メインメニューを開く

長居第2陸上競技場

日本の陸上競技場
長居公園 > 長居第2陸上競技場

長居第2陸上競技場(ながいだいにりくじょうきょうぎじょう)は、大阪府大阪市東住吉区長居公園内にある陸上競技場球技場としても使用される。施設は大阪市が所有し、指定管理者として長居公園スポーツみどり振興グループ(一般財団法人大阪スポーツみどり財団、美津濃株式会社、三菱電機ビルテクノサービス株式会社)が運営管理を行っている。2014年3月よりネーミングライツの導入により、『ヤンマーフィールド長居』の呼称を用いている[1][2]

長居第2陸上競技場
"ヤンマーフィールド長居"
Nagai-second130714.JPG
施設情報
所在地

大阪府大阪市東住吉区長居公園1-1

開場 1993年
修繕 1994年、1995年
所有者 大阪市
運用者 長居公園スポーツみどり振興グループ
グラウンド 天然芝 
ピッチサイズ 106m×69m
照明 4基
大型映像装置
使用チーム、大会
当項目を参照。
収容能力
15,516人
アクセス
当項目を参照。

歴史編集

  • 1993年6月:竣工
  • 1994年8月:バックスタンドの座席化
  • 1995年3月に照明設備、電光掲示板が夫々設置・竣工。
  • 2014年3月1日:ヤンマーによる施設の命名権が発効し、『ヤンマーフィールド長居』の名称が付与される(略称は 「ヤンマーフィー」(「YANMAR F」))[1][2]

開催された主なイベント・大会編集

陸上競技編集

  • 第52回国民体育大会(なみはや国体)秋季大会の練習トラック(1997年)
  • 長居陸上競技場で開催された2007年世界陸上選手権におけるサブグラウンドとして使用(2007年)
  • 関西学生陸上競技対校選手権大会[3]
  • 大阪高校陸上競技対校選手権大会[3]

サッカー・ラグビー編集

施設概要編集

公園内その他の施設編集

 
長居第2陸上競技場の全景

アクセス編集

脚注編集

外部リンク編集