集

佐賀藩8代藩主・鍋島治茂の四男として誕生。

蓮池藩7代藩主・鍋島直温の養子となるが、家督相続前の文化12年(1815年)4月に廃嫡された。代わって実弟の直与が養子に入り、嫡子となった。

文政3年(1820年)、32歳で没。

実子に直与から偏諱を賜ったとみられる鍋島与善(ともよし、鍋島與善、幼名:敬之助、1811年 - 1839年)や女子(弥ゐ、石井儀助妻)がいた。