メインメニューを開く

長内 美和子(おさない みわこ、女性、1997年7月19日 - )は、日本バレーボール選手である[1]V.LEAGUE Division1の日立リヴァーレに所属している[3]

長内 美和子
Miwako Osanai
日立リヴァーレ  No.13
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1997-07-19) 1997年7月19日(22歳)
出身地 日本の旗 東京都葛飾区
ラテン文字 Miwako Osanai
身長 173cm[1]
体重 64kg[1]
血液型 A型[2]
選手情報
所属 日立リヴァーレ
愛称 ミワ
ポジション WS
指高 231cm[1]
利き手[2]
スパイク 293cm[1]
テンプレートを表示

来歴

東京都葛飾区出身[1][2]。小学3年次より、地元のクラブチームである東金町ビーバーズでバレーボールを始める[2][4]

2010年4月に都内のバレーボール強豪校である文京学院大学女子中学校に入学した。1級上に田原愛里がいる。2012年12月の第26回全国都道府県対抗中学バレーボール大会では東京代表に選出され、本大会で優勝し自らも優秀選手賞を受賞した[5]

2015年7月の平成27年度全国高等学校総合体育大会バレーボール競技大会では、大会直前に緊急入院し出場が危ぶまれたが、病気を押して出場しエーススパイカーとしてチームを準優勝に導いている[6]。2016年1月の春高バレーでも大会直前に足を痛めたもののベスト4に食い込む健闘を見せた[7]

同月、日立リヴァーレの内定選手となり[8]Vリーグに登録された[1]。同年11月13日の対岡山戦に途中出場しプレミアデビューを果たすと共に、20得点(アタック19点、エース1点)をあげてフルセットの接戦を制した[9]

同年9月には全日本U-23代表メンバーに選出され、シニア大会である第5回アジアカップ・バレーボール選手権に出場し[10]、シニア国際大会にデビューを果たした。

2017年5月にタイナコンラチャシマで開催された第2回アジアU-23女子バレーボール選手権に出場[11]。決勝まで駒を進めた全日本は、ホームのタイに0-2のビハインドから大逆転勝利を掴んだ[12]

2019年、シニア代表に初選出され、同年5月のモントルーバレーマスターズでデビューし、ネーションズリーグに出場した。

球歴

  • 全日本U-23代表 - 2016年-
  • 全日本 - 2019年~

所属チーム

受賞歴

個人成績

Vプレミアリーグレギュラーラウンドにおける個人成績は下記の通り[13]

シーズン 所属 出場 アタック ブロック サーブ レセプション 総得点 備考
試合 セット 打数 得点 決定率 効果率 決定 /set 打数 エース 得点率 効果率 受数 成功率
2016/17 日立 21 21 100 33 33.3% % 3 0.14 41 1 % 10.5% 16 31.3% 37
2017/18 21 79 785 277 35.3% % 8 0.10 246 6 % 4.8% 658 39.9% 291
2018/19 % % % % %

脚注

  1. ^ a b c d e f g Vリーグ機構. “選手詳細”. 2016年11月16日閲覧。
  2. ^ a b c d 「月刊バレーボール」2016年12月号臨時増刊 Vリーグ観戦ガイドブック 69ページ
  3. ^ 日立リヴァーレ. “選手:長内 美和子”. 2016年11月16日閲覧。
  4. ^ a b 東金町ビーバーズ. “卒業生情報”. 2016年11月16日閲覧。
  5. ^ JOCジュニアオリンピックカップ 第26回全国都道府県対抗中学バレーボール大会 特別表彰選手<女子>”. 滋賀県バレーボール協会. 2017年3月15日閲覧。
  6. ^ 「月刊バレーボール」2015年9月号 139ページ
  7. ^ 文京学院大女・長内、けが押し奮闘も…「悔しい」/春高バレー”. sanspo.com. 2017年3月15日閲覧。
  8. ^ バレーボールマガジン. “日立 芳賀舞波、長内美和子の2選手が内定”. 2016年11月15日閲覧。
  9. ^ Vリーグ機構. “試合結果速報(B帳票)”. 2016年11月16日閲覧。
  10. ^ 全日本メンバー”. 日本バレーボール協会. 2017年3月15日閲覧。
  11. ^ 全日本メンバー”. 日本バレーボール協会. 2017年5月22日閲覧。
  12. ^ タイに逆転勝利で初のアジア選手権制覇! 第2回アジアU-23女子選手権大会”. 日本バレーボール協会. 2017年5月22日閲覧。
  13. ^ Vリーグ機構. “選手別成績”. 2018年8月21日閲覧。

外部リンク