長坂 信人(ながさか のぶひと、1957年 - )は、日本のテレビ・映画プロデューサー、実業家。株式会社オフィスクレッシェンド代表取締役。

ながさか のぶひと
長坂 信人
生誕 1957年
愛知県岡崎市能見町
国籍 日本の旗 日本
出身校 愛知県立岡崎高等学校
職業 テレビ・映画プロデューサー、実業家
公式サイト 株式会社オフィスクレッシェンド

来歴編集

1957年愛知県岡崎市能見町に生まれる。祖父の長坂信治は「松平氏三代に仕えた戦国武将、長坂信政18代の孫」であるという[1]。長坂歯科医院を営むかたわら、日本社会党愛知県議会議員を3期(1951年4月 - 1963年4月)務めた[2][3]。父親の長坂信は東京医科大学在学時に大学民主化運動地区議長を務め、片山哲首相の秘書官を経たのち[4]、実家の歯科医院を再興し長坂記念病院とした。院長のかたわら民社党の県議を3期(1971年4月 - 1983年4月)務めた[5]

愛知教育大学附属岡崎小学校から名古屋市東海中学校、東海高等学校へと進学。1973年、東海高校在学中にロサンゼルスに短期留学をする[6]1976年3月、愛知県立岡崎高等学校卒業[7]。その後、南カリフォルニア大学国際関係学部に進学。大学在学中に当時放送作家だった秋元康と知り合う。1988年頃、秋元がオフ・ブロードウェイでのミュージカルを企画しニューヨークに会社を設立した際「一緒にやらないか」と誘われる。それがきっかけでテレビや映画の制作に関わることとなる[6]

1989年、秋元が運営する企画制作会社、株式会社ソールドアウトに入社[8]。実質的なプロデューサーとしてのデビュー作はオノ・ヨーコ主演の映画『HOMELESS』(1991年・監督堤幸彦[6]

1994年、ソールドアウトを退社。株式会社オフィスクレッシェンドの代表取締役に就任[8]2011年から2013年まで桐朋学園芸術短期大学の客員教授[要出典]

主な制作作品編集

テレビ番組編集

映画編集

音楽PV編集

舞台編集

出演編集

著書編集

  • 『素人力』 光文社光文社新書〉、2018年4月18日。ISBN 978-4-334-04347-6 

脚注編集

  1. ^ 愛知新聞』1959年4月23日、「県会議員選挙 立候補者一覧 岡崎市定数3」。
  2. ^ 宮川倫山編『全岡崎知名人士録』東海新聞社、1962年6月1日、14頁。
  3. ^ 愛知新聞』1959年4月15日、「選挙事務所めぐり 長坂信治候補(社・現)」。
  4. ^ 『愛知新聞』1971年3月31日。
  5. ^ 『東海愛知新聞』1979年4月5日、1面、「県議選事務所めぐり (5) 岡崎市 長坂信候補(民社現)」。
  6. ^ a b c Vol.13 株式会社オフィスクレッシェンド 代表取締役社長 長坂 信人氏株式会社アマテラス
  7. ^ 岡高フォーラム - 岡崎高校同窓会
  8. ^ a b 一流の表現者との出会い(2013年12月11日時点のアーカイブ) - 桐朋学園芸術短期大学

関連項目編集

外部リンク編集