メインメニューを開く

長峯 誠(ながみね まこと、1969年8月2日 - )は、日本政治家自由民主党所属の参議院議員(1期)。財務大臣政務官第3次安倍第3次改造内閣第4次安倍内閣)、都城市長等を歴任。父は元参議院議員長峯基

長峯 誠
ながみね まこと
生年月日 (1969-08-02) 1969年8月2日(49歳)
出生地 宮崎県都城市
出身校 早稲田大学政治経済学部政治学科
所属政党自由民主党→)
無所属→)
自由民主党(細田派)
親族 長峯基(父)
公式サイト ながみね誠後援会ホームページ

選挙区 宮崎県選挙区
当選回数 1回
在任期間 2013年7月29日 - 現職

Flag of Miyakojo Miyazaki.JPG 都城市長(新制)
当選回数 2回
在任期間 2006年2月 - 2012年11月21日

Flag of Miyakonojo, Miyazaki.svg 都城市長(旧制)
当選回数 1回
在任期間 2004年12月 - 2005年12月

選挙区 都城市選挙区
当選回数 3回
在任期間 1997年 - 2004年9月
テンプレートを表示

目次

来歴編集

生い立ち編集

宮崎県都城市出身。都城市立妻ヶ丘中学校宮崎県立都城泉ヶ丘高等学校早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。大学時代は雄弁会に所属していた[1]1995年(平成7年)から父の長峯基参議院議員の秘書、JC宮崎ブロック事務局長を務める。

政治家として編集

1997年(平成9年)6月、宮崎県議会議員補欠選挙に自由民主党公認で出馬し、初当選。1999年(平成11年)4月、2期目の当選。2003年(平成15年)4月、3期目の当選。2004年(平成16年)9月、県議3期目の任期中に辞職。同年12月、都城市長選挙に出馬する。現職で九州最高齢市長(77歳)であった岩橋辰也を破り当選(当時全国最年少市長[要出典])。

2006年(平成18年)1月1日、都城市(旧制)が山之口町高城町山田町高崎町と合併(新設合併)する。新しい都城市が誕生し、長峯は失職。それに伴って同年2月5日に実施された市長選に無所属で出馬し、当選。2010年(平成22年)1月24日執行の市長選において2期目の当選。2012年(平成24年)11月21日、都城市長を任期中に辞職。辞職の理由は、2013年(平成25年)夏に実施予定の第23回参議院議員通常選挙宮崎県選挙区から自民党公認で出馬することによる[2]

2013年(平成25年)7月21日、第23回参議院議員通常選挙で民主党道休誠一郎を3倍以上の得票差で破り、当選。

2017年(平成29年)8月7日、第3次安倍第3次改造内閣にて財務大臣政務官に就任。

政策・主張編集

  • 2019年10月に予定されている消費税の10%への引き上げについて「法律に従い、引き上げるべきだ」と回答している[3]
  • 選択的夫婦別姓導入に「どちらかと言えば反対」としている[4]
  • 憲法9条改正に賛成。「自衛隊の役割や限界を明記すべき」としている[5]
  • 集団的自衛権の行使容認に賛成[5]
  • 日本の原発について、当面は必要だが将来は廃止すべきと回答[5]
  • 一方で原発の海外輸出には賛成[5]

所属団体・議員連盟編集

支援団体編集

関連書籍編集

  • 市長の夢 19人の青年市長[10]日本ドリームプロジェクト(編)『市長の夢―19人の青年市長×きむ』いろは出版、2010年9月。ISBN 978-4902097344

脚注編集

  1. ^ プロフィール ながみね誠後援会ホームページ
  2. ^ “長峯誠都城市長が辞職願”. 47NEWS 宮崎日日新聞. (2012年10月5日). http://www.47news.jp/localnews/miyazaki/2012/10/post_20121005224956.html 2013年6月7日閲覧。 [リンク切れ]
  3. ^ “2019参院選 自民 宮崎 長峯誠”. 毎日新聞 (毎日新聞社). https://mainichi.jp/senkyo/25san/meikan/?mid=B45000001001 2019年7月19日閲覧。 
  4. ^ 朝日・東大谷口研究室共同調査”. 朝日新聞 (2019年). 2019年7月8日閲覧。
  5. ^ a b c d 2013参院選 毎日新聞候補者アンケート
  6. ^ a b “2019年6月号”. 全国たばこ新聞 (全国たばこ販売協同組合連合会). (2019年5月27日). http://zenkyou.xsrv.jp/wp-content/uploads/2019/06/2019%E5%B9%B46%E6%9C%88%E5%8F%B7.pdf#page=4 2019年6月30日閲覧。 
  7. ^ a b 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年
  8. ^ 「自民勉強会発言――安保国会新たな火種」『毎日新聞』50135号、14新版、毎日新聞東京本社2015年6月27日、3面。
  9. ^ 応援しています!”. 神道政治連盟. 2019年7月1日閲覧。
  10. ^ 全国市長会 市長の夢 19人の青年市長 編集:日本ドリームプロジェクト 協力:全国青年市長会
[ヘルプ]

外部リンク編集


先代:
岩橋辰也
(旧)都城市長
2004 ‐ 2005
次代:
廃止
先代:
新設
(新)都城市長
初代:2006 ‐ 2012
次代:
池田宜永