メインメニューを開く

長いお別れ (柳原陽一郎のアルバム)

概要編集

前作『ドライブ・スルー・アメリカ』より約3年ぶりのリリース。菅原弘明との共同プロデュース作品。

たま脱退後かつ本名「柳原陽一郎」名義での初のアルバムで、アルバムタイトルは「ソロとしての第1弾」という意識の表れから名付けられた[2]

2009年3月4日に本作に未収録となっていた「タイミングがワルイ」(3rdシングル「きみを気にしてる」カップリング曲)、本作発売後にリリースされた4thシングル「だいじょうぶ」の全収録曲と、デモ音源5曲を追加収録し、『長いお別れ スペシャル・エディション』として再発売された[注 1]。音源は全曲オリジナル・マスターテープからリマスタリングが施されている[3]

収録曲編集

全曲 作詞・作曲:柳原陽一郎

  1. Intro〜(0:38)
  2. 長いお別れ(5:33)
    アルバム表題曲で、取り巻く環境が激変していく中での心情を描いた楽曲[4]。一発録音された楽曲[5]
  3. 涙があふれてる〜On the road again(4:48)
    自室から雨が降る様子を見ながら制作された楽曲[5]
  4. ふたりは遊牧民(4:53)
    ソロ活動初期より存在している楽曲。歌詞にある「亀が歴史を編んでいる」というフレーズは、ミヒャエル・エンデの『モモ』よりイメージを拝借したもの。曲中のタップダンスは柳原が担当[5]
  5. ねじれていく男〜Twisted(3:30)
    曲はレコーディング直前にまるごと変更され、コミカルな歌詞に合うようにとスカ調の楽曲に仕上がっている[5]
    歌詞のモデルは、柳原の中学時代の同級生[6]。歌詞には当時の流行語「ロスタイム」や「出家」が登場する。
  6. 人魚の時間(3:51)
    柳原の楽曲では珍しいサーフミュージック調の楽曲。柳原曰く「東京近郊港町での逢瀬の歌」[5]
  7. きみを気にしてる(5:39)
    3rdシングルで、本作からの先行シングル。
  8. Outro〜(0:35)

「長いお別れ スペシャル・エディション」収録曲編集

長いお別れ スペシャル・エディション
柳原陽一郎スタジオ・アルバム
リリース
時間
レーベル PANAM
プロデュース 柳原陽一郎
柳原陽一郎 アルバム 年表
ウシはなんでも知っている
2007年
長いお別れ スペシャル・エディション
(2009年)
DREAMER'S HIGH
1998年
『長いお別れ スペでゃル・エディション』収録のシングル
  1. きみを気にしてる
    リリース: 1998年4月22日
  2. だいじょうぶ
    リリース: 1998年4月22日
テンプレートを表示

全曲 作詞・作曲:柳原陽一郎

  1. 長いお別れ(5:35)
    オリジナル盤とは異なり、テイク1が収録されている[5]
  2. 涙があふれてる〜On the road again(4:49)
  3. ふたりは遊牧民(4:57)
  4. ねじれていく男〜Twisted(3:31)
  5. 人魚の時間(3:57)
  6. きみを気にしてる(5:45)
  7. タイミングがワルイ(4:13)
    3rdシングル「きみを気にしてる」のカップリング曲。
  8. だいじょうぶ(4:59)
    4thシングル。
  9. 人生はロデオ(6:42)
    4thシングル「だいじょうぶ」の2曲目。
  10. 愛される不思議 (…To Our Daddy)(4:50)
    4thシングル「だいじょうぶ」の4曲目。
  11. Sonata(4:36)
    4thシングル「だいじょうぶ」の3曲目。
Bonus Track
  1. 長いお別れ (Solo Demo)(5:28)
    渋谷にある練習スタジオにてカセットマルチレコーダーに録音された音源[5]。リリース版とは歌詞が一部異なる。
  2. 涙があふれてる〜On the road again (Solo Demo)(4:41)
    自宅にてカセットマルチレコーダーに録音された音源[5]。リリース版とは歌詞が一部異なる。
  3. 人魚の時間 (Solo Demo)(4:15)
    カセットマルチレコーダーに録音された音源。当時のタイトルは「オレとミセスの時間[5]で、歌詞も大幅に異なる。
  4. タイミングがワルイ (Solo Demo)(3:37)
    自宅にてハードディスクレコーダーに録音された音源で、リズムボックスが使用されている[5]。歌詞がリリース版と一部異なるほか、リリース版には一切入っていないハーモニカのフレーズがある。
  5. Sonata (Solo Demo)(5:06)
    自宅にて録音された音源[5]。リリース版ではカットされた歌詞が歌われている。

