メインメニューを開く

鍛治 壮一(かじ そういち、1930年昭和5年)7月6日 - )は、日本作家航空評論家東京市出身。

鍛治 壮一
誕生 (1930-07-06) 1930年7月6日(88歳)
日本の旗 日本 東京都
職業 作家評論家
最終学歴 東京大学教養学部
ジャンル ルポ
主題 航空
テンプレートを表示

目次

経歴編集

1956年(昭和31年)東京大学教養学部卒業後、毎日新聞社に入社。東京社会部記者として1965年(昭和40年)から航空担当となる。その後、サンデー毎日編集次長に就任。社会部編集委員などを歴任した。1985年(昭和60年)に同社を退社し、ジャパンタイムズ編集委員を経て独立。航空に関連する記事執筆を専業とするライターとなり、防衛・航空問題を専門とする。ほか、通産省委員など歴任した。

略年表編集

著書編集

  • 『ジェット・パイロット : 国際線機長ものがたり』ぺりかん社 1969
  • 『ジェット・パイロット : 国際線機長ものがたり 増補改訂版』ぺりかん社 1971
  • 『ジェット・パイロット : 国際線機長ものがたり 新版』ぺりかん社 1974
  • 『飛行機のはなし』塩田みつを/絵 ポプラ社 1978
  • 『パイロット・鉄道マンへの道』ポプラ社 1978
  • 『ジェット・パイロット』ぺりかん社 1981
  • 『ちしきの絵本 3』ポプラ社 1982
  • 『ジェットパイロット物語 : ロマンを秘めた男の群像』朝日ソノラマ 1988
  • 『コクピットの男 : ハイテク機に挑む』朝日ソノラマ 1989

ほか、執筆記事、共著多数。

関連項目編集