鍋島 茂周(なべしま しげちか)は、江戸時代前期の武将肥前国佐賀藩士。須古鍋島家3代当主。鍋島姓を賜るまでは龍造寺姓を名乗る。

 
鍋島茂周
時代 江戸時代前期
生誕 天正18年2月5日1590年3月10日
死没 慶安5年6月20日1652年7月25日
改名 龍造寺茂周、鍋島茂周
別名 因幡(通称)
主君 鍋島勝茂
肥前佐賀藩
氏族 須古鍋島家
父母 龍造寺信昭
正辰
テンプレートを表示

略歴編集

天正18年(1590年)、2代当主・龍造寺信昭の子として誕生。

寛永3年(1626年)、父・信昭の隠居により家督を相続する。この頃に佐賀藩初代藩主・鍋島勝茂より鍋島姓を賜る。寛永14年(1637年)、島原の乱に佐賀藩の軍勢のうち800人を率いて参加している。

慶安5年6月20日(1652年7月25日)、死去。享年63。

出典編集

  • 吉岡達太郎『須古村片影』1980年