長尾 雅人(ながお がじん、1907年8月22日 - 2005年3月13日)は、日本仏教学者チベット学者。京都大学名誉教授。日本学士院会員仏典に対する文献学的な研究を推し進め、また、チベット学の樹立に対しても貢献した。

長尾 雅人
人物情報
生誕 (1907-08-22) 1907年8月22日
日本の旗 日本宮城県仙台市
死没 2005年3月3日(2005-03-03)(97歳)
出身校 京都帝国大学
学問
研究分野 仏教学チベット学文献学
研究機関 京都大学九州大学
テンプレートを表示

経歴編集

1907年、宮城県仙台市生まれ。父雲龍は広島の寺院住職であった。

受賞・栄典編集

業績・研究内容編集

主な著作編集

単著編集

  • 『蒙古喇嘛廟記』(高桐書店、1947年)。「蒙古ラマ廟記」 中公文庫、1987年(増補版)
  • 蒙古學問寺』(全國書房、1947年)。「蒙古学問寺」中公文庫、1992年
  • 西蔵佛教研究』(岩波書店、1954年)、復刊1974・78・86年
  • 『中観と唯識』(岩波書店、1978年)、復刊1985・95年、オンデマンド版2013年
  • 摂大乗論 和訳と注解』(上・下、講談社「インド古典叢書」、1982-1987年)
  • 『仏教の源流-インド』大阪書籍〈朝日カルチャーブックス〉、1984年、中公文庫(新版)、2001年。講話録
  • 『「維摩経」を読む』岩波書店〈岩波セミナーブックス〉、1986年、岩波現代文庫(新版)、2014年。講話録

経典訳注編集

大乗仏典1〉中央公論社 1973-76年、新版1980-81年/中公文庫 2001-2005年
〈大乗仏典4〉中央公論社、のち中公文庫
  • 『維摩経 首楞厳三昧経』、後者は丹治昭義共訳
〈大乗仏典7〉中央公論社、のち中公文庫
  • 別版『維摩経』(中公文庫 1973年、改版1983年)
  • 宝積部経典 迦葉品 護国尊者所問経 郁伽長者所問経』、桜部建 分担訳
〈大乗仏典9〉中央公論社、のち中公文庫
〈大乗仏典15〉中央公論社、のち中公文庫

回想編集

  • 東方学会編 『東方学回想 Ⅷ 学問の思い出〈3〉』 刀水書房、2000年 - 座談会での回想を収録

論文編集

脚注編集

  1. ^ 世界の名著 1 バラモン経典、原始仏典』、『―2 大乗仏典』中央公論社を責任編集。新版は中公クラシックス・コメンタリィ(2005年)