メインメニューを開く

鍾城郡(チョンソンぐん)は、朝鮮民主主義人民共和国咸鏡北道の北部にかつてあった郡。15世紀に豆満江沿いに置かれた六鎮の一つに由来する。1974年に廃止され、大部分は穏城郡に併合された。

鍾城郡
位置
各種表記
チョソングル: 종성군
漢字: 鍾城郡
日本語読み仮名: しょうじょうぐん
片仮名転写: チョンソン=グン
ローマ字転写 (MR): Chongsŏng
統計
行政
国: 朝鮮民主主義人民共和国の旗 朝鮮民主主義人民共和国
テンプレートを表示

地理編集

豆満江沿いに位置した。かつての中心部は、現在穏城郡鍾城労働者区である。

植民地期には、北に穏城郡、西南に会寧郡、東に慶源郡と境を接した。郡域であった上三峰(現・穏城郡三峰労働者区)から対岸の中国吉林省に鉄道橋が架けられるなど、朝鮮東北部における交通の要衝であった。

歴史編集

古代には高句麗渤海の領域であり、その後は女真がこの土地に入り、愁州と呼んだ。

15世紀には朝鮮王朝と女真の係争地となった。朝鮮王朝は、1435年に寧北鎮に鍾城郡を置いて節制使に知郡事を兼任させた。1440年には郡治が童巾山南麓(現・穏城郡鍾城労働者区)に移転し、寧北鎮には節制使の行営が残された。のちに鍾城郡は鍾城都護府に昇格。1895年、行政区画の再編により鍾城郡となった。

1974年に鍾城郡は廃止され、主要部が北隣の穏城郡に併合されたのをはじめ、東部がセビョル郡、南東部が恩徳郡、西南部が会寧市にそれぞれ分割吸収された。

年表編集

この節の出典[1]

  • 1435年 - 朝鮮王朝が鍾城郡を置く。
  • 1895年 - 鏡城府鍾城郡となる(二十三府制)。
  • 1896年 - 咸鏡北道鍾城郡となる。
  • 1914年4月1日 - 郡面併合により、咸鏡北道鍾城郡の一部(豊海面)が慶興郡に編入。鍾城郡に以下の面が成立。(6面)
    • 鍾関面・古邑面・龍渓面・豊谷面・南山面・華方面
  • 1943年 (6面)
    • 鍾関面が鍾城面に改称。
    • 古邑面が行営面に改称。
  • 1947年11月 - 華方面が慶興郡に編入。(5面)
  • 1952年12月 - 郡面里統廃合により、咸鏡北道鍾城郡豊谷面・龍渓面・行営面および鍾城面・南山面の各一部地域をもって、鍾城郡を設置。鍾城郡に以下の邑・里が成立。(1邑17里)
    • 鍾城邑・雲岩里・龍渓里・山城里・豊川里・鐘山里・防垣里・仲峯里・窟山里・下三峯里・潼関里・鳳山里・東浦里・豊渓里・行営里・洛生里・三峯里・硯山里
  • 1953年 (1邑1労働者区16里)
    • 山城里が山城労働者区に昇格。
    • 仲峯里の一部が洛生里に編入。
  • 1954年10月 - 穏城郡永江里を編入。(1邑1労働者区17里)
  • 1958年6月 (1邑1労働者区14里)
    • 穏城郡倉坪里を編入。
    • 龍渓里・鳳山里・鐘山里・硯山里が慶源郡に編入。
  • 1961年 (1邑1労働者区13里)
    • 雲岩里が倉坪里に編入。
    • 下三峯里の一部が鍾城邑に編入。
  • 1967年 - 仲峯里が仲峯労働者区に昇格。(1邑2労働者区12里)
  • 1972年 - 三峯里が三峯労働者区に昇格。(1邑3労働者区11里)
  • 1974年5月 - 鍾城郡廃止。
    • 鍾城邑・潼関里・永江里・豊川里・下三峯里・倉坪里・豊渓里・東浦里・山城労働者区・三峯労働者区が穏城郡に編入。
    • 洛生里・行営里・防垣里・窟山里・仲峯労働者区が会寧郡に編入。

下位行政区画編集

1945年8月15日の時点で、咸鏡北道鍾城郡には6面が所属していた。

  • 鍾城面 - 종성면【鍾城面】 (チョンソン=ミョン)
  • 南山面 - 남산면【南山面】 (ナムサン=ミョン)
  • 行営面 - 행영면【行營面】 (ヘンヨン=ミョン)
  • 龍渓面 - 용계면【龍溪面】 (ヨンゲ=ミョン)
  • 華方面 - 화방면【華方面】 (ファバン=ミョン)
  • 豊谷面 - 풍곡면【豊谷面】 (プンゴク=ミョン)

脚注編集

外部リンク編集