メインメニューを開く
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

株式会社長崎屋(ながさきや、英称:Nagasakiya Co., Ltd.)は、衣料品を主力商品とするスーパーマーケットチェーン。愛称「サンバード長崎屋」。本社は東京都目黒区で、パン・パシフィック・インターナショナルホールディングスの完全子会社(ドン・キホーテグループ)。総合スーパーの「長崎屋」、ディスカウントストアの「ドン・キホーテ」及び「MEGAドン・キホーテ」を運営する。

株式会社長崎屋
Nagasakiya Co., Ltd.
Nagasakiya logo2008-1.jpg
Don Quijote Headquarters -01.jpg
長崎屋本社
種類 株式会社
市場情報 非上場(以下は過去のデータ)


略称 長崎屋、サンバード
本社所在地 日本の旗 日本
153-0042
東京都目黒区青葉台二丁目19番10号
設立 1948年(昭和23年)1月31日[1]
(株式会社長崎屋蒲団店)
業種 小売業
法人番号 9013201016185
事業内容 総合小売業
代表者 大橋 展晴(代表取締役社長
資本金 1億円(2016年6月30日現在)
売上高 1,571億1百万円(2016年6月期)
純利益 29億9百万円(2016年6月期)
純資産 478億94百万円
(2016年6月30日現在)
総資産 772億87百万円
(2016年6月30日現在)
従業員数 2624人(2017年2月)
決算期 6月30日
主要株主 株式会社パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス 100%
主要子会社 #グループ企業を参照
関係する人物 岩田孝八(創業者)
安田隆夫会長
外部リンク 公式ウェブサイト
テンプレートを表示

歴史編集

屋号の由来と創業家編集

「長崎屋」の事実上の創業者である岩田孝八の先祖は江戸時代東海道大磯宿本陣に次ぐクラスの旅籠「長崎屋」を営み、名主もつとめたが、明治3年に廃業したとされる[2]

このことなどから、「歴代の徳川将軍に認められたオランダ人が宿泊することが出来る定宿であったことからオランダと日本で馴染み深い長崎から名を取ったとされる「長崎屋」の家系で代々、江戸時代から江戸本石町大磯町で旅館を営んでいた。」という説もあるが、岩田孝八の伝記的な書である「松籟の如し 異能の商人 岩田孝八」の中で「大磯の長崎屋と江戸の長崎屋を結びつける決定的な史料はないが、それを否定するものもない。」と猪飼聖紀が記している通り、江戸日本橋本石町の長崎屋との関係は証明されていない[2]

同社の社名は、直接的には岩田孝八の父である岩田長八の茅ヶ崎の店の屋号が使用されたものである[2]

なお、1948年(昭和23年)の設立時から1961年(昭和36年)までは岩田長八が社長で岩田孝八は専務として実務面の中核を担う形になっており、その後も岩田長八は会長に就任している[2]

創業から衣料品に強いスーパーへ編集

1946年(昭和21年)6月21日に岩田孝八が平塚駅近くにあった露店の集まる「旭商店街」の一角に「おあしす」という店名で開いたかき氷店が始まりで[2]、1948年(昭和23年)1月31日に[1]「おあしす」の店を本店として[2]資本金19.5万円で株式会社長崎屋布団店を設立し[1]、同年秋に9坪の布団と洋品売場を併設した長崎屋布団店を開店している[2]

戦後のモノ不足の統制時代としては豊富な品揃えで実用的な衣料雑貨を低価格で販売して売り上げを伸ばし、1949年(昭和24年)に隣接する店舗を買収して増床したのを皮切りに何度も拡張を繰り返したほか、1950年(昭和25年)12月15日に町田店を開店して多店化に乗り出し、1953年(昭和28年)9月1日に東横百貨店平塚店跡地にあった東映の映画館を買収して平塚西店として開店するなど早くから店舗展開を進めて行った[2]

創業から数年で蒲団・綿製品をはじめ、洋品雑貨や食品も取り揃えるなど早くからアメリカのチェーンストアの経営理論を取り入れて衣料品中心のチェーンストアを全国展開した[3]

1967年(昭和42年)に 東京証券取引所第1部上場[4]、流通業界準大手に成長した[5]

優れた衣料品の仕入れ担当者(バイヤー)が複数存在したため、スーパーが「安物売り」と見下されていた1960年代や1970年代でも衣料品メーカーや問屋の営業担当者が意見を聞きによく訪れるなど別格の扱いを受け、百貨店としか取引しないような老舗の衣料品メーカーや問屋とも取引していた[6]

また、1969年(昭和44年)に自社開発製品(プライベートブランド)サンバードの肌着を発売し、独自の商品テストを行うなど消費者の立場から厳しい評価を行うことで知られていた雑誌暮しの手帖から肌着専門メーカー大手のグンゼと並んで最も高い評価を受けるなど衣料品に関して高い評価を獲得し、衣料品に関してスーパー業界内ではずば抜けた力を持ち、名門スーパーとしての評価をされていた[6]

こうした衣料品の仕入れ・開発力の強みを生かしてフランチャイザーとして衣料品店の加盟店募集も行い、海外では類を見ない衣料品のフランチャイズを行っている企業としても注目が浴びた事もあった[7]

その一方、1950年代半ばに実験的に鮮魚を販売した際に大量の売れ残りを出して廃棄処分を行ったのに伴い、面倒な食品販売を避けて得意とする衣料品に特化する方針を採ったため、食料品販売への取組みがスーパー業界の中でも非常に遅くなり、他の総合スーパー各社が注力していた消費者が一ヶ所で商品を購入出来るワンストップショッピングと呼ばれるニーズへの対応が出来なかった[6]

衣料の値入れ率変更と弱体化編集

1980年代の初めに個人消費の低迷で大幅な減益に見舞われた際に、創業者の岩田孝八社長は「衣料品は家電と違って比較購買ができない。1,000円で売っていたものを1,100円にしても問題ないはずだ」と判断した。一部の役員の「商品力が落ちる」との反対意見を押し切って、主力の衣料品の値入れ額(販売価格から仕入れ価格を引いた額)が販売価格に占める割合である値入れ率を40%台から50%台へと引き上げて売上が伸びなくても利益を確保しようとし、その真意を確かめようして訪問した三陽商会吉原信之社長に対しても突っ撥ねるようにして強引に値入れ率の向上を進めた[6]

こうした強引な値入れ率の向上は、消費者に割高さを見抜かれて売上の伸び悩みを招くと同時に、他社経由でも販売可能な優良な衣料品メーカーや問屋の離反を招いて同社との取引に依存する弱小衣料品メーカーや問屋との取引比率の拡大をもたらす結果になった[6]

また、優れた衣料品の仕入れ担当者(バイヤー)が定年などで引退し、その後任の担当者の育成が順調にいかなかったことや、早くから優秀な担当者に恵まれていたことが災いしてイトーヨーカ堂などの同業他社に比べて情報システムを整備して販売情報などから商品の売上を予測するシステム化への取組みが遅れ、前年に売れた商品が売れなくなることが頻繁に生じるような商品寿命が短くなった時代になったにも関らず、仕入れ担当者(バイヤー)の勘や経験などの個人的な判断に頼る傾向が他社より強かったなど、衣料品の仕入れにおける強みは徐々に喪失していった[6]

