メインメニューを開く

鍵泥棒のメソッド』(かぎどろぼうのメソッド)は、内田けんじ監督の日本映画2012年9月15日公開。2013年、第86回キネマ旬報ベスト・テンで日本映画脚本賞、芸術選奨文部科学大臣賞第36回日本アカデミー賞・最優秀脚本賞を受賞している[2]

鍵泥棒のメソッド
監督 内田けんじ
脚本 内田けんじ
製作 深瀬和美
赤城聡
大西洋志
製作総指揮 藤本款
和田倉和利
出演者 堺雅人
香川照之
広末涼子
荒川良々
森口瑶子
音楽 田中ユウスケ
主題歌 吉井和哉点描のしくみ
撮影 佐光朗
編集 普嶋信一
製作会社 「鍵泥棒のメソッド」製作委員会
配給 クロックワークス
公開 日本の旗 2012年9月15日
上映時間 128分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 6億円[1]
テンプレートを表示

あらすじ編集

何事も計画を立ててからでないと行動出来ない水嶋香苗が新たに立てた計画は、目標の期日までに相手を見つけ結婚するというものだった。また、法外な報酬で仕事を請け負う凄腕の殺し屋『コンドウ』こと山崎信一郎は、仕事を遂行した際に僅かな返り血を受け、手近な浴場へと車(クライスラー・300)を走らせる。そして、計画性皆無の三文役者桜井武史は人生に行き詰まって自殺を図るが失敗し、おもむろに開けた財布に銭湯のタダ券を発見する。

桜井は出掛けた銭湯で、分厚い財布を持つ羽振りのいい山崎をチラ見する。その後、風呂場で山崎が足を滑らせ失神すると、桜井はそれに乗じてロッカーの鍵をすり替える。山崎は意識不明で病院に搬送されるが、頭を打ったショックで記憶を無くしており、所持品から自分を『桜井武史』だと思い込んでいた。桜井は山崎の車を乗り回し、思い付く事に財布の金を使い、山崎の家にまで上がり込む。家を物色すると、偽造免許や拳銃など山崎の仕事道具が続々と出てくる。

退院の日、記憶喪失に困惑する山崎は香苗と出会う。良心的な香苗はその日以降、山崎の世話を焼くようになる。成り行きで『コンドウ』を演じる桜井は、報酬受け取りのため依頼人と会い、更なる依頼を受け負わされるのだった。自分を売れない俳優だと思い込んでいる山崎は、真剣に芝居に取り組みだす。

桜井は依頼を受けて以降、標的となる人物に関する調査を積極的に行うようになるのだが、その行動は全く別の目的のために行われていたのだった。香苗は山崎と接するにつれ、共通点の多さや真面目な性格、向上心や努力する人柄に触れ、遂には山崎に結婚を申し込む。そんな日々の中、とうとう山崎に記憶の戻る時が訪れる。

キャスト編集

スタッフ編集

受賞編集

Blu-ray / DVD編集

2013年5月10日発売。発売元はクロックワークス / テレビ朝日、販売元はメディアファクトリー。

  • 鍵泥棒のメソッド(2枚組)

韓国版編集

LUCK-KEY/ラッキー
럭키
監督 イ・ギェビョク
脚本 ジャン・ユンミ
出演者 ユ・ヘジン
イ・ジュン
チョ・ユニ
配給 ショーボックス
公開   2016年10月13日
上映時間 112分
製作国   韓国
言語 韓国語
テンプレートを表示

韓国では2016年に映画『LUCK-KEY/ラッキー』としてリメイクされた。第15回フィレンツェ韓国映画祭で観客賞(Asiana Airlines Audience)を受賞[4]

キャスト編集

舞台編集

2014年に演劇集団キャラメルボックスが本作を舞台化、2014年5月10日から6月1日にサンシャイン劇場・同年6月5日から10日に新神戸オリエンタル劇場にて上演された[6]。脚本・演出は成井豊[7]

また、2017年3月同じく演劇集団キャラメルボックスが本作を再演[8]。なお、3ステージ限定で新人抜擢ステージが行われた[9]

