メインメニューを開く

鎌倉大日記』(かまくらおおにっき)は、足利氏を中心とした作者不詳の年代記南北朝時代末期頃の成立で、以後書き継がれたと考えられる。

概要編集

生田本と彰考館本の2系統があり、伝本により記載期間が異なる。

生田本は治承4年(1180年)から永享11年(1439年)まで、彰考館本は治承4年(1180年)から天文8年(1539年)まで記載される。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

参照編集

参考文献編集

外部リンク編集