こうして衣料品の仕入れ・販売力が低下していったため、1995年(平成7年)度と1996年(平成8年)度に若干ながら連続して経常黒字となって財務面での建て直しが一旦成功しかけたように見えた後の1997年(平成9年)度に、得意としていた紳士スーツなどに絞って商品の仕入や販売員、広告費を増やして営業力の強化を目指した際には、売上目標が未達成となって大量の売れ残りが発生し、その処分販売などで再び経常赤字に転落する結果を招いてしまった[6]

食品強化の失敗編集

食品分野への出遅れを挽回するため食品スーパーの協業組織(ボランタリー・チェーン)であるセルコチェーンに所属している全国各地のスーパーと合弁で地区毎にサンドールという名称の食品スーパーを設立して対応したり[8]、テナントとして東急ストア(開店当時の店名は東光ストア)[9]カスミ[10]いなげや[11]京成ストア[12]などを導入するなど食品スーパーとの提携戦略を展開した。

その後1990年代に直営の食品売場の展開を進めるなど本格的に食品販売に取組み[6]、1997年(平成9年)に食品スーパーの多店舗展開を目指して千葉県印旛郡に[8]関東地区の生鮮食品の配送・加工拠点の「プロスマート生鮮センター」を設立し[13]、既存店での食品売場の新設や拡充[14]、鮮魚や惣菜などの生鮮食品の強化[15]、新長野店[16]や四街道店[17]などの新店舗では食品の売上構成比40%以上を目指す[16][17]など競合の総合スーパーより約10ポイント低かった[18]食品販売の強化を進めた。

しかし、2000年(平成12年)2月の経営破たん時点でも直営店95店のうち直営食料品売場のない店舗が40店以上で[19]、破綻前年の1999年(平成11年)2月期決算で売上高約3144.64億円のうち食料品は約791.86億円で構成比26.1%に留まる[20]など食品の売上構成比の拡大はなかなか進まなかった[19]

創業家の退陣と経営再建の始まり編集

多角化投資の失敗などにより[6]1992年10月13日の取締役会で1993年(平成5年)2月期中間決算で経常損失約20億円という上場以来初の経営赤字決算となるなど業績不振に陥ったため、その責任を採る形で創業者の岩田孝八代表取締役会長が顧問に、その長男の岩田文明代表取締役社長が取締役相談役に各々降格し、生え抜きの井上民雄が新社長に就任して経営体制の刷新を図って経営再建に取り組むことになった[21]

1993年(平成5年)2月期決算は通期で売上高が前期比5.2%減の約4145.64億円で経常損失約5.39億円、当期損失156.93億円という大幅な赤字となったため、1994年(平成6年)2月期は新店舗などへの投資額を前期の約205億円の半分以下の約93億円へ大幅に抑制すると共に、不採算店閉鎖を進めるなど思い切ったスクラップアンドビルドに取り組むことを打ち出した[22]

同社のこうした業績の悪化と同じ第一勧業銀行(現在のみずほ銀行)を取引銀行とする同業のジャスコ(現在のイオン)の北海道進出が重なり[23]同社の大型ショッピングセンターであるラパークなどを同社からジャスコへ売却するとの噂が北海道などで流れたため[23]、「そんな事実はない」と強く否定するコメントを発表する状況も生じた[22]

再建のための資金確保の一環として1994年(平成6年)2月28日付でコンビニエンスストアを運営していた子会社のサンクスアンドアソシエイツの株式57万株を小野グループ[24]約108.5億円で譲渡して[25]約91.92億円を特別利益として計上したほか不動産売却益として約24.72億円を計上するなど資産売却による再建資金の確保を進めた[26]

こうした売却益を計上したものの大規模な希望退職を実施したことに伴う割増退職金約67.84億円を特別損失に計上したため[26]、新経営陣で経営した初年度である1994年(平成6年)2月期決算は売上高が前期比4.8%減の約3944.63億円で経常損失が前期比約5倍の約27.66億円という経常レベルで2期連続で減収減益で赤字継続となり[27]、特別利益などと合せた当期利益も約1.18億円に留まる結果に終わった[27]

1995年(平成7年)2月期も1994年(平成6年)5月に八王子店の土地と建物を共同開発に約80.8億円で売却して売却益約66.4億円を計上した[28]のを皮切りに、同年7月に四条店を勧業不動産に売却した売却益約59.94億円と平塚教育センターを多田建設に売却した売却益約4.29億円[29]、1995年(平成7年)2月に東日本橋の本社ビルと大宮店を陽光エステートに売却して2軒合せて売却益約51.82億円[30]と所有する不動産を売却して資金回収と売却益を得て再建費用の確保に努めた。

その結果、1995年(平成7年)2月期決算は連結決算で売上高が前期比7.1%減の約4444.69億円で経常損失約80.73億円と経常損益ベースでは引き続き赤字となったものの、当期利益は約140.26億円の黒字となった[31]。 また、単体では1995年(平成7年)2月期決算は若干ながら経常黒字であった[6]

1996年(平成8年)2月期は改装や新たな自社開発商品(プライベートブランド)の投入など既存店の活性化に取り組んで来店客数を前期比プラスに転じさせると共に既存店売上を前期比若干のマイナスに留めて低下傾向に歯止めを掛けることに成功し[32]、単体では若干ながら2期連続の経常黒字を確保した[6]が、子会社で展開していた不採算事業の整理に伴う損失が嵩んで連結決算では赤字が続いた[32]

単体で2期連続の経常黒字となったため、1997年(平成9年)2月期には本業の営業力の回復を目指した取組みを積極化させた[6]

その一環として上半期だけで21店を改装してうち1店で食品売場を新たに導入すると共に3店で生鮮品を中心に食品売場を大幅に強化し[14]、衣料品でも得意としていた紳士スーツなどに絞って商品の仕入や販売員、広告費を増やして売上高の拡大を目指した[6]

また、再建策の一環として計画された不採算店約30店舗の閉鎖やディスカウント店のビッグ・オフへの業態転換を全て完了した[33]ほか、集客力の低下で赤字が増大していたドーム型遊園地ファンタジードーム苫小牧の運営会社のサンファンタジーとまこまいを1996年(平成8年)11月30日付で解散して遊園地も1997年(平成9年)1月16日で閉鎖し、同年2月末に清算して平成5年から行ってきた不採算子会社の整理も計画していたものをほぼ完了した[33]

そして、こうした不採算事業の整理で生じる損失を処理する為に、1997年(平成9年)2月末に川越店と赤羽店の土地と建物に加えて、自由ヶ丘店の借地権と建物の売却による利益の捻出と資金調達を行った[34]

その他にも商品発注の自動化や省力化什器の導入、レジの集中化の推進などにより人件費を削減して低経費の構造へ転換したこともあり[33]、食料品販売が前年比10.3%増と大幅に売上を伸ばしたものの[35]、得意としていた紳士スーツなどの販売促進策を採って売上拡大を目指した[6]衣料品部門が最大商戦月である7月と12月に大きく落ち込むなど目標を達成できなかったことなどが影響して[33]1997年(平成9年)2月期の決算も売上が前年比1.8%減となったが当期利益約8.38億円の黒字に転換した[35]

業績の急速な落ち込みから会社更生法へ編集

しかし、1998年(平成10年)2月期の決算では食料品販売が前年比0.1%減とほぼ前年並みを確保したものの[36]、1997年(平成9年)2月期に行った紳士スーツなどの販売促進策が失敗して在庫処分が必要になっていたことなども影響して[6]衣料品部門の売上が前年比5.8%減となるなど売上高が前年比5.4%減と落ち込み[36]、約25.19億円の経常損失となって1995年(平成7年)2月期以来の経常赤字に再び転落してしまった[36]

