鎌倉殿の13人

2022年放送予定のNHK大河ドラマ第61作

鎌倉殿の13人』(かまくらどのの13にん、英語: The 13 Lords of the Shogun[1])は、2022年令和4年)1月から放送予定のNHK大河ドラマ第61作[2]。作・脚本は三谷幸喜。主演は小栗旬

鎌倉殿の13人
ジャンル テレビドラマ
脚本 三谷幸喜
演出 吉田照幸末永創保坂慶太安藤大佑
音楽 エバン・コール
時代設定 平安時代末 - 鎌倉時代前期
製作
製作総指揮 清水拓哉尾崎裕和制作統括
プロデューサー 大越大士吉岡和彦川口俊介
制作 日本放送協会
放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2022年1月(予定)
放送時間日曜 20:00 - 20:45
放送枠大河ドラマ
放送分45分
テンプレートを表示

平安末から鎌倉前期を舞台に、源平合戦鎌倉幕府が誕生する過程で繰り広げられる権力の座を巡る駆け引きと、その勝利者で北条得宗家の祖となった北条義時主人公に描く[2]。タイトルの「13人」とは、源頼朝の死後に発足した集団指導体制である「十三人の合議制」を構成した御家人たちを指している[3]。NHK大河ドラマにおいて、タイトルにアラビア数字(算用数字)を使うのはこの作品が初めて[1][4]

制作編集

2020年(令和2年)1月8日に制作発表が行われ、過去に大河ドラマ『新選組!』と『真田丸』を手がけた三谷幸喜が現作・脚本を担当し、小栗旬が主演することが発表された[2]。この発表の際、三谷は2019年および2020年の大河ドラマ出演者による不祥事および放送途中での降板・代役立て・再撮影が続いていることを引き合いに、「もし、俺ちょっとやばいかな? 俺、スネに傷もってるかなっていう人がいたら、ぜひ(オファーを)断ってください」と、けん制した[5]

同年11月16日から11月20日にかけて、主要な登場人物と出演者の発表が行われ[6][7][8][9][10]、ドラマの公式Twitterには閣僚発表会見を模した形で三谷が出演者を発表する動画が配信された。

11月21日には考証を担当する専門家チームの陣容も発表されたが[11]、このうち呉座勇一は自身のTwitter上への不適切投稿を理由に、2021年(令和3年)3月23日に降板した[12][13]

本作では、Netflixなどが導入している「リスペクト・トレーニング」というスタッフ・演者向けのハラスメント講習が新たに取り入れられた[14]

2021年7月、番組ロゴが発表された[15]

登場人物編集

北条家編集

北条義時(ほうじょう よしとき)
演 - 小栗旬[2]
本編の主人公。「13人」のひとり。
北条時政(ほうじょう ときまさ)
演 - 坂東彌十郎[9]
義時の父。「13人」のひとり。
牧の方(まきのかた)
演 - 宮沢りえ[10]
義時の継母。
北条宗時(ほうじょう むねとき)
演 - 片岡愛之助[6]
義時の兄。
北条政子(ほうじょう まさこ)
演 - 小池栄子[6]
義時の姉。源頼朝の妻。
阿波局(あわのつぼね)
演 - 宮澤エマ[8]
義時の妹。

源氏編集

源頼朝(みなもと の よりとも)
演 - 大泉洋[10]
鎌倉幕府初代将軍。
源頼家(みなもと の よりいえ)
演 - 金子大地[9]
頼朝と政子の嫡男
大姫(おおひめ)
演 - 南沙良[7]
頼朝と政子の娘。
源義経(みなもと の よしつね)
演 - 菅田将暉[10]
頼朝の異母弟で天才軍略家。
源範頼(みなもと の のりより)
演 - 迫田孝也[9]
頼朝の異母弟で義経・全成の異母兄。
阿野全成(あの ぜんじょう)
演 - 新納慎也[9]
頼朝の異母弟で義経の同母兄。
源行家(みなもと の ゆきいえ)
演 - 杉本哲太[7]
頼朝らの叔父。
(かめ)
演 - 江口のりこ[16]
源頼朝の愛妾。
木曽義高(きそ よしたか)
演 - 市川染五郎[16]
大姫の婚約者。
木曽義仲(きそ よしなか)
演 - 青木崇高[17]
木曽源氏の棟梁。
巴御前(ともえごぜん)
演 - 秋元才加[17]
義仲の愛妾。

