メインメニューを開く

長坂秀樹

長坂 秀樹(ながさか ひでき、1978年8月1日 - )は、神奈川県横浜市出身の元プロ野球選手投手)。愛称は「ヒデキ」、「小さな巨人」。最速の94マイル(約151km/h)の速球が武器だった。2011年に引退後は少年野球の指導者となっている。

長坂 秀樹
Hideki Nagasaka
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県横浜市
生年月日 (1978-08-01) 1978年8月1日(40歳)
身長
体重
168 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

経歴編集

アマチュア時代編集

小学校2年の頃から野球を始める。東海大三高時代、1996年第78回全国高等学校野球選手権大会に出場。初戦で敗退するも、同校の初出場に大きく貢献した。東海大学では1年から頭角を現し、神宮大会で準優勝[1]。しかし、監督の伊藤栄治と衝突し、2年で野球部を退部する[1]

野球部は退部したものの大学は無事卒業。VENDOMEに入社し、新宿の百貨店でジュエリー・アドバイザーとして約1年間勤務するも野球の夢を捨てきれず、2002年に退社し渡米[1]

北米時代編集

2002年 - 2003年

アメリカの独立リーグであるフロンティアリーグクックカウンティ・チーターズとプロ契約。約3年ぶりの野球であるためキャッチボールの感覚すら忘れてしまっていたが、後に克服。しかしビザの問題で満足なシーズンは遅れなかった。シーズン終了後はウエスタン・ベースボール・リーグソラノ・スティールヘッズで活躍。防御率0点代で活躍。

2004年

ノーザンリーグリンカーン・ソルトドッグス(現在は、アメリカン・アソシエーションに所属)でプロデビュー。自己最速の94マイル(約151km/h)を記録した。ウィンターリーグではオールスターにも出場。最終的に20試合出場で初めてローテーションを最後まで守った。8勝はチーム1位。

2005年

新たにツーシームを覚え球速も80マイル後半を記録する。さらにはメジャー級との評価がある高めの縦スライダーも取得。5月16日ゴールデン・ベースボール・リーグジャパン・サムライ・ベアーズに移籍。奪三振でリーグ2位を記録。

オフに東北楽天ゴールデンイーグルスの入団テストを受験したが、走力テストを命じられたことに反発して途中で会場を後にし、帰路の新幹線車内でたまたま斉藤和巳と隣り合わせたことから福岡ソフトバンクホークスのトライアウト受験の話が浮上した[1]。2度にわたってテストを受けた後、2軍の練習にも参加[1]。マスコミにも獲得するとのニュースが流れたが結局指名されることはなかった[2]

2006年

3月3日、同リーグのレノ・シルバーソックス(現在は、脱退)へトレード。その後7月11日チコ・アウトローズに移籍。

2007年 - 2008年

カナディアン・アメリカン・リーグナシュア・プライドで活躍。

2009年

再び、ゴールデン・ベースボール・リーグに復帰。カルガリー・ヴァイパーズでプレー。

日本時代編集

2009年

9月16日四国・九州アイランドリーグ長崎セインツに入団するも、同球団の経営問題のため12月22日に退団。

2010年

5月15日ベースボール・チャレンジ・リーグ新潟アルビレックス・ベースボール・クラブと契約。2005年にサムライ・ベアーズでの同期青木智史からの紹介であった。

2011年

3月23日、2011年度シーズンの開幕前に自由契約となり、新潟を退団した[3]

引退後編集

現役復帰を模索していたが結局断念し、大学の先輩が指導する少年野球チームで指導しながら、個別指導塾を主催する[4]。2015年に中日ドラゴンズからドラフト1位指名を受けた小笠原慎之介は、中学時代に長坂の指導を受けていた[4]

人物編集

憧れの人物は、ロベルト・カルロスヴァンダレイ・シウバサミー・ソーサであり、最も尊敬する人物は大塚晶文[5]

英語スペイン語で会話が出来る。

水族館が大好きで、中でもシャチがお気に入り。2003年サンディエゴシーワールドに連れて行ってもらい、それ以来大ファン[6]

プレースタイル編集

身長168cmと投手としては極めて小柄であるが最速の94マイル(約151km/h)記録している。長坂のピッチングスタイルには3つの要素があると本人が語っている[7]

  1. Hard and Effective Work (常に努力をし、効果的な練習を心がけている)
  2. Strong, but Flexible Muscle (強いだけではなく、柔軟な筋肉を維持している)
  3. Near Perfect Mechanic (すべてにおいてきわめて完璧に近い投球動作の構築)

下半身の使い方にポイントがある。前足ステップから上半身ひねりまでの一連の流れで全くブレがないことがわかる[8]

球種はスライダーカットボールカーブチェンジアップ[9]

詳細情報編集

年度別投手成績編集










































W
H
I
P
2009 長崎 2 0 0 0 0 ---- 12 3.0 2 0 0 2 3 1 1 3.00
2010 新潟 9 1 2 1 0 .667 153 38.1 31 0 12 4 20 1 0 4 4 0.94 1.12
四国IL通算:1年 2 0 0 0 0 ---- 12 3.0 2 0 0 2 3 1 1 3.00
BCL通算:1年 9 1 2 1 0 .667 153 38.1 31 0 12 4 20 1 0 4 4 0.94 1.12

背番号編集

  • 21(2006年)
  • 15(2007年 - 2009年)
  • 55(2009年)
  • 45(2010年)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 「もうひとつのドラフト―反抗児、長坂秀樹(元東海大野球部)のたぐり寄せられなかった夢―」 第1回 - gooニュース(週刊野球太郎からの転載)2014年11月21日
  2. ^ ソフトバンクが育成選手ドラフトでサムライ・長坂を指名へ - ウェイバックマシン(2005年12月1日アーカイブ分) - サンケイスポーツ(2005年11月30日)
  3. ^ 退団選手のお知らせ - BCリーグ(2011年3月23日)
  4. ^ a b 元独立リーガーがドラフト1位ルーキー・小笠原慎之介に託した夢 - Yahoo!ニュース(Webスポルティーバからの転載)、2016年6月16日
  5. ^ Messege 113
  6. ^ Messege 83
  7. ^ Pitching - ウェイバックマシン(2006年2月12日アーカイブ分) - 長坂秀樹オフィシャルホームページ
  8. ^ Pitching samples.wmv - ウェイバックマシン(2006年2月24日アーカイブ分) - 長坂秀樹オフィシャルホームページ
  9. ^ Messege No:14

関連項目編集

外部リンク編集