そのため1999年(平成11年)2月期から始まる新中期3ヵ年計画では景気回復が見込めない状況から売上げ減でも利益増となる体質への転換を図る効率化を柱にした再建を目指し[37]、その最初の中間期である1999年(平成11年)2月期中間決算で効率化は目標以上の数字を達成した[38]

ところが、1999年(平成11年)2月期中間決算で既存店売上が前期比12.2%減と大きく落ち込んだため、全体の売上高も前期比約9.5%減の約1582.96億円へ大幅に減少し、経常損失も前期比約8.66億円増の約11.61億円という大幅な減収減益という厳しい結果に終わった[38]

下期に入っても業績は回復せず、1999年(平成11年)1月29日に業績予想を子会社への貸倒引当金なども計上するため当期損益を中間期予想の2.6億円の黒字から93億円の赤字転落へ大きく下方修正することになり、その責任を採る形で井上民雄社長が副社長に降格して主力取引銀行の第一勧業銀行出身の山本善彦が後任の社長になることが業績予想の下方修正と共に発表された[39]

こうした業績の悪化に伴う資金需要に対応するため1999年2月22日付で苫小牧店の土地と建物を不動産会社九段エステートへ約112億円で売却して約13.73億円の売却益を計上した[40]が、1999年(平成11年)2月期決算は売上高が前期比8.6%減の約3144.64億円で経常利益約1.24億円、当期損失約101.13億円と[20]1月29日に下方修正した業績予想の売上高3163億円で経常利益5億円、当期損失93億円[40]すらも下回った。

ところが、業績の建て直しのため社長に就任する予定だったに主力取引銀行の第一勧業銀行出身の山本善彦が、就任予定の直前の1999年(平成11年)5月11日に病気が明らかになったことを理由に就任を辞退したため、急遽北島徳一会長が社長を兼任することになることになった[41]

続く2000年(平成12年)2月期中間決算は、既存店売上高が前期比6.6%減と引き続き大きく落ち込んだ上夏物衣料の見切セールを行ったことで粗利益が減少して経常赤字が増加し、赤字子会社10社への貸倒引当金約69億円を特別損失として計上したため、最終損失が約108億円という大幅な赤字となった[42]

1999年(平成11年)12月1日付で家電販売のサン家電を同社本体と金沢長崎屋に、カジュアル衣料品販売のサンブルームを同社100%出資の新会社に、呉服販売のかのこや宝飾販売のビゴール、女性向けカジュアル衣料品販売のシンバルの3社は従業員が独立する形で設立した新会社に各々営業権を譲渡して解散・清算を進めた[43]

これらの子会社の整理損失に対する引当金など特別損失171億円を2000年(平成12年)2月期決算に計上することになった[44]

そのため、2000年(平成12年)2月期決算で単体で約239.65億円、連結で約181.34億円の当期損失となって単体で約84億円、連結で約165億円の債務超過に陥る見込みとなった[44]

この債務超過への転落見通しに伴い、新年度でも店舗売却を行うなど財務体質の建て直しを目指す新経営計画の策定を目指したり[44]、プランタンを傘下に持つフランスの大手流通グループピノー・プランタングループとの資本・業務提携交渉などを進めたが価格などの条件面で折り合わず不調に終わったため[45]、2000年(平成12年)2月13日に自力での再建を断念して約3039億円の負債を抱えて東京地方裁判所へ会社更生法の適用を申請して事実上破綻した[46]

関連会社を合わせた負債総額は約3800億円で、主力取引銀行として運転資金や新店開設のための資金を供給して再建を支援してきた第一勧業銀行の融資残高は約791億円と破綻直前の4年間で約2倍に膨らんでいた[6]

サーベラス・グループと福田國幹エコス相談役による再建編集

会社更生法の適用申請に伴って保全管理人に就任した桃尾重明は、2月28日に同社の広告を担当していたサン広告社と内装を担当していたサンプランニングの関連企業2社にも会社更生法適用を申請させて東京地方裁判所の指名で自ら保全管財人に就任したほか、本業との関連性の薄い旅行業を営む関連企業2社の清算を行い、他の17社については自主再建して営業を継続する方針を決めて同日に発表するなど関連事業の整理にも取り組んだ[47]

2000年(平成12年)3月23日にアメリカの企業再建投資ファンドであるサーベラス・グループ[48]サーベラス・アジア・キャピタル・マネージメントから支援申し入れがされたため[49]、サーベラス・グループが他の事業会社と共同出資または単独で100%出資して日本の小売業に精通した事業管財人が経営再建に取り組み[48]、会社更生手続き開始後の必要資金を主力取引銀行の第一勧業銀行とサーベラス・グループが随時融資することなどを盛り込んだ覚書を同年4月10日に締結した[48]

こうした方針に則って保全管理人の桃尾重明とサーベラス・グループが元ダイエー副会長の河島博やダイエーOBで元ユニード社長で当時トリアス社長を務めていた平山敞、長崎屋OBで当時サンクスアンドアソシエイツ社長を務めていた橘高隆哉などの中からエコスの前副社長で相談役の福田國幹が事業管財人として選ばれ[49]、2000年(平成12年)5月19日に会社更生法に基く更生手続きの開始が決定した[50]

福田國幹は「早急な業績回復には店舗の売上げが不可欠」との考えから赤字店の閉鎖は最小限に減らすとして[51]会社更生法申請前に計画していた30店の閉鎖を14店に留め[52]、また食品の売上構成比の低さが今後の競争に不利と考えられることや売場面積3,000坪未満の中小型店舗が大半を占める同社の店舗構成を生かすためにも食料品の強化が不可欠だとの観点から[51]食品に限定したチラシの配布や他のスーパーと同様の曜日によるセール実施などの食品関連の販促活動を更生手続き開始直後の2000年(平成12年)5月下旬から強化して同年6月の既存店ベースの食品売上高を5月までより6〜7ポイント回復させて前年比3%減[53]、翌月の7月には前年比3.5%増と食品の売上回復による再建を進めた[54]

また、競合の厳しい店舗で食品売上が伸び悩んだため強い競争力を持つカテゴリーキラーと呼ばれる専門店を生鮮部門へ導入する方針へ切替え[54]、2000年(平成12年)8月31日の天童店を皮切りにまず15店で導入すると共に直営の生鮮売場を強化するために生鮮食品部を青果部と精肉部と鮮魚部という3部門に分割して専門性の強化を図った[55]

更に食品を扱っていなかった店舗にも生鮮食品こそ導入せず即席麺や缶詰などのいわゆるドライ食品と日配品のみを食品スーパー並みの品揃えと割安感で扱う食品売場の導入を11月中旬から4店舗で始めるなど食品強化による業績回復をより多くの店舗に展開しようとした[56]

こうしたカテゴリーキラーと呼ばれる専門店の導入に伴い、生鮮食品の加工・配送を行う「プロスマート生鮮センター」の利用が減少することになったため効率化の一環として2000年(平成12年)10月31日に閉鎖し、店舗への配送などの物流機能は南日本運輸倉庫への委託へ切替えることになった[13]

