メインメニューを開く

鍵山 秀三郎(かぎやま ひでさぶろう、1933年8月18日 - )は、株式会社ローヤル(現 イエローハット)の創業者。創業以来続けている「掃除」が世間の評判を呼び、のちに掃除運動が内外に広がった。NPO法人日本を美しくする会」の創唱者で相談役でもある[1]

人物編集

1953年昭和28年)に自動車業界に入る。当時の自動車業界は、職場や社員も含め全体が粗野で乱雑であったため、鍵山が就職した自動車部品販売店でも一般ユーザーなどほとんど来ない状態であった。就職した会社で環境を変えなければだめだと感じ、トイレ掃除を始める。余計なことをするといじめにもあったが、職場や店舗をきれいにするうちに客層がよくなり、ディック・ミネ森繁久彌などの有名人も来店するようになるとともに従業員のモラルも向上した。当時の自動車用品業界は雪が降ればタイヤチェーンの価格を10倍、20倍にするなどの不透明な販売方法が主流であったが、鍵山はそうした体質に嫌気が差し理想の会社を作るという思いを抱き、 1961年には独立し、イエローハットの前身であるローヤルを始める[1][2]

当時は高度成長期で人手不足が深刻であったため、自動車業界へ来るのは渡り鳥的な荒れた者が多かった。鍵山はそうした社員の心を穏やかにしたいとの考えから、自分自身の態度で示す方法としてトイレ掃除を始めた。平日の掃除は業務時間外の深夜か早朝になるため、夜中に泥棒と間違えられ警察に踏み込まれる経験をしたり、日曜には家族4人総出で洗車を行ったりもした。それでも簡単に社員の意識が変わったわけではなく、むしろ社員からはあてつけがましいと批判されることもあり、自発的に社員が手伝うようになるのは10年以上を要した。12年が経ったころに社員が自発的に掃除や洗車を始めるようになった。その後、掃除に参加する社員が少しずつ増えていく。さらに10年後には、ほとんどの社員が早朝から洗車をしたり、会社と近隣の道路の清掃を始め、「掃除をするよい会社だ」との評判が立つにいたる[1][2]

こうした経験から鍵山は「凡事徹底」を提唱し始め「物を整理し掃除することは頭を掃除することでもあり、ムダや汚れに気づくようになる」との考えを抱くにいたる。社員の掃除活動はその後、社外にまで広がりを見せ、会社から半径2.5㎞の道路公園ごみ拾いに始まり、10種類以上もある資源ごみに細かく分類する作業にまで及んだ。さらに、ごみ専用倉庫を建設したり、企業収益の一部を社会へ還元する動きにまで発展させる。1991年平成3年)には、鍵山とその賛同者35名による「日本を美しくする会」が発足。掃除実践隊である「掃除に学ぶ会」はその後、全国122か所のほか、中国台湾ブラジルニューヨークなど海外にまで広がり、マスメディアの取材も盛んになる[1]

鍵山がトイレ掃除をする際には必ず素手で行うが、その理由は素手が最も合理的に便器を磨き上げられるからである。また、どろどろの汚水も一度触ってしまえばうそのように躊躇は消えるという。広島では暴走族の若者に「なんだ、勇気ないな」と呟いたところ、負けず嫌いの彼らが競って茶色く汚れた便器を掴み、ピカピカになるまで磨きだしたというエピソードがある。ホテル宿泊時にも洗面用具一式は持参し、備品は使わず私生活でもリサイクルを実践し、極力ごみを出さないように努め、はがき用のボールペンは替え芯を使い1本のみであるという[1]

掃除は会社の社風に大きな影響を与えた。鍵山は、会社には職務規定や就業規定があっても、それらをしっかり読む社員などいない。社員は職務規定に従って仕事をするのではなく、社風に従って仕事をするのであって、社風が向上すれば自然と行動もよくなり、それが顧客への信頼につながると考えている。事実、イエローハットでは設立15年目くらいから客に認められ、評価されるとともに社員が自信を持ち発展の基盤が固まった[2]

経歴編集

  • 1933年昭和8年) - 8月18日東京都千代田区に父、孝三郎、母、かなゑの元、三男二女の末っ子として生まれる。
  • 1952年(昭和27年) - 疎開先であった岐阜県岐阜県立東濃高等学校を卒業。中学校代用教員を一時期勤める。
  • 1953年(昭和28年) - デトロイト商会に入社。
  • 1959年(昭和34年) - 2月1日、結婚。
  • 1961年(昭和36年) - デトロイト専務取締役退任、東京都千代田区麹町にて自動車用品及び付属用品販売のローヤルを個人創業。当初は欲しい商品は全く手に入らず、メーカーの人気のない在庫品を借り受け自転車で売り歩いた。
  • 1962年(昭和37年) - 株式会社に改組、株式会社ローヤル(資本金2,000,000)設立。代表取締役社長就任。
  • 1965年(昭和40年) - 仙台営業所を開設(現在のイエローハット北海道・東北支店)。
  • 1966年(昭和41年) - 名古屋営業所、大阪営業所開設。
  • 1967年(昭和42年) - 6月、東京都千代田区三番町9番地に本店を移転、同地に東京営業所(現 関東支店)を開設。8月、関東地区のガソリンスタンド卸部門を分離し、コーナーローヤルを設立。
  • 1969年(昭和44年) - 大規模小売店にカーコーナーを開設。エンドユーザーへの販売を開始。
  • 1975年(昭和50年) - 11月、直営店舗第1号店のイエローハット宇都宮南店を開設。
  • 1976年(昭和51年) - 東京都大田区北千束に本社を移転。ショッピングセンターの卸売りから撤退し、小売りを始める。これが現在のカー用品店「イエローハット」の原形となる。
  • 1994年(平成4年) - 12月、創立30周年、イエローハット200店舗達成。同年、障害者雇用優良事業所として東京都知事表彰受賞。
  • 1993年(平成5年)- NPO法人『日本を美しくする会』を発足。
  • 1997年(平成9年) - 社名を㈱イエローハットに商号変更。
  • 1998年(平成10年) - 社長を退任、相談役に就任する。
  • 2008年(平成20年) - 同相談役を辞任。

(出典[1][3][4][2])

著書編集

  • 『凡事徹底』1994年11月(致知出版社刊)ISBN 4-884743482
  • 『ひとつ拾えば、ひとつだけきれいになる―心を洗い、心を磨く生き方』2006年6月(PHP研究所ISBN 4-569652352
  • 『鍵山秀三郎語録』(2011年9月 致知出版社刊)ISBN 4-884745523
  • 『小さな実践の一歩から』(2011年9月 致知出版社刊)ISBN 4-884746341
  • 『掃除に学んだ人生の法則』(2011年9月 致知出版社刊)ISBN 4-884746724
  • 『あとからくる君たちへ伝えたいこと』(2011年9月 致知出版社刊)ISBN 4-884747313
  • 「ローヤル劇場 てんびんの詩」3部作 企画及びスポンサーとして
  • 『すぐに結果を求めない生き方 ほんとうの幸せは目に見えない』2017年8月(PHP研究所)ISBN 4-569838545
  • 『二度とない人生を生きるために いつでもどこでも精一杯』2018年1月(共著、PHP研究所)ISBN 4-569838820

脚注編集

外部リンク編集