メインメニューを開く

鎌田 政清(かまた まさきよ)は、平安時代末期の武将。名は正清正家政家とも。藤原秀郷首藤氏の一族で、相模国の住人鎌田権守通清の子。

 
鎌田政清
時代 平安時代末期
生誕 保安4年(1123年
死没 永暦元年1月3日1160年2月11日
別名 正清、正家、政家、通称:次郎
墓所 愛知県美浜町野間大坊
官位 左兵衛尉
主君 源義朝
氏族 藤原北家秀郷首藤氏庶流鎌田氏
父母 父:鎌田通清
長田忠致
盛政?、光政?、正近?、女子
テンプレートを表示

源義朝の第一の郎党。政清の母が義朝の乳母だったため乳兄弟として最も信頼された。

生涯編集

保元元年(1156年)7月の保元の乱で義朝に従って従軍し、源為朝に挑むがとても敵わぬと見て退いている。

平治元年(1159年)12月の平治の乱では、内裏占拠後の藤原信頼主導の除目で左兵衛尉に任じられる。待賢門の戦いでは義朝の長男・義平と共に平清盛の長男・重盛と戦い活躍する。六条河原の戦いで源氏が敗れ、義朝が討死しようとするのを引き止めて、義朝の子や大叔父の源義隆、従兄弟の源重成と共に東国を目指して落ちた。

途中、近江国の落武者への捜索の苦難に遭いながら、義朝主従は政清の舅である尾張国野間内海荘の領主・長田忠致の館にたどり着く。だが忠致の裏切りにあい、義朝は風呂場で殺害され、政清は酒を飲まされて騙し討ちに遭い、忠致の子・景致の手にかかって殺された(『平治物語』)。享年38。『愚管抄』によると、罠を察知した義朝は政清に自らの殺害を命じたという。

文治元年(1185年9月3日、政清の首は義朝の遺児・頼朝によって、義朝の遺骨と共に鎌倉の勝長寿院に葬られた。建久5年(1194年10月25日、政清の娘が勝長寿院で父・政清と義朝の追善供養を行っている。政清に男子がなかったため、頼朝はこの娘に尾張国篠木庄春日井市の北東部から小牧市の東部)、丹波国名部庄地頭職を与えている(『吾妻鏡』)。

政清夫妻の墓は、主君・義朝と同じ愛知県美浜町野間大坊の境内に現存する。

関連項目編集