そして従来同社の強みとされていた衣料品販売についても、2000年(平成12年)6月にレナウン系の婦人服専門店レリアンの元常務を衣料品を担当するソフト・ハード商品本部長に[57]、同年10月11日にダイエーの婦人服部門の元ゼネラル・マーチャンダイズ・マネジャーを副本部長に各々招聘するなど外部人材を導入する[57]と共に、全員女性の社内プロジェクトチームで作ったフロア毎の生活提案型の新コンセプトを導入した若い女性に焦点を絞ったファッションや雑貨などを扱う実験店を兼ねたファション情報発信基地のル・パルクを12月1日に自由が丘店を業態転換する形で開設し[58]、その成果を他の既存店の非食品売場に反映させていくことを目指す[58]など衣料品の抜本的な立て直しも図ろうとした[57]

その他にも、大型店での家電販売の強化を目指して二俣川店など3店の首都圏の大型店舗に家電大型専門店のベスト電器を導入も進めるなど[55]商品分野ごとに競争力を高めるための新たな営業政策が進められ、家賃引き下げ交渉による収益性の改善も進められた。

この家賃引き下げ交渉が決裂して店舗の所有者側からの賃貸借契約解除の申し入れがされたことにより2001年(平成13年)10月31日に東京都福生市の福生店、11月30日に京都府京都市の四条店が急遽閉鎖されることになってしまった[59]

2000年(平成12年)10月18日に会社更生法適用後初の新店舗として開業した[60]ラパーク蓮田店では[61]、生鮮食料品へのカテゴリーキラーと呼ばれる専門店導入[60]や直営の売場面積約2,000m2の大型食品売場[61]など食品販売強化策、家電量販店の上新電機ピットワンやカジュアル衣料品店のライトオン[60]、ドラッグストアのセガミ未来屋書店など従来の店舗の様な地元の専門店中心ではなく各々の分野で核となるような集客力の強い大型チェーン専門店を導入する[61]など再建計画の一環として打ち出された主要な店舗戦略が展開された[60]

こうした諸施策の展開によりラパーク蓮田店はショッピングセンター全体の年間売上高70億円の目標を達成すると共に、直営部門の食品売上高が約30億円に達して直営店の食品売上の構成比が60%を超えるなど順調に売上を伸ばした[61]

また、2000年(平成12年)10月30日に長崎屋ホームセンターオリンピックグループホームピックに売却し[62]、同年12月27日に会員制スポーツクラブのフォルザを運営を委託していたザ・ビッグスポーツに売却する[63]など本業以外の関連会社の整理も進められた[62]

再建の遅れなどによる方針の変更編集

様々な既存店の活性化策を打ち出したもののデフレが進む経済状況の影響も受けて業績の回復が想定以下に留まったため、2001年(平成13年)11月12日には全売上高の約20%を占める31店舗を閉鎖して社員の3分の1に当たる700人の希望退職を募集するという大幅な事業縮小による再建へ、大きく路線転換を図ることを発表することになった[64]

また、2000年(平成12年)5月19日に会社更生法に基く更生手続きの開始が決定した際に更生計画案の期限は1年後の2001年(平成13年)5月18日とされていたが、4,000社を越える債権者の多さや更生担保権の権利関係が複雑で債権総額の確定が遅れたため、期限直前の2001年(平成13年)5月7日に更生計画案の期限延長を東京地方裁判所に申し立てて6ヵ月延長して同年11月19日とすることが認められ[65]、その後更に延長されて2002年(平成14年)3月末となった[66]

しかし、アメリカの企業再建投資ファンドのサーベラス・グループ等と共に再建を支援するスポンサーとなることを目指していた日本の企業再建投資ファンドのアドバンテッジ・パートナーズが更生計画案を提示したが、その案では債権カット率が高すぎるとして主要な更生担保権者である銀行団が反発して交渉が不調に終わったため、2002年(平成14年)1月15日に支援交渉を断念したことが明らかになり、新たな再建支援のスポンサーとの交渉を進めることになった[66]

キョウデングループによる再建編集

アドバンテッジ・パートナーズの再生支援断念を受けて、2002年(平成14年)2月7日にプリント基板の開発・製造を行うキョウデンを中核として99円均一店のSHOP99など複数の小売事業を展開しているキョウデングループと優先交渉権を締結して、新たなスポンサー候補として交渉が進められた[67]

このキョウデングループを再建支援のスポンサーとして約700億円の更生債権を分割弁済するという新たな更生計画案が策定されて[68]再建の見通しが付いたため、キョウデングループのクラフトとスポンサー契約締結されて2002年(平成14年)6月3日に事業管財人が福田國幹からキョウデン会長の橋本浩に交代した[69]

2002年(平成14年)6月24日開催の第3回関係人集会で更生計画案の決議を受けることが出来たため同月30日に東京地方裁判所から計画案の正式認可を受けた[70]

これを受けて2002年(平成14年)8月8日に従来の資本金117億88万円を100%減資した上でキョウデングループがキョウデン本体の27.5%を含めて72.5%の29億円を出資するほか取引先など11社が残りの27.5%を引き受ける形で第三者割当増資が行われ、キョウデン会長の橋本浩を社長とし、あおぞら銀行から出向中の岸本昌吾を長崎屋に派遣して、キョウデンの連結子会社として経営再建に取り組むことになった[71]

2003年(平成15年)3月1日に橋本浩が招聘した住友銀行(現在の三井住友銀行)出身の上山健二が社長に就任、あおぞら銀行出身の岸本昌吾が専務に就任し会長に就任した橋本浩と共に経営再建に当たることになり[72]、2003年(平成15年)度に18店舗を改装する[73]と共に、他社の撤退跡への居抜き出店などに積極的に取り組んで売上拡大を図って再建を目指した[74]

2003年(平成15年)3月7日に総合スーパーの柏店を改装し[73]、同年11月21日には栃木県宇都宮市馬場通りの西武百貨店の撤退跡への居抜き出店を行う形で更生計画認可決定後の総合スーパー第1号店となるラパーク長崎屋宇都宮店を開業させる[75]などこの路線による再建策が進められた。

2006年(平成18年)には3年以内に株式再上場という目標を設定すると共に、半径4〜5kmを商圏としてその中で購買金額の20%を獲得する狭商圏型総合スーパーという新たな店舗戦略(狭商圏戦略)を打ち出して食品売場の強化や衣料・住居関連売場の充実などを目指し[76]、仙台台原店にディスカウントストアのドン・キホーテをテナントとして導入するなど集客力の回復も図ろうとした[77]

また、同年6月21日に東京地方裁判所から同月30日に更生担保権143億円を繰り上げ一括弁済して同年7月上旬に会社更生手続きが終結する更生計画の変更の認可を受けられたため[78]、同年7月11日に当初計画より12年前倒しで会社更生手続を終結させた[76]

2006年(平成18年)には北海道の道内流通大手でもある生活協同組合大手のコープさっぽろに中標津店1階の食品売り場の運営を譲渡して非食品部門のみを直営として残し、代わりにコープさっぽろが札幌など3店舗で行っている衣料品販売を受託するなど相互に強みを持つ分野を生かした提携を行っている[79]

ドン・キホーテによる買収と業態転換による再建編集

一部店舗をドン・キホーテに業態転換するほか共同仕入れによる調達コスト削減など相乗効果を発揮して再建を進め[80]、都市部の若年層を主要顧客としてきたドン・キホーテの顧客層を全国の幅広い年齢層に拡大することを目指して買収交渉を進め[81]、2007年(平成19年)10月25日に親会社のキョウデンその子会社2社(九九プラス、昭和KDE)や[82]キョウデン役員2名が保有していた株式(合計86%)をドン・キホーテが約140億で買収して[80]同社の子会社となった[83]

