鑓ヶ岳

日本の飛騨山脈の山

鑓ヶ岳(やりがたけ)は、飛騨山脈(北アルプス)の後立山連峰にある標高2903mの長野県富山県の県境に位置する。北アルプス南部の槍ヶ岳と区別するために、一般には白馬鑓ヶ岳(しろうまやりがたけ)またはこれを略して白馬鑓(しろうまやり)と呼ばれる。

鑓ヶ岳
鑓ヶ岳
南側から望む鑓ヶ岳
標高 2,903.11 m
所在地 日本の旗 日本
長野県北安曇郡白馬村
富山県黒部市
位置 北緯36度43分53秒
東経137度45分19秒
山系 飛騨山脈後立山連峰
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

目次

概要編集

白馬岳杓子岳と併せて「白馬三山」と称される。なお、山頂直下には石灰岩の露頭が見られ、極稀に三葉虫などの化石が産出される。

登山ルート編集

周辺の山小屋編集

近隣の山編集

関連画像編集

関連項目編集

外部リンク編集