メインメニューを開く

長い春の果てに』(ながいはるのはてに)は、宝塚歌劇団月組によって初演されたミュージカル作品。原作は、フランス映画『世界で一番好きな人』(1995年製作・1996年公開。エヴァがステファンを想って歌う曲に同タイトルがついている)である。

形式名は「ミュージカル・ロマン[1][2]」。原作者はアレクサンドル・アルカディ[1][2]。脚本・演出は石田昌也[1][2]

上演記録編集

2002年 - 月組編集

8月23日から9月30日(新人公演は9月10日)に宝塚大劇場[3]、同年11月15日から12月23日(新人公演は11月26日)に東京宝塚劇場[4]で上演。
翌年に2月1日から2月20日中日劇場[5]で続演。
宝塚・東京は16場[6]
併演作はミュージカル・レビュー『With a Song in my Heart』-君が歌、わが心に深く-[1]

2012年 - 花組編集

4月28日から5月27日に全国ツアー上演[2]
併演作はレビュー・ファンタシーク『カノン』-Our Melody-[2]
公演場所[2]

主な登場人物・配役編集

  • ステファン(脳外科医)
  • エヴァ(病弱の家出少女)
  • クロード(外科医)
  • ナタリー(ステファンの元恋人・精神科医)
  • フローレンス(ステファンの恋人・弁護士)
  • ブリス(ステファンの親友)
主な配役
  2002年月組 2012年花組
宝塚・東京
(本公演)
宝塚・東京
(新人公演)
ステファン 紫吹淳[3] 月船さらら[3] 蘭寿とむ[7]
エヴァ 映美くらら[3] 紫城るい[3] 蘭乃はな[7]
クロード 湖月わたる専科所属)[3] 北翔海莉[3] 壮一帆[7]
ナタリー 汐風幸(専科所属)[3] 城咲あい[3] 桜一花[7]
フローレンス 大空祐飛[3] 椎名葵[3] 華耀きらり[7]
ブリス 大和悠河[3] 青樹泉[3] 望海風斗[7]
アルノー 霧矢大夢[3] 彩那音[3] 朝夏まなと[7]
ジャン 汐美真帆[3] 楠恵華[3] 芹香斗亜[7]
ピエール 月船さらら[3] 真野すがた[3] 大河凜[7]
ジョルジュ 星原美沙緒(専科所属)[3] 研ルイス[3] 高翔みず希[7]
イボンヌ 夏河ゆら[3] 芽夢ちさと[3] 花野じゅりあ[7]

エピソード編集

  • ステファン役を演じた紫吹淳のハマリ役で、この作品で紫吹のファンになった女性も多い[要出典]

スタッフ(2002年)編集

※氏名の後ろに「宝塚」、「東京」の文字がなければ両劇場共通。

あらすじ編集

脳外科医・ステファンはかつて優秀な医師だった。しかし、手術ミスで患者を死なせてしまったことから今は解剖医になっていた。その挫折感から無気力な生活を送り、恋人との関係もぎくしゃくしていた。

そんな彼のもとに、彼に恋をしているピアニスト志望の家出少女のエヴァが転がり込む。しかし、彼女は治療の困難な病に冒されていた。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 90年史 2004, p. 146、148、170.
  2. ^ a b c d e f 2012年・全国ツアー(宝塚歌劇公式) 2017年2月2日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao 90年史 2004, p. 146.
  4. ^ a b c d 90年史 2004, p. 148.
  5. ^ 90年史 2004, p. 170.
  6. ^ a b c d 90年史 2004, p. 146、148.
  7. ^ a b c d e f g h i j k 2012年・全国ツアー 主な配役(宝塚歌劇公式) 2017年2月2日閲覧。

参考文献編集

  • 編集:森照実春馬誉貴子相井美由紀山本久美子、執筆:國眼隆一『宝塚歌劇90年史 すみれの花歳月を重ねて』宝塚歌劇団、2004年4月20日。ISBN 4-484-04601-6

外部リンク編集