メインメニューを開く

鎌倉遺文(かまくらいぶん)とは、鎌倉時代古文書の網羅を目指して編集された史料集。竹内理三編。古文書編42巻、補遺4巻、索引編5巻。東京堂出版刊。

竹内がほぼ独力で昭和46年(1971年)から平成7年(1995年)の25年をかけて編纂した。本編である古文書編は文治元年(1185年)から正慶2年(1333年)までの文書3万5千通を収録、諸本からの引用部分や紙背文書金石文などからも採録されている。

現存する鎌倉時代の古文書の大部分が年代順に収められている。年号のない文書はおよその年代を推測して挿入し、推定不可能な文書については内容から便宜合叙されている。

年号の無い文書(約9000通)については、別途『鎌倉遺文無年号文書目録』(瀬野精一郎編、東京堂出版、1993年)が刊行されている。

所収漏れの文書、竹内没後に発見された古文書などの蒐集・整理やデータベース化が進められている。2008年に『鎌倉遺文』全46巻のCD-ROM版が刊行された。また、46巻に未収録であった東寺文書約1000通について、2011年から鎌倉遺文研究会により「補遺編・東寺文書」が刊行されている(全4巻、2014年までに3巻刊行)。

参考文献編集

外部リンク編集

関連項目編集