2008年(平成20年)5月1日に取締役副会長であった成沢潤治(ドン・キホーテ代表取締役社長 兼COO)が代表取締役社長に就任し[84]、2008年(平成20年)9月5日に株式を追加取得して完全子会社化となり[85]、2009年(平成21年)9月に本社を東京都目黒区青葉台二丁目19番10号のドン・キホーテ中目黒本店に移転した。

2008年(平成20年)4月に総合スーパーの長崎屋柏店をディスカウント店のドン・キホーテ柏駅前店に業態転換したのを皮切りにドン・キホーテ傘下に入ったことに伴って同社のディスカウント店のノウハウを導入しており、6月には長崎屋溝の口店をドン・キホーテ溝ノ口駅前店に業態転換した[86]

また、同社の事業再生の中核として郊外立地の大型ディスカウント店のMEGAドン・キホーテの業態開発に乗り出しており、2008年(平成20年)6月13日にはその1号店として長崎屋四街道店をMEGAドン・キホーテラパーク四街道店に業態転換して新装開店したのを皮切りに[87]、同年6月27日に長崎屋三郷店をMEGAドン・キホーテ三郷店[87]、同年8月29日に長崎屋北鴻巣店をMEGAドン・キホーテ北鴻巣店[88]、同年9月26日に長崎屋市岡店をMEGAドン・キホーテ弁天町店に各々業態転換をする[88]など既存の総合スーパーの大型ディスカウント店MEGAドン・キホーテへの転換を開始した。

四街道店はMEGAドン・キホーテへの業態転換直後の2008年(平成20年)6月に長崎屋時代の約3倍へ売上が急増して2011年3月まで一度も売上が前年を下回らないほど好調な業績を上げたほか[89]、浦和原山店はドン・キホーテに業態転換して長崎屋時代の約5倍へ売上が急増し[89]、その後MEGAドン・キホーテへの再度の業態転換を行って更に売上が約1.2倍に増えて長崎屋時代の約6倍に達するなどMEGAドン・キホーテへの業態転換は大きな成果を挙げ[89]、2010年(平成22年)4月期の営業損失約18億円の赤字から[89]黒字に転換した[90]

こうしたMEGAドン・キホーテ各店舗の業績の好調さを受けてこの業態を同社の再生のためのみに限定せずドン・キホーテグループの新たな主力業態の1つとして展開することになり、2010年(平成22年)6月期末時点で27店を出店した[91]

その一方で2010年(平成22年)7月2日にMEGAドン・キホーテに業態転換した苫小牧店[92]が年輩客の一部が室蘭の店舗に流出するなど地方都市の年配の消費者には合わない側面が出て業績が伸び悩み、室蘭中央店が総合スーパーの長﨑屋のままで売上の伸び率が全店中1位となったため[93]、2010年(平成22年)11月5日に室蘭中島店は3階にドン・キホーテを導入したものの他の売り場は長﨑屋のままとする初の複合型店舗として新装開店した[94]

八戸店もこの方式での改装が行われ、2010年(平成22年)12月3日に3階にドン・キホーテを導入したものの他の売り場は長﨑屋のままとする複合型店舗として新装開店した[95]ほか、2011年(平成23年)に小樽店も同様に一部売場のみドン・キホーテを導入する複合型店舗として新装開店する[96]など長崎屋の屋号も存続させている店舗もある。

また、2009年(平成21年)4月1日にテナント賃貸事業をドン・キホーテグループのパウ・クリエーション(現在の日本商業施設)へ移管してショッピングセンターの運営から撤退しており[85]、直営の売場の営業のみを担当している。

なお、2008年(平成20年)頃から長崎屋の崎の「つくり」部右上を大から立に変更しの字を使用するようになっており、MEGAドン・キホーテ店舗の看板の一部には「株式会社長崎屋」の表記を併用しているものもある。

2013年(平成25年)12月5日には札幌市内にMEGAドン・キホーテ新川店をイトーヨーカドー新川店跡[97](同年9月16日に閉店[98])の建物へ居抜きで出店し、ドン・キホーテグループ入り後初の9年ぶりの新店舗となった[99]

「サンバード」の語呂合わせから、各店舗の電話番号下4桁を3810としている。

尼崎店の火災編集

1990年(平成2年)3月18日に発生した尼崎店の4階寝具売り場で発生した火災で、防火扉前に商品が置かれていたため扉が閉まらなかったことで煙が避難階段を煙突代わりに上ったことや、警報装置が故障していてしばしば誤作動していたために店員が本当の火災と思わず消火活動や119番通報、避難誘導が適切に行われなかったことなどが影響して5階食堂付近で死者15人を出す惨事となった[100]

業態編集

現在の業態編集

ドン・キホーテ[86]、MEGAドン・キホーテ(ディスカウントストア)
現在の主力ブランド。柏店をドン・キホーテ業態に転換したのを皮切りに[86]32店舗が同ブランドに転換された。
長崎屋(総合スーパー)
同社のかつての主力ブランド。ドン・キホーテ傘下となってからはほとんどの店舗がMEGAドン・キホーテに転換され、2015年4月現在北海道(4)、青森県・茨城県・大阪府・高知県(各1)の計8店舗(ドン・キホーテに転換した勝田店・岸和田店も含む。後述)にまで減少している。一部の店舗はテナントとしてドン・キホーテを導入しながら営業しており、純粋な長崎屋単独店舗は北海道(2)、高知県(1。衣料品のみ取扱いのため『サンバード生活衣料館』名義)の3店舗のみとなっている。
昭和時期、高利益率の衣料品部門重視の反面、食料品売り場は直営せず当地の食品スーパーマーケットチェーンに任せ、共同出店するケースが多かった。共同出店相手に東急ストア松電商事富士シティオ、桝屋(マルフジ)、忠実屋京成ストアなかよしスピナみしまやなどが例出される。
ラパーク(中規模ショッピングセンター)
売場面積6000-10000m2前後の中規模店。ファミリーが集う公園のようなショッピングセンター=ライフ・アメニティ・パーク」から命名された[101]。長崎屋と差別化を図る為、長崎屋の名称は使用されなかった。1991年(平成3年)3月に開業したラパーク篠路[102]から名称が使用され全12店舗が誕生した。
2015年(平成27年)1月に千城台店が閉店したことにより、全店舗がドン・キホーテに転換されたが、店舗名の名称として現存している店舗も存在する。

かつての業態編集

Big-Off(ディスカウントストア)[33]
サンドール(食品スーパー)
協業組織(ボランタリーチェーン)であるセルコグループに所属している全国各地のスーパーと合弁で地区毎に会社を設立して展開した食品スーパー[8]
単体で存在することもあれば長崎屋の店舗に入居し食品売り場の営業を担当することもあった。子会社が多数存在したが現在は全て清算されている。
サンバード(衣料品専門店)
各地のスーパーに衣料を卸すことがきっかけとなり始まった衣料品専門店。1999年2月末時点で176店舗を展開していた[103]
サンバードフランチャイズチェーンを名乗るFC展開を行い、商品と売場に関するノウハウを提供していた[7]。元FC店の中には長崎屋と無関係になった後も独立経営でサンバードの名称を引き続き使用している例がある(栃木県佐野市のサンバード田沼店など)。
長崎屋直営店では、2019年現在唯一高知ヴィアン店(サンシャイン ヴィアン内)が『サンバード生活衣料館』名義で出店している。