役名 2014年版 2017年版 備考
Black White 通常講演 新人抜擢
桜井武史 畑中智行 多田直人 畑中智行 山﨑雄也
コンドウ 阿部丈二 岡田達也 石橋徹郎
水嶋香苗 渡邊安理 岡内美喜子 実川貴美子 大滝真実
水嶋徳治 西川浩幸
岩城
警官
監督 岡田達也 阿部丈二 石橋徹郎
(客演)
岡田達也 [10]
工藤純一 大内厚雄
風呂客 [11]
医師 大森美紀子
水嶋京子 大森美紀子
婦警
番台 [11]
水嶋翔子 前田綾 森めぐみ
綾子
土屋 石原善暢 久保田秀敏
(客演)
彼氏
風呂客 [11]
藤本 小多田直樹 山﨑雄也 畑中智行
大谷
藤木 笹川亜矢奈 大滝真実 実川貴美子
理香
谷口 毛塚陽介 山根翼
大家
村上 関根翔太 竹鼻優太
博人
助監督 多田直人 畑中智行 金城あさみ [12]
猫娘 岡内美喜子 渡邊安理 [13]

関連項目編集

名探偵コナン 江戸川コナン失踪事件 〜史上最悪の2日間〜
2014年12月にテレビ放送されたアニメ作品。当作品とのコラボとして、脚本を内田けんじが担当。
「鍵泥棒のメソッド」の後年が描かれ、作品内の主要ゲストキャラとしてコンドウ、香苗が登場し、声優は映画版キャストである香川照之広末涼子が担当した[14]。二人が本作で起きた事件に関わりながら、江戸川コナン(声 - 高山みなみ)、毛利蘭(声 - 山崎和佳奈)、灰原哀(声 - 林原めぐみ)、毛利小五郎(声 - 小山力也)らと出会うストーリーとなっている。
桜井も登場しているが、本作では出番が少ないため、声は声優の岩永哲哉が担当している。

脚注編集

  1. ^ キネマ旬報」2013年2月下旬決算特別号 210頁
  2. ^ 2012年 第86回キネマ旬報ベスト・テン結果発表”. キネマ旬報. キネマ旬報社. 2013年1月12日閲覧。
  3. ^ “鍵泥棒のメソッド:内田けんじ監督に聞く 物語作りは「石油掘り」 温存してきたアイデアが開花”. MANTANWEB (りんたいこ). (2012年9月14日). http://mantan-web.jp/2012/09/14/20120914dog00m200052000c.html 2014年5月1日閲覧。 
  4. ^ “映画「ラッキー」、フィレンツェ韓国映画祭観客賞を受賞”. WoW!Korea (エイアイエスイー). (2017年4月5日). http://www.wowkorea.jp/news/enter/2017/0405/10187379.html 2019年4月9日閲覧。 
  5. ^ “俳優イ・ジュン、映画「キー・オブ・ライフ」クランクイン… プロフィール写真を公開”. Wow!Korea (エイアイエスイー). (2015年9月24日). http://www.wowkorea.jp/news/enter/2015/0924/10152616.html 2016年5月25日閲覧。 
  6. ^ キャラメルボックス2014スプリングツアー「鍵泥棒のメソッド」”. 演劇集団キャラメルボックス. 2014年2月5日閲覧。
  7. ^ “鍵泥棒のメソッド:堺&香川のコメディー映画を舞台化 成井豊さんに聞く”. MANTANWEB. (2014年5月1日). http://mantan-web.jp/2014/05/01/20140501dog00m200008000c.html 2014年5月1日閲覧。 
  8. ^ キャラメルボックス2017スプリングツアー「鍵泥棒のメソッド」”. 演劇集団キャラメルボックス. 2016年11月24日閲覧。
  9. ^ 「鍵泥棒のメソッド」新人抜擢ステージ”. 演劇集団キャラメルボックス. 2017年3月20日閲覧。
  10. ^ 2014年版のキャストは、コンドウ役のBlack版とWhite版のダブルキャストの逆のキャスティング。そのため、ダブルキャストながら主演のメンバーも全員出演している。
  11. ^ a b c 2017年版は、銭湯に関するエピソードが省略されているため、風呂客や番頭は登場しない。
  12. ^ 2014年版のキャストは、桜井武史役のBlack版とWhite版のダブルキャストの逆のキャスティング。そのため、ダブルキャストながら主演のメンバーも全員出演している。
  13. ^ 2014年版のキャストは、水嶋香苗役のBlack版とWhite版のダブルキャストの逆のキャスティング。そのため、ダブルキャストながら主演のメンバーも全員出演している。
  14. ^ 金ロで『名探偵コナン』新作テレビSP放送!「鍵泥棒のメソッド」コラボで広末涼子&香川照之がゲスト声優”. テレビドガッチ (2014年12月26日). 2014年12月29日閲覧。

外部リンク編集