坂東武士とその家族編集

比企能員(ひき よしかず)
演 - 佐藤二朗[6]
頼朝の側近。「13人」のひとり。
道(みち)
演 - 堀内敬子[16]
比企能員の妻。
比企尼(ひきのあま)
演 - 草笛光子[16]
比企能員の義母。源頼朝を乳母として支える。
梶原景時(かじわら かげとき)
演 - 中村獅童[10]
御家人筆頭。「13人」のひとり。
安達盛長(あだち もりなが)
演 - 野添義弘[7]
頼朝の従者。「13人」のひとり。
和田義盛(わだ よしもり)
演 - 横田栄司[8]
鎌倉幕府軍事長官。「13人」のひとり。
三浦義澄(みうら よしずみ)
演 - 佐藤B作[16]
三浦党の惣領。「13人」のひとり。
三浦義村(みうら よしむら)
演 - 山本耕史[8]
義澄の嫡男。義時の盟友。
畠山重忠(はたけやま しげただ)
演 - 中川大志[7]
若手御家人の筆頭。
土肥実平(どい さねひら)
演 - 阿南健治[8]
相模国の豪族。
伊東祐親(いとう すけちか)
演 - 浅野和之
義時の母方の祖父。伊豆国の豪族。
善児(ぜんじ)
演 - 梶原善[16]
伊東祐親に仕える下人。
上総広常(かずさ ひろつね)
演 - 佐藤浩市[18]
房総半島の豪族。
八重(やえ)
演 - 新垣結衣[18]
義時の初恋の相手。伊東祐親の娘。頼朝の最初の妻。
武田信義(たけだ のぶよし)
演 - 八嶋智人[16]
甲斐武田氏初代当主。
仁田忠常(にった ただつね)
演 - 高岸宏行ティモンディ[16]
北条を支える武士。
牧宗親(まき むねちか)
演 - 山崎一[17]
牧の方の兄。
千葉常胤(ちば つねたね)
演 - 岡本信人[17]
下総国の武士。
伊東祐清(いとう すけきよ)
演 - 竹財輝之助[17]
八重の兄。伊東祐親の次男。
工藤祐経(くどう すけつね)
演 - 坪倉由幸我が家[17]
伊豆国の武士。伊東祐親の甥。
山内首藤経俊(やまのうちすどう つねとし)
演 - 山口馬木也[17]
相模国の武士。頼朝の乳兄弟
大庭景親(おおば かげちか)
演 - 國村隼[17]
平家に仕える相模国の武士。

鎌倉幕府官僚編集

三善康信(みよし やすのぶ)
演 - 小林隆[10]
鎌倉幕府司法長官。「13人」のひとり。
大江広元(おおえ の ひろもと)
演 - 栗原英雄[9]
鎌倉幕府行政長官。「13人」のひとり。

平家編集

平清盛(たいら の きよもり)
演 - 松平健[6]
平家の総帥。
平宗盛(たいら の むねもり)
演 - 小泉孝太郎[7]
清盛の後継者。

朝廷編集

後白河法皇(ごしらかわほうおう)
演 - 西田敏行[18]
丹後局(たんごのつぼね)
演 - 鈴木京香[16]
後白河法皇の側室。
平知康(たいら の ともやす)
演 - 矢柴俊博[16]
後白河法皇の側近。