年譜編集

  • 1940年(昭和15年) - 岩田孝八が藤沢商業学校(現:藤沢翔陵高等学校)を卒業と同時に神奈川県茅ヶ崎市で、家業の衣料品店を経営[3]
  • 1946年(昭和21年)6月21日 -平塚駅近くにかき氷店「おあしす」を開店[2]
  • 1948年(昭和23年)
    • 1月31日[1] - 「おあしす」を本店として株式会社長崎屋布団店設立[2]。(資本金19.5万円[1]、本店:神奈川県平塚市平塚新宿1445番地[104]。)
    • 秋 - 布団と洋品売場を併設した長崎屋布団店を開店(後の平塚東店※2008年まで営業していた平塚店とは200mほど東に離れていた)[2]
  • 1950年(昭和25年)12月15日 -町田店を開店[2]。(チェーン1号店[1]
  • 1951年(昭和26年) -東京都中央区日本橋大伝馬町3丁目2番地に本店移転[104]
  • 1952年 - 株式会社長崎屋に商号変更[3]
  • 1953年(昭和28年)- 東映の映画館(東横百貨店平塚店跡)を買収して平塚西店開店[2](現・紅屋町まちかど広場)
  • 1961年(昭和36年) - 長崎屋チェーン、(初代)青梅店開店により、10店舗達成(この時点での店舗:平塚東・平塚西・鎌倉・町田・清水・川越・八王子・横浜・青梅・立川)
  • 1963年(昭和38年) - 東北地方(仙台市)に進出。長崎屋チェーン、20店舖達成
  • 1964年(昭和39年)3月 - 京都(新京極三条)に出店。関東地盤のスーパーとして初めて関西に進出。
  • 1967年(昭和42年) - 東京証券取引所第1部上場[4]。北海道地区(札幌市)に初出店。
  • 1969年(昭和44年) - CIロゴマーク変更(サンバードのロゴが誕生)
    • 5月 - 東光ストア(現在の東急ストア)と提携[105]
    • 肌着・靴下・ランジェリー・セーターなどのプライベートブランド「サンバード」発売。
  • 1971年(昭和46年) - 九州地区(熊本市大分市)に初出店。
  • 1973年(昭和48年) - 土浦京成百貨店と業務提携[105]
    • 1月 - プリマート(現在のマルエツ)と提携[105]
    • 3月 - プリマートと合弁で食品スーパーのサンドールを設立[105]
  • 1974年(昭和49年)
    • 10月 - ブラジルナガサキヤを設立し、海外進出[105]
    • 「サンバード・フランチャイズチェーン」展開開始[2]。(地場中小スーパーなどに衣料品販売のノウハウや商品を供給)
  • 1978年(昭和53年)
    • 3月 - ナグス・ボガール・サンファミリック・長崎屋ストアー・サニーディップス・サンレオを本体に吸収合併[1][106]
  • 1981年(昭和56年)4月 - ライフ(現在のライフコーポレーション)と提携[105]
  • 1983年(昭和58年) - シャル1号店を大分に開設[105]
  • 1989年(平成元年)3月 - サンドールおよびサンドール北海道を合併[1]
  • 1990年(平成2年)3月18日 - 尼崎店で長崎屋火災発生、15人死亡[100]
  • 1992年(平成4年)9月 - ホームセンタ一部門を分離して「長崎屋ホ一厶センター」を発足[1]
  • 2000年(平成12年)
    • 2月13日 - 東京地方裁判所に会社更生法適用申請[46]
    • 5月14日 - 上場廃止
    • 5月19日 - 更生手続開始決定・事業管財人に福田國幹エコス相談役を選任[50]
  • 2002年(平成14年)
    • 1月15日 - アドバンテッジ・パートナーズとの支援交渉を断念したと発表[66]
    • 2月7日 - キョウデングループと再建支援先としての優先交渉権を締結したと発表[67]
    • 6月3日 - 事業管財人を福田國幹エコス相談役から橋本浩キョウデン会長へ交代[69]
    • 6月24日 - 第3回関係人集会で更生計画案の決議を受け、同30日に東京地方裁判所から更生計画認可の正式認可を受ける[70]
    • 8月8日 - 資本金117億88万円を100%減資し、第三者割当増資を行って新資本金40億円となり、72.5%を出資したキョウデングループの傘下入り[71]
  • 2006年(平成18年)7月11日 - 会社更生手続終結[76]
  • 2007年(平成19年)10月 - キョウデングループが保有する株式86%がドン・キホーテに売却され、同社の傘下となる[81]
  • 2008年(平成20年)
    • 4月 - 直営店ドン・キホーテ柏駅前店リニューアルオープン[86]
    • 6月11日 - 新事業形態“生活防衛型”ディープディスカウントストアとして、MEGAドン.キホーテの1号店である四街道店を新たにオープンさせた[88]
  • 2009年(平成21年)
    • 4月1日 - テナント賃貸事業をドン・キホーテグループのパウ・クリエーション(現在の日本商業施設)へ移管[85]
    • 9月 - 本社をドン・キホーテ中目黒本店に移転する。
  • 2012年(平成24年)7月3日 - 創業者の岩田孝八が老衰のため死去[4]。90歳[4]

グループ企業編集

一部のみを列挙する。

  • 株式会社サン情報開発 - システムインテグレーター(設立:1986年(昭和61年)8月1日。出資:70%)
    ヤマトシステム開発株式会社との合弁企業。富士通系情報処理サービス業グループ(FCA)会員。

過去のグループ企業編集

一部のみを列挙する。

海外編集

  • ナガサキヤ・コメルシアル・インポルダーラ・リミターダ
    ブラジル連邦共和国サンパウロに進出する際に現地の日系企業と共に設立した会社。1974年(昭和49年)10月設立[105]
    サンジョセ店とイビラブエラ店の2店を運営していたが撤退に伴い、1992年(平成4年)に解散した。

