長崎・佐賀連続保険金殺人事件

長崎・佐賀連続保険金殺人事件[8](ながさき・さがれんぞくほけんきんさつじんじけん)は、1992年平成4年)と1998年(平成10年)に佐賀県長崎県で発生し、1999年(平成11年)に発覚した連続保険金殺人事件である。

長崎・佐賀連続保険金殺人事件
場所 日本の旗 日本長崎県佐賀県[1]
日付 1992年(平成4年)9月10日[2]
1998年(平成10年)10月27日[3] (UTC+9)
概要 愛人関係にあった男女が、多額の保険金を目当てに女の夫と次男を殺害した[1]
攻撃手段 海で水死させる
攻撃側人数 2人[1]
死亡者 2人[1]
対処 加害者2人を逮捕起訴
刑事訴訟
管轄
  • 長崎県警察佐賀県警察[5]
  • 長崎地方検察庁[6]福岡高等検察庁[7]
  • テンプレートを表示

    長崎新聞』や、『読売新聞西部版佐賀・長崎連続保険金殺人事件と呼称している[1][9][10][11][12][13][14]

    概要

    編集

    夫や子供を持つ女Yが、愛人の男Hと共謀し、夫と次男に生命保険金を掛けて殺害したことで注目された[11]。Yは看護師資格を持っていたため、睡眠薬の調合ができた。

    佐賀事件

    Yの夫が佐賀県ホステスと不倫関係に陥った。ホステスの夫であったマスターは逆恨みし、Yに迫り、全裸写真を撮影する。さらにマスターは写真でYを脅迫し、愛人関係を持つに至った。その後Yはマスターが経営するスナックで働き始め、そこで客であったHと出会い、これと愛人関係になる。Hはマスターとの関係を清算する代わりに、Yに夫に保険金を掛けて保険金殺人をするよう迫った。1992年平成4年)9月10日[2]、Yは夫(当時36歳)に睡眠導入剤を混入したカレーライスを食べさせた上、佐賀県藤津郡太良町の大浦海岸で転落させて水死させ、約9,000万円の保険金を騙し取った。

    長崎事件
    • 1998年(平成10年)10月26日、Yは当時高校生だったYの次男(当時16歳)[注 1]を夜釣りに誘い出し、睡眠薬を飲ませる。そして翌日(10月27日)未明[3]、YはHと共に寝ている次男を長崎県北高来郡小長井町(現:諫早市)の海に突き落とした。睡眠薬の効き目が切れたのか次男は泳いで岸までたどり着くが、Yは岸辺にしがみつく次男の頭を押さえつけて水死させた。次男には約3,500万円の保険金がかけられていたが、保険金の支払いは保留されたため、2人は保険金を得られなかった[3]
    • また、H・Y両名はこれに先立つ同年9月29日20時ごろ、佐賀県鹿島市内の知人(当時75歳)宅に押し入り、現金約137,000円やネックレスなど6本(時価合計約120万円相当)、普通預金通帳1冊を強奪した[3]

    刑事裁判

    編集

    長崎県警察捜査一課諫早警察署)は1999年8月30日[16]、男H(当時52歳)[注 2]と女Y[注 3]を、殺人容疑で逮捕。その後、9月18日には長崎・佐賀両県警が2人を佐賀事件の殺人容疑で再逮捕し、諫早署に150人態勢の合同捜査本部(本部長・小賦義一長崎県警刑事部長)を設置した[5]。その後の捜査で、Yの長男(当時19歳)や長女(当時10歳)にもそれぞれ4,000万円と2,500万円の保険金を掛けており、長女には何回か睡眠薬を飲ませていたことが発覚した。

    その後、両被告人は刑事裁判で、2件の殺人罪詐欺未遂罪および詐欺罪窃盗罪住居侵入罪強盗罪に問われた[17]2000年(平成12年)2月15日に長崎地方裁判所(山本恵三裁判長)で両被告人の初公判が開かれた[18]。これ以降、公判は32回にわたって開かれ、両被告人は起訴事実を認めた一方、犯行の主従関係などを巡って争った[1]

    2002年(平成14年)7月23日に論告求刑公判が開かれ、検察官はH・Yの両被告人に死刑を求刑した[6]長崎地検による死刑求刑は当時、3人を殺害したとして死刑が確定した死刑囚(1998年6月に死刑執行)以来、約20年ぶりだった[6]。同年10月9日に被告人Hの弁護人が、翌10日に被告人Yの弁護人がそれぞれ最終弁論で死刑回避を求め、第一審の公判は結審した[19][20]