奥州藤原氏編集

藤原秀衡(ふじわら の ひでひら)
演 - 田中泯[16]
奥州藤原氏第3代当主。

その他編集

文覚(もんがく)
演 - 市川猿之助
謎の僧侶。

スタッフ編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b c 2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」静岡県内ロケレポート&番組ロゴ決定!”. NHKドラマトピックス. NHK. 2021年7月20日閲覧。
  2. ^ a b c d 2022年 大河ドラマ「鎌倉殿の13人」 三谷幸喜が贈る予測不能エンターテインメント!|NHK_PR|NHKオンライン”. NHK (2020年1月8日). 2020年1月8日閲覧。
  3. ^ “三谷幸喜「最高の大河ドラマにします」 『鎌倉殿の13人』小栗旬が“ダークーヒーロー”北条義時に”. Real Sound. (2019年11月8日). https://realsound.jp/movie/2020/01/post-482520.html 2019年11月9日閲覧。 
  4. ^ “三谷幸喜氏「鎌倉殿の13人」算用数字は大河史上初”. 日刊スポーツ. (2020年1月9日) 
  5. ^ 三谷幸喜、出演者の不祥事をけん制 22年大河ドラマ脚本を担当「ぜひ、断ってください!」”. ORICON NEWS. 2021年8月24日閲覧。
  6. ^ a b c d e 【第1弾】5日間連続出演者発表! 2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」|NHKオンライン”. NHK (2020年11月13日). 2020年11月16日閲覧。
  7. ^ a b c d e f "【第2弾】5日間連続出演者発表! 2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」". NHK ドラマ. 日本放送協会. 17 November 2020. 2020年11月17日閲覧
  8. ^ a b c d e 【第3弾】5日間連続出演者発表! 2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」”. NHKドラマ. ドラマトピックス. 日本放送協会 (2020年11月18日). 2020年11月18日閲覧。
  9. ^ a b c d e f 【第4弾】5日間連続出演者発表! 2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」”. NHKドラマ. ドラマトピックス. 日本放送協会 (2020年11月19日). 2020年11月19日閲覧。
  10. ^ a b c d e f 【第5弾】5日間連続出演者発表! 2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」”. NHKドラマ. ドラマトピックス. 日本放送協会 (2020年11月20日). 2020年11月20日閲覧。
  11. ^ 2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」考証チームのご紹介(2021年11月21日版)”. NHK. 2020年11月21日閲覧。
  12. ^ 2021年3月23日のツイート”. 「鎌倉殿の13人」公式Twitter (2021年3月23日). 2021年3月23日閲覧。
  13. ^ 来年NHK大河「鎌倉殿の13人」時代考証・呉座勇一氏が降板 ツイッターに不適切投稿 自ら降板申し出”. スポーツニッポン (2021年3月23日). 2021年3月23日閲覧。
  14. ^ 三谷幸喜脚本の「鎌倉殿の13人」 勝者を描く大河とは”. 朝日新聞デジタル (2021年8月1日). 2021年8月2日閲覧。
  15. ^ 日本放送協会. “2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」静岡県内ロケレポート&番組ロゴ決定!” (日本語). ドラマトピックス. 2021年8月24日閲覧。
  16. ^ a b c d e f g h i j k 2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第三次出演者発表!”. NHKドラマ. ドラマトピックス. 日本放送協会 (2021年4月27日). 2021年4月27日閲覧。
  17. ^ a b c d e f g h i 2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第四次出演者発表!!”. NHKドラマトピックス. NHK ドラマ. 日本放送協会 (2021年7月9日). 2021年7月9日閲覧。
  18. ^ a b c 2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」 第二次出演者発表!”. NHK_PR. 日本放送協会 (2021年4月15日). 2021年4月15日閲覧。
  19. ^ a b c "2022年大河ドラマ『鎌倉殿の13人』考証チームのご紹介". NHK ドラマ. 日本放送協会. 21 November 2020. 2020年11月21日閲覧

外部リンク編集

NHK総合 大河ドラマ
前番組 番組名 次番組
鎌倉殿の13人