参加ミュージシャン編集

長いお別れ

涙があふれてる〜On the road again

ふたりは遊牧民

ねじれていく男〜Twisted

  • 柳原陽一郎:Vocal, Keyboards, Percussion
  • 菅原弘明:Electric Guitar
  • 沢田浩史:Bass
  • 鎌田清:Drums

人魚の時間

  • 柳原陽一郎:Vocals, Piano, Keyboards
  • 菅原弘明:Electric Guitar
  • 沢田浩史:Bass
  • 鎌田清:Drums
  • SABA:Hand Craps

きみを気にしてる

  • 柳原陽一郎:Vocals, Piano, Acoustic Guitar
  • 菅原弘明:Electric Guitar
  • 沢田浩史:Bass
  • 鎌田清:Drums

タイミングがワルイ

  • 柳原陽一郎:Vocals, Acoustic Guitar, Organ, Piano, Percussion
  • 菅原弘明:Electric Guitar
  • 沢田浩史:Bass
  • 鎌田清:Drums

だいじょうぶ

  • 柳原陽一郎:Vocals, Keyboards, Accordion
  • 菅原弘明:Electric Guitar, Keyboard, Programming, Chorus
  • 沢田浩史:Bass
  • 鎌田清:Hi-Hat
  • 権藤知彦:Programming Assist

人生はロデオ

  • 柳原陽一郎:Vocals, Organ, Harmonica, Percussion
  • 菅原弘明:Electric Guitar
  • 沢田浩史:Bass
  • 鎌田清:Drums

愛される不思議 (…To Our Daddy)

  • 柳原陽一郎:Vocals, Acoustic Guitar, Accordion, Percussion
  • 菅原弘明:Electric Guitar
  • 沢田浩史:Bass
  • 鎌田清:Drums

Sonata

  • 柳原陽一郎:Vocals, Keyboards, Organ, Accordion
  • 菅原弘明:Keyboards, Programming
  • 権藤友彦:Euphonium, Programming Assist

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 同日にはたまのベストアルバム『まちあわせ』も再発売されている。

出典編集

  1. ^ 柳原陽一郎/長いお別れ (日本クラウン): 1998|書誌詳細”. 国立国会図書館サーチ. 国立国会図書館. 2018年9月22日閲覧。
  2. ^ 柳原陽一郎 インタビューvol.25”. LMusic. LMusic (2015年2月15日). 2018年9月22日閲覧。
  3. ^ 柳原陽一郎 - ニューリリース”. 日本クラウン株式会社 クラウンレコード. 日本クラウン. 2018年9月22日閲覧。
  4. ^ 長谷川誠 (2015年). 柳原陽一郎『もっけの幸い』のアルバム・ノーツ [ライナーノーツ]. SWEETS DELI RECORDS.
  5. ^ a b c d e f g h i j k 柳原陽一郎 (2009年). 柳原陽一郎『長いお別れ スペシャル・エディション』のアルバム・ノーツ [セルフライナーノーツ]. 日本クラウン.
  6. ^ 柳原陽一郎 インタビュー”. 角野恵津子. 2000年1月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月12日閲覧。