メインメニューを開く

経歴編集

3歳からヴァイオリンを始める。7歳の時、浜松交響楽団楽友会オーケストラ(現在の楽友会オーケストラ浜松)とモーツァルトヴァイオリン協奏曲第4番を共演。2001年、第6回江藤俊哉ヴァイオリンコンクールジュニアアーティスト部門にて史上最年少で第1位となり、田中千香士指揮・東京交響楽団パガニーニヴァイオリン協奏曲第1番を共演。2004年には、第58回全日本学生音楽コンクール全国大会中学校の部で第1位、毎日中学生新聞賞、都築音楽賞、兎束賞、東儀賞を受賞する。翌年の2005年2月、中学3年生で「若草物語5 ~仙台フィルハーモニー管弦楽団と若い音楽家によるコンサート~」のオーディションに合格、外山雄三指揮・仙台フィルハーモニー管弦楽団ドヴォルジャークヴァイオリン協奏曲を共演。

2005年に東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校に入学。在学中に多くのコンクールで受賞している。

2008年からは東京藝術大学へ進学し、以降も東京藝術大学大学院へ進んで2019年に博士課程を修了。在学中にはロームの奨学金を得てグラーツ国立音楽大学でも研修をつみ、ジェラール・プーレに師事[1][2]。2012年1月1日付でシンフォニエッタ静岡ソロ・コンサートマスターに就任。そして、2016年よりハンガリー国立歌劇場管弦楽団コンサートマスターを務めている。

日本人ではこれまでに、篠田真美子、沼田園子江藤アンジェラ江藤俊哉青木高志岡山潔に師事。

主な受賞歴編集

外部リンク編集

脚注編集