    2003年(平成15年)1月31日、長崎地裁(山本恵三裁判長)は被告人2人に死刑判決を言い渡した[1][9]。長崎地裁における死刑判決は、1978年(昭和53年)9月に言い渡されて以来[注 4]、25年ぶりだった[9]。被告人Yの弁護団は即日控訴[9]、Hも同年2月14日付で控訴した[22]

    控訴審にあたり、Yの長男と長女は母の助命嘆願書を提出。2004年(平成16年)5月21日の控訴審判決公判で、福岡高裁(虎井寧夫裁判長)は第一審判決のうち、被告人Yに関する部分を破棄自判し、Yを無期懲役とした一方、被告人Hに関しては第一審判決を支持し、控訴を棄却する判決を言い渡した[10]。福岡高裁は犯行の主従関係について、「佐賀事件は両被告人とも同程度に積極的に加担したが、長崎事件はHが主導した」と認定[10]。Yについては更生の可能性や、極刑を望んでいない残された子供や、夫の実兄ら被害者の感情を考慮し、極刑を回避した[7]

    改めて死刑とする判決を受けた被告人Hは同判決を不服として、同年6月2日付で最高裁上告した[23]。一方、福岡高等検察庁は被告人Yについて、同月4日付で上告断念を発表した[7]。Yの弁護人を務めていた弁護士の小島肇も、判決を妥当として上告しない意思を表明していたが[24]、Y本人は同日(4日)付で上告した[25]。しかし、2005年(平成17年)10月25日付で、最高裁第一小法廷島田仁郎裁判長)がYの上告棄却する決定を出したため、Yは無期懲役が確定した[26]。なお、Yは獄中結婚[27]、「M」姓に改姓している[4]

    被告人Hは2008年(平成20年)1月31日に最高裁第一小法廷(涌井紀夫裁判長)で上告棄却の判決を受けたため、死刑が確定した[4]

    2020年(令和2年)9月27日時点で[28]、男H(現在77歳)[注 2]死刑囚死刑確定者)として、福岡拘置所収監されている[29]

    その他

    編集
    • ギャンブル依存症だった愛人Hには多額の借金があり、資産家だったYの資産や、Yの夫の保険金がギャンブル費用に消えていった。またHはYのことを「金づる」と第三者に言っており、Yへの愛情はなかった。
    • 実母に殺害された次男の小学校卒業文集には、母への感謝の念と中学・高校になっても同じように育ててくれることを母に希望する言葉が綴られていた。

    脚注

    編集

    注釈

    編集
    1. ^ 長崎事件の被害者であるYの次男(16歳没)は1982年昭和57年)5月24日生まれ[15]
    2. ^ a b 死刑囚Hは1947年昭和22年)7月11日生まれ[29][15]
    3. ^ 受刑者の女Yは1958年(昭和33年)10月22日生まれ[15]
    4. ^ 同事件の犯人は南高来郡千々石町(現:雲仙市)で1人暮らしの女性を角材で撲殺し、現金を奪ったとして死刑を宣告された[9]。死刑確定後、再審請求を繰り返していたが、第7次再審請求中の1999年12月17日、臼井日出男法務大臣の死刑執行命令によって福岡拘置所で死刑を執行された[21]

