メインメニューを開く

鎌倉 景通(かまくら かげみち / 平 景通)は、平安時代中期の武将・豪族

 
鎌倉景通
時代 平安時代後期
生誕 不詳
死没 不詳
別名 権大夫(四郎太夫)
氏族 桓武平氏鎌倉氏
父母 父:鎌倉章名(諸説あり)、母:丸子公景の娘
兄弟 景通景成景正景村良名景季
正室:三浦為通の娘?
梶原景久
テンプレートを表示

前九年の役』において、源頼義の配下として従軍。勇猛七騎の一人として名を残している藤原景通と同一人物と見なされている。

鎌倉甲斐権守章名の子と思われ、平良文の子孫とされる村岡忠通平忠通)の孫にあたるが、『尊卑分脈』による系譜では、父は従五位下瀧口太郎致成で、良文の弟平良茂の曾孫もしくは、平良兼の子公雅の孫とする。なお他系図でも景通の系譜は異なっており、『系図纂要』では忠通の子で良文の孫、『正宗寺本系図』では良文の息子とする平忠頼のさらにその息子とされている。

子の景久梶原氏を名乗り、源頼朝寵臣梶原景時は景通の玄孫にあたる。

関連項目編集

参考文献編集