小売業編集

  • 株式会社長崎屋ホームセンター
    本社:東京都中央区東日本橋3-3-15[107]
    1984年(昭和59年)2月に設立[107]、出資比率100.0%[107]
    ホームセンター[107]、18店舗(1999年(平成11年)2月時点)
    1992年(平成4年)9月にホームセンタ一部門を分離して発足[1]
    2000年(平成12年)11月に株式会社ホームピック(東京都中野区株式会社オリンピックの完全子会社)へ株式が譲渡され[62][108]、株式会社ホームピック(東京都足立区)に社名を変更。
    その後2度の合併を経てから、オリンピックに吸収合併された。
  • 株式会社サン家電
    本社:東京都中央区東日本橋1-1-5[109]
    1985年(昭和60年)2月に設立[109]、出資比率100.0%[109]
    家電量販店[43][109]
    一時期単独路面店舗も存在したが、全店長崎屋内の家電売場という存在だった。53店舗(1998年(平成10年)1月時点)[要出典]
    1999年(平成11年)12月1日付で長崎屋と金沢長崎屋へ営業譲渡して両社の家電部門と統合した上で解散・清算した[43]
  • 株式会社かのこ
    本社:東京都中央区東日本橋3-7-14[109]
    1985年(昭和60年)2月に設立[109]、出資比率100.0%[109]
    呉服専門店[43][109]70店舗(1998年(平成10年)1月時点)[要出典]
    1999年(平成11年)12月1日付で従業員が独立する形で設立した新会社へ営業譲渡した上で解散・清算した[43]
  • 株式会社ビゴール
    本社:東京都中央区東日本橋3-7-14[109]
    1988年(昭和63年)2月に設立[109]、出資比率100.0%[109]
    宝飾専門店[43][109]
    1999年(平成11年)12月1日付で従業員が独立する形で設立した新会社へ営業譲渡した上で解散・清算した[43]
  • 株式会社シンバル
    本社:東京都中央区東日本橋3-7-14[109]
    1984年(昭和59年)4月に設立[109]、出資比率100.0%[109]
    レディスカジュアル衣料専門店[43]
    1999年(平成11年)12月1日付で従業員が独立する形で設立した新会社へ営業譲渡した上で解散・清算した[43]
  • 株式会社サンブルーム
    本社:東京都中央区東日本橋3-7-14[109]
    1992年(平成4年)3月に設立[109]、出資比率100.0%[109]
    カジュアル衣料専門店[43]
    1999年(平成11年)12月1日付で100%出資した新会社へ営業譲渡した上で解散・清算した[43]
  • 株式会社サンクスアンドアソシエイツ
    コンビニエンスストア
    旧社名「株式会社サンクス」。1980年(昭和55年)に設立。1991年(平成3年)商号変更。
    1994年(平成6年)2月28日付で小野グループに株式57万株を譲渡し、傘下を離れた[24]
  • 株式会社土浦京成百貨店
    本社:茨城県土浦市中央1-1-24[110]
    百貨店。1977年(昭和52年)4月に資本提携して傘下に入れた[111]
  • 株式会社サンロード - 自動車専門店
  • 株式会社ベビーバード
    本社:仙台市南小泉五ツ谷2[110] → 東京都中央区東日本橋3-7-14[109]
    1973年(昭和48年)12月に設立[109]、出資比率100.0%[109]
    乳幼児用品専門店[109]
    1973年にイギリスのマザーケアが日本に出店する為に長崎屋と伊藤忠商事と合弁で設立した日本法人[112]
    1975年の6月にマザーケアが出資を引き揚げたため、同社の子会社となった[112]
  • 株式会社ナグス
    1978年(昭和53年)3月に本体に吸収合併[1][106]
  • 株式会社ボガール
    1978年(昭和53年)3月に本体に吸収合併[1][106]
  • 株式会社サンファミリック
    1978年(昭和53年)3月に本体に吸収合併[1][106]
  • 株式会社長崎屋ストアー
    1978年(昭和53年)3月に本体に吸収合併[1][106]
  • 株式会社サニーディップス
    1978年(昭和53年)3月に本体に吸収合併[1][106]
  • 株式会社サンレオ
    1978年(昭和53年)3月に本体に吸収合併[1][106]
  • 株式会社聖籠長崎屋 - 店舗経営[113]
    長崎屋聖籠店を運営していた会社。2002年(平成14年)で解散となった。
サンドール編集
  • 株式会社サンドール
    本社:北海道札幌市中央区南1条西1丁目149[114]
    1973年(昭和48年)3月に設立[114]、出資比率50.0%[114]
    プリマート(現在のマルエツ)と合弁で設立[105]。1989年(平成元年)3月に本体に吸収合併[1]
    群馬県内6店の営業権はフレッセイ(当時は松清本店)へ譲渡された[115]
  • 株式会社サンドール北海道
    本社:北海道札幌市西区琴似2条6丁目504[110]
    長崎屋と札幌フードセンター(現在のマックスバリュ北海道)との合弁会社。
    1973年(昭和48年)4月に設立[114]、出資比率50.0%[114]
    1989年(平成元年)3月に本体に吸収合併[1]
  • 株式会社サンドール旭川
    本社:北海道旭川市1条通7丁目47[116]
    長崎屋と札幌フードセンターとサンドール北海道との合弁会社。1987年(昭和62年)10月にサンドール北海道に吸収合併された。
  • 株式会社サンドール函館
    本社:北海道函館市美原1-7[110]
    長崎屋とサンドール北海道の合弁会社。1987年(昭和62年)3月1日でサンドール北海道に吸収合併された。
  • 株式会社サンドール青森
    長崎屋とマルハさとうとの合弁会社。
  • なかよしサンドール
    本社:秋田県秋田市中通4-15-3[117]
    長崎屋となかよしとの合弁会社。
  • 株式会社サンドール仙台
    1973年(昭和48年)11月に設立[114]、出資比率50.0%[114]
  • 株式会社サンドール千葉
  • 株式会社サンドール栃木
    本社:栃木県今市市今市456[117]
  • 株式会社サンドール新潟
    1974年(昭和49年)12月に設立[114]、出資比率50.0%[114]
    長崎屋と新潟吉池の合弁会社。
  • 株式会社サンドール福井
    長崎屋と柳町スーパーマーケットとの合弁会社。
  • 株式会社サンドール浜松
  • 株式会社サンドール静岡
    1974年(昭和49年)11月に設立[114]、出資比率50.0%[114]
  • 株式会社サンドール関西
    1980年(昭和50年)4月に設立[114]、出資比率50.0%[114]
    長崎屋とライフとの合弁会社

サービス業編集

  • 株式会社おあしす - 外食給食(設立:1949年(昭和24年)10月11日[118]、出資:82.5%[118]
    本社:市川市市川2-15-8[109]
    1946年(昭和21年)6月21日に岩田孝八が平塚駅近くの露店群「旭商店街」の一角に「おあしす」という店名で開いたかき氷店が始まりで、平塚西店が7階建ての店舗になった際に長崎屋が食堂部としてレストランを開店した[2]
    かつては米国アイホップ社との提携して郊外型の洋菓子レストラン「アイホップ」も展開していた[2]
    長崎屋店内を中心にファミリーレストラン「おあしす」、クレープ店「イタリアのクレープ屋さん」などを展開。給食事業(社員食堂の運営)も行っている。
    2007年(平成19年)2月28日付で解散[118]したうえで、今後は長崎屋グループ内子会社に営業譲渡され、事業は引き続き継続されている。
  • 株式会社長崎屋フォトサービス - ミニラボ店、写真館(設立:1987年(昭和62年)9月1日[118]、出資:100%[118]
    長崎屋店内を中心にミニラボ店「フォトスピード55」、子供写真館「スタジオ アミ」を展開。
    2007年(平成19年)2月28日付で解散[118]したうえで、今後は長崎屋グループ内子会社に営業譲渡され、事業は引き続き継続されている。
  • 株式会社サンファンタジー - アミューズメント施設(設立:1989年(平成元年)8月1日[118]、出資:100%[118]
    本社:東京都中央区東日本橋2-5-1[109]、出資比率100.0%[109]
    長崎屋店内にて遊戯施設を運営。
    2007年(平成19年)2月28日付で解散[118]したうえで、今後は長崎屋グループ内子会社に営業譲渡され、事業は引き続き継続されている。
    かつては屋内型アミューズメントパークファンタジードーム」も展開していた。
    苫小牧ファンタジードーム - 閉鎖後、向かいの建物(現・家具の長谷川)から長崎屋苫小牧店が丸ごと移転。ゲームセンターに加え、宮の森スポーツ倶楽部がテナントとして入居。ジェットコースターの構造物が残っている。
    帯広ファンタジードーム - 閉鎖。サンバード長崎屋帯広店内にあった。キャラクターは苫小牧と一緒。キッズコーナー(ゲームセンター)のみ営業中、中型遊具の残っている3階・4階部分は閉鎖されている。
    ファンタジードーム岸和田 - 閉鎖
    ラパーク聖籠ファンタジードーム - 閉鎖
    ファンタジードームはちのへ - 営業中
  • 株式会社サンファンタジーとまこまい[119] - 遊園地運営[119]
    苫小牧店に隣接していたドーム型遊園地を運営していた[119]。多大な借金に見舞われ処遇が困難であったが1996年(平成8年)11月30日で解散して1997年(平成9年)1月16日に運営していた遊園地を閉鎖し、同年2月に清算された[119]
  • 株式会社フォルザ - 会員制スポーツクラブ運営
    グループのショッピングセンターのラパーク岸和田とラパーク千城台で会員制スポーツクラブを運営し、会員5,800人で年間売上高約5.33億円を上げていたが、店舗数が少なくて非効率であった上、業績不振で経営資源を本業の小売業に集中させる必要な状況となったため、2000年(平成12年)12月27日に約1億円でザ・ビッグスポーツに売却された[63]
  • 株式会社サンバードツアー - 旅行代理店(2000年(平成12年)清算)[47]
  • 株式会社関西サンバードツアー - 旅行代理店(2000年(平成12年)清算)[47]
  • 株式会社シータ - 旅行代理店(2000年(平成12年)清算)[47]
  • 株式会社サンレジャー
    本社:東京都中央区日本橋3-7-11[110]
    「サンホームビデオ」の名称で主に東日本地区を中心にビデオレンタルショップを展開。後に小野グループへ営業譲渡。
    現在は小野グループを離脱。ワンダーコーポレーション傘下となりVidawayへ社名変更。従来の「SUNHOME」に加えカルチュア・コンビニエンス・クラブと業務提携を結びフランチャイジーとなり「TSUTAYA」を展開。
  • 株式会社長崎屋ボウル - ボウリング場の運営
    1970年前後にオープンした、長崎屋店舗に併設されたボウリング場で、鶴見・柏・浜松・和歌山などに存在した。なお、1974年に開店し1994年に閉店した十条店も、計画段階では「長崎屋ボウル」としてオープン予定としたが、地元住民などの反対運動により、総合スーパーに計画変更された。
  • 株式会社サン広告社 - 広告代理業[120](設立:1970年(昭和45年)3月3日[120]、出資:100%[120]
    専門店、サービス業などを中心にあらゆる業種の宣伝などを取り扱う広告代理業。
    2007年(平成19年)8月31日付で清算[120]