    出典

    編集
    1. ^ a b c d e f g H、Y両被告に死刑 長崎地裁 25年ぶり極刑判決」『長崎新聞』長崎新聞社、2003年1月31日。オリジナルの2003年3月1日時点におけるアーカイブ。
    2. ^ a b 長崎地裁 2003, p. 3.
    3. ^ a b c d 長崎地裁 2003, p. 6.
    4. ^ a b c d 佐賀・長崎の保険金殺人、古物商の男の死刑確定へ」『YOMIURI ONLINE読売新聞社、2008年1月31日。オリジナルの2008年1月31日時点におけるアーカイブ。
    5. ^ a b Y被告ら夫殺害容疑で再逮捕」『長崎新聞』長崎新聞社、1999年9月19日。オリジナルの2001年2月22日時点におけるアーカイブ。
    6. ^ a b c H、Y被告に死刑求刑 佐賀・長崎連続保険金殺人」『長崎新聞』長崎新聞社、2002年7月24日。オリジナルの2002年7月27日時点におけるアーカイブ。
    7. ^ a b c 佐賀・長崎連続保険金殺人 福岡高検が上告断念」『長崎新聞』長崎新聞社、2004年6月5日。オリジナルの2004年6月21日時点におけるアーカイブ。
    8. ^ 『読売新聞』2002年7月24日西部朝刊第一社会面31頁「連続保険金殺人死刑求刑 「子の信頼裏切った」 検察指弾/長崎地裁」(読売新聞西部本社)
    9. ^ a b c d e H、Y被告に死刑 佐賀・長崎保険金殺人事件」『長崎新聞』長崎新聞社、2003年2月1日。オリジナルの2003年2月5日時点におけるアーカイブ。
    10. ^ a b c 元看護助手を無期に減刑 連続保険金殺人高裁判決」『長崎新聞』長崎新聞社、2004年5月22日。オリジナルの2005年3月9日時点におけるアーカイブ。
    11. ^ a b 【平成の長崎】佐賀・長崎連続保険金殺人事件 わが子殺害 社会震撼 平成11(1999)年」『長崎新聞』長崎新聞社、2018年11月3日。2021年7月25日閲覧。オリジナルの2021年7月25日時点におけるアーカイブ。
    12. ^ 読売新聞』2003年1月31日西部夕刊第一社会面7頁「佐賀・長崎保険金殺人死刑判決 ○○君は母信じていた 「人命軽視」と断罪」(読売新聞西部本社
    13. ^ 『読売新聞』2004年5月22日西部朝刊一面1頁「佐賀・長崎保険金殺人 Y被告、死刑破棄 「無期」に減刑/福岡高裁判決」(読売新聞西部本社)
    14. ^ 『読売新聞』2004年7月21日西部朝刊長崎版地方面30頁「現行警察法50周年 県警など記念式典=長崎」(読売新聞西部本社・長崎支局)
    15. ^ a b c 長崎地裁 2003, p. 1.
    16. ^ 『読売新聞』1999年8月31日東京朝刊一面1頁「保険かけ高1息子を殺害、随時事故を装う 容疑の母親・知人を逮捕/長崎県警」(読売新聞東京本社)
    17. ^ 長崎地裁 2003.
    18. ^ 起訴事実全面的に認める 保険金連続殺人初公判」『長崎新聞』長崎新聞社、2000年2月16日。オリジナルの2001年1月19日時点におけるアーカイブ。
    19. ^ 『読売新聞』2002年10月9日西部夕刊第一社会面7頁「連続保険金殺人 最終弁論で弁護側、H被告主導の否定を主張/長崎地裁」(読売新聞西部本社)
    20. ^ 『読売新聞』2002年10月11日西部朝刊第一社会面39頁「佐賀、長崎の連続保険金殺人が結審 判決は1月31日」(読売新聞西部本社)
    21. ^ 読売新聞』1999年12月17日東京夕刊一面1頁「2人の死刑を執行 埼玉・長崎の強盗殺人 1人は再審請求中/法務省」(読売新聞東京本社
    22. ^ H被告も控訴 佐賀・長崎保険金殺人」『長崎新聞』長崎新聞社、2003年2月1日。オリジナルの2003年3月1日時点におけるアーカイブ。
    23. ^ H被告が最高裁上告 連続保険金殺人」『長崎新聞』長崎新聞社、2004年6月3日。オリジナルの2004年6月20日時点におけるアーカイブ。
    24. ^ 読売新聞』2004年6月8日西部朝刊第一社会面25頁「佐賀・長崎保険金殺人 Y被告本人が直接上告 「無期」に不服」(読売新聞西部本社
    25. ^ Y被告が最高裁上告 連続保険金殺人」『長崎新聞』長崎新聞社、2004年6月8日。オリジナルの2004年6月20日時点におけるアーカイブ。
    26. ^ 『読売新聞』2005年10月27日西部朝刊第一社会面25頁「佐賀・長崎の保険金殺人 Y被告の無期確定」(読売新聞西部本社)
    27. ^ 「ワイド たかが、されど女 周囲もあきれる「長崎保険金殺人」Yの「獄中再婚」」『週刊新潮』第50巻第20号、新潮社、2005年5月5日、58-59頁、NAID 40006695489国立国会図書館書誌ID:7302931  - 通巻第2496号(2005年5月5日・12日合併号)
    28. ^ 年報・死刑廃止 2020, p. 271.
    29. ^ a b 年報・死刑廃止 2020, p. 261.

    参考文献

    編集

    関連項目

    編集