メインメニューを開く

鎌田 (世田谷区)

東京都世田谷区の町名
日本 > 東京都 > 世田谷区 > 鎌田 (世田谷区)

鎌田(かまた)は、東京都世田谷区町名住居表示実施済み。現行行政地名は鎌田一丁目から鎌田四丁目。郵便番号157-0077[2]

鎌田
砧下浄水所
鎌田の位置(東京23区内)
鎌田
鎌田
鎌田の位置
北緯35度37分2.06秒 東経139度37分3.03秒 / 北緯35.6172389度 東経139.6175083度 / 35.6172389; 139.6175083
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Setagaya, Tokyo.svg 世田谷区
地域 砧地域
面積
 • 合計 0.994km2
人口
2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 • 合計 7,785人
 • 密度 7,800/km2
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
157-0077[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 世田谷

目次

地理編集

鎌田は世田谷区南西部、多摩川を境に神奈川県と隣接した位置にある。砧地域に属する。東で玉川、南で多摩川を挟んで川崎市高津区久地・同二子、西で宇奈根、北で岡本大蔵と隣接する。多摩川沿いの住宅地で、多摩川河川敷を中心に緑地も多い。鎌田は野川仙川により区切られており、鎌田1丁目は野川の南側、南東部にあり、多摩川二子橋公園が大部分を占めている。2丁目は野川南側、南西部の住宅地。3丁目は野川の北側仙川の東側、4丁目は野川の北側、仙川の西側にある。

河川編集

地価編集

住宅地の地価は、2019年平成31年)1月1日公示地価によれば、鎌田2-8-21の地点で33万円/m2となっている[4]

歴史編集

鎌田村は隣接する大蔵村の村域内に18箇所飛地状に立地する小村であった。砧村成立時に大字鎌田になり、東京市編入で世田谷区鎌田町となるも、いずれもそのまま飛地状態で存立していた。大蔵町の区域は内部に鎌田町が点在していたほか、岡本町、祖師谷一丁目、喜多見町、宇奈根町の飛地が混在し、これに1912年(明治45年/大正元年)に神奈川県から編入した久地町、諏訪町(いずれも多摩川の河川敷)が含まれていた。市郡合併で旧大字をそのまま町に置き換えたために生じた飛地存続による弊害を1955年(昭和30年)に解消することとなり、大蔵町を三分割して北部に砧町、南部に(新)鎌田町を設置して、(旧)鎌田町および当該各町の飛地を新設三町に振り分けた。その後1971年(昭和46年)に実施した住居表示で再度区割りに変更が生じて現在の町域が確定した。

飛地整理前の鎌田町は現:砧三丁目のNHK放送技術研究所一帯、現:大蔵二丁目の目黒星美学園中学校・高等学校周辺、現:玉川三丁目の二子玉川緑地前バス停周辺など各地に点在していた。

沿革編集

  • 江戸時代 鎌田村として存在していた。
  • 1889年明治22年)4月1日 - 鎌田村が周辺の村と合併し、砧村大字鎌田になる。
  • 1936年昭和11年)10月1日 - 北多摩郡砧村が東京市世田谷区に編入され、大字鎌田がそのまま鎌田町になる。
  • 1955年(昭和30年)1月 - 飛地整理が実施され、鎌田町の一部と大蔵町南部、久地町、諏訪町の区域に鎌田町が新設された。
  • 1971年(昭和46年) - 住居表示の実施に伴い町域が変更される。この時に現在の鎌田が誕生した。

世帯数と人口編集

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
鎌田一丁目 535世帯 1,073人
鎌田二丁目 1,245世帯 2,778人
鎌田三丁目 1,241世帯 2,591人
鎌田四丁目 571世帯 1,343人
3,592世帯 7,785人

小・中学校の学区編集

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5]

丁目 番地 小学校 中学校
鎌田一丁目 全域 世田谷区立砧南小学校 世田谷区立砧南中学校
鎌田二丁目 全域
鎌田三丁目 全域
鎌田四丁目 全域

交通編集

鉄道編集

1969年昭和44年)5月11日まで、東急砧線が運行していた。

現在は以下のバス路線を利用し、東急田園都市線大井町線二子玉川駅もしくは小田急小田原線成城学園前駅が最寄となる。

バス編集

道路編集

 
鎌田東端を横切る新二子橋

国道246号が新二子橋で東端を横切っている。その他、地区中央を東西に多摩堤通りが通っている。

施設編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 世田谷区の町丁別人口と世帯数”. 世田谷区 (2017年12月4日). 2017年12月27日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月27日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月27日閲覧。
  4. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  5. ^ 通学区域”. 世田谷区 (2017年4月1日). 2017年12月27日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集