メインメニューを開く

鍵師』(かぎし)は、1990年代にフジテレビ系列金曜エンタテイメント』(第1作のみ『金曜ドラマシアター』)で放送されていたテレビドラマシリーズの1つ。1993年から1997年にかけて全5作が放送された。

鍵師
ジャンル テレビドラマ
原作 大谷二三男
企画 鈴木哲夫(フジテレビ)(*1 - *3)
佐生哲雄(松竹)(*3 - )
遠藤龍之介(フジテレビ)(*4)
清水賢二(フジテレビ)(*5)
西渕賢司(*5)
脚本 岩田元喜(*1 - *4)
森らいみ(*5)
演出 杉村六郎(*1 - *3)
長尾啓司(*4・*5)
出演者 渡辺謙
小林聡美
岸田今日子
プロデューサー 椿宜和
佐生哲雄(*1)
足立弘平(*3 - )
大辻健一郎(*3)
制作 フジテレビ松竹
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1993年3月12日 - 1997年10月17日
放送時間 金曜21:02 - 22:52(*1 - *3)
不明(*4)[1]
金曜21:00 - 22:52(*5)
放送枠 金曜ドラマシアター(*1)
金曜エンタテイメント(*2 - )
放送分 110分→112分
回数 5回

目次

概要編集

東京の下町で深川ロック・サービスの幟を自転車に立てて営業をする錠前屋、水谷浩二(渡辺謙)を主人公としたドラマ。主人公と岸田今日子演ずる母親の二人の軽妙なやりとりは、渡辺・岸田出演でほぼ同時期に放送された『御家人斬九郎』と同様である。

第1作では、浩二には死んだ兄の妻である義姉(萬田久子)と甥がいるとの設定であるが、第2作以降には登場しない。

キャスト編集

  • 水谷浩二(渡辺謙) - どんな錠前でも開けてしまうという天才。鍵師(ロック・スミス)と自称している。
  • 白井留美(小林聡美) - 隣の花屋の娘。浩二にベタ惚れだが、相手にされていない。
  • 水谷フミ(岸田今日子) - 浩二の母親。

シリーズ作品編集

スタッフ編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 金曜21:02 - 22:52の予定だったが、前座番組であるプロ野球中継広島東洋×巨人」(広島市民球場テレビ新広島制作)が延長したため繰り下げ(延長時間は不明)。