メインメニューを開く

長安 豊(ながやす たかし、1968年9月5日 - )は、大阪府泉佐野市出身の政治家衆議院議員(3期)、国土交通副大臣野田第3次改造内閣)を歴任した。

長安 豊
ながやす たかし
生年月日 (1968-09-05) 1968年9月5日(51歳)
出生地 日本の旗 大阪府泉佐野市
出身校 東京大学工学部
前職 三井物産社員
所属政党民主党→)
民進党→)
希望の党→)
無所属
称号 学士(工学)
公式サイト 長安たかし ウェブサイト

選挙区 大阪19区
当選回数 3回
在任期間 2003年11月9日 - 2012年11月16日
テンプレートを表示

概要編集

大阪府泉佐野市出身。泉佐野市立長坂小学校、大阪星光学院中学校・高等学校東京大学工学部卒業。小学校時代まで、泉佐野リトルリーグに在籍し、中高は野球部に所属した。1991年、三井物産株式会社入社。1997年以降、さまざまなベンチャー起業にかかわる[1]

2003年11月9日第43回衆議院議員総選挙で、当時スキャンダルで逆風にあった松浪健四郎を破って小選挙区で初当選。さらに2005年9月11日第44回衆議院議員総選挙及び2009年8月30日第45回衆議院議員総選挙でも、松浪を小選挙区で破って当選した。

2012年10月、第3次野田改造内閣にて国土交通副大臣に就任。

2012年12月16日第46回衆議院議員総選挙では、日本維新の会丸山穂高に敗れ、落選。2014年12月14日第47回衆議院議員総選挙でも再び丸山に敗れ、落選。

2017年第48回衆議院議員総選挙では、希望の党公認で兵庫11区に出馬する[2]。投開票の結果、落選。その後、大阪19区に戻り無所属で政治活動を行っている。

略歴編集

経歴編集

出生(9月5日
大阪星光学院高等学校卒業(3月
東京大学工学部卒業(3月
三井物産入社(4月

政歴編集

第43回衆議院議員総選挙(大阪19区・民主党公認)当選(11月9日
第44回衆議院議員総選挙(大阪19区・民主党公認)2期目当選(9月11日
第45回衆議院議員総選挙(大阪19区・民主党公認)3期目当選(8月30日
鳩山由紀夫内閣にて国土交通大臣政務官
民主党大阪府連代表代行、10月野田第3次改造内閣国土交通副大臣
第46回衆議院議員総選挙(大阪19区・民主党公認)落選(12月16日
第47回衆議院議員総選挙(大阪19区・民主党公認)落選(12月14日
第48回衆議院議員総選挙(兵庫11区・希望の党公認)落選(10月22日

政策編集

  • 中小企業振興・新規事業及び起業の支援[3]
  • 基礎教育の充実・教育における各市町村や学校が自由に決められる余地の拡大[3]
  • 外交における大人の協調体制を強化[3]
  • 選択的夫婦別姓制度の導入にどちらかといえば賛成[4]

主な所属していた団体・議員連盟編集

人物編集

脚注編集

  1. ^ a b 公式プロフィール
  2. ^ 民進大阪7人、「立憲民主党」に 2人は希望から”. 産経ニュース. 2017年10月4日閲覧。
  3. ^ a b c 公式ページ・政策:3つのルネッサンス
  4. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。

外部リンク編集

公職
先代:
奥田建、吉田治
  国土交通副大臣
2012年
伴野豊と共同
次代:
梶山弘志、鶴保庸介