その他の事業編集

  • 株式会社長崎屋エステート
    本社:東京都中央区東日本橋2-8-5[107]
    1973年(昭和48年)6月に設立[107]、出資比率100.0%[107]
    不動産業[107]
  • 株式会社長崎屋リーシング
    本社:東京都中央区東日本橋1-2-6[107]
    1993年(平成5年)2月に設立[107]、出資比率100.0%[107]
    金融業[107]
  • 株式会社サンバードファイナンス - 自社向け金融
  • 株式会社サンランド(1994年(平成6年)10月末解散[121]
    帯広市民文化ホールの建設を行ってサンランド開発に建物のみを売却して土地を引き続き保有していたが、1993年3月と同9月が支払期限の債務を遅延したため1994年(平成6年)7月に建物の引き渡しなどを求める裁判を釧路地方裁判所帯広支部に提訴した直後の同年10月に解散して、土地の所有権や裁判などの権利・義務を親会社の長崎屋が継承した[121]

自社開発商品編集

  • デイリーインパクト
    1995年9月下旬から発売した衣・食・住フルラインの統一オリジナルブランド[122]

店舗編集

一部店舗は衣料品店のみ。

営業している店舗編集

2018年1月現在、単独で1店舗以上存在する道府県は北海道のみであり、その他の府県にはそれぞれ1店舗しかない。

過去に存在した店舗編集

店内・CMソング編集

  • サン・サン・サンバード(長崎屋の唄) 作詞:伊藤アキラ 作曲:小林亜星
    1974年(昭和49年)に誕生した店内ソング。CMでも流され、テンポが上がったリメイク版も登場した。
    長崎屋の破産以降、CMも減少、店内でも流れることが少なくなっているが現在も放送する店舗は存在する。
    かつて日本テレビにて放送された番組「とんねるずの生でダラダラいかせて!!」で、「祖師ヶ谷ーズ」が登場する際のBGMとして使用された。
  • サンバード・ソング[123] 作詞:橋本ひろし 作曲:橋本ひろし
    長崎屋がキョウデングループ入りした際に作曲家であるキョウデンの会長が作詞・作曲した長崎屋の店内ソング。家族や恋人と一緒に買い物をしたりした思い出の場所「長崎屋」を唄っている。
    長崎屋のドン・キホーテ入りに伴い、この曲は放送されなくなった。
  • 冬のレインボー 作詞:田口俊、作曲:三浦一年、編曲:山川恵津子
  • 風の地球儀 作詞:田口俊 作曲:児玉直弥 編曲:松田真人
    1988年に行われた「ミス・サンバード コンテスト」でグランプリを受賞した小林彩子のシングルで、1988~1989年の長崎屋CMソングとなっていた。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 『流通会社年鑑 2000年版』 日本経済新聞社、1999年12月3日。ISBN 978-4532211097
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 猪飼聖紀 『松籟の如し 異能の商人 岩田孝八』 ティーアンドティー、1988年11月。ISBN 978-4915629242
  3. ^ a b c 上田正昭 平山郁夫 西澤潤一 三浦朱門 『講談社 日本人名大辞典』 講談社、2001年12月6日。ISBN 4-06-210800-3
  4. ^ a b c d “おくやみ 岩田孝八氏が死去 長崎屋創業者”.日本経済新聞(日本経済新聞社). (2012年7月3日)
  5. ^ 西井由比子 (2009年5月20日). “長崎屋御影店が方針転換、今月末に閉店”. 神戸新聞 (神戸新聞社)
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 高橋圭介 『長崎屋を倒産に追い込んだ20年前の経営ミス』 日経ビジネス 第1029号 (日経BP社) (2000年2月21日)
  7. ^ a b 若山富士雄 『翔ぶサンバードの秘密 独創的衣料FCで全国制覇目指す長崎屋』 サンケイ出版、1980年12月。
  8. ^ a b c “長崎屋、食品比重拡大と並行して関東圏に集中出店へ”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1996年11月27日)
  9. ^ 『東急ストアのあゆみ』 東急ストア、1989年。
  10. ^ “カスミ、「勝田駅前店」改装開店 10%アップ狙う”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1997年5月9日)
  11. ^ “長崎屋といなげや、共同で草加谷塚店を出店、食品部門いなげや扱い”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1993年4月30日)
  12. ^ “京成ストア、MEGAドン・キホーテ三郷店から撤退”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2008年9月24日)
  13. ^ a b “長崎屋、プロスマート生鮮センターを閉鎖”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2000年10月18日)
  14. ^ a b “長崎屋、食品強化で活性化進む 経常赤字幅縮める”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1996年10月14日)
  15. ^ “長崎屋の食品構成比がアップ、売場増床など推進”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1997年10月20日)
  16. ^ a b “長崎屋「新長野店」開店、生鮮・惣菜直営化で平台・対面多用”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1998年3月27日)
  17. ^ a b “長崎屋「四街道店」が食品強化で売上高45%目指す”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1999年3月8日)
  18. ^ “長崎屋、生鮮強化のGMS「二俣川店」開店”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1998年1月1日)
  19. ^ a b “長崎屋破綻の背景、食品の構成比上がらず”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2000年2月16日)
  20. ^ a b “長崎屋、99年2月期決算”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1999年4月26日)
  21. ^ “長崎屋、社長に井上民雄氏就任。岩田文明氏は相談役に降格”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1992年10月16日)
  22. ^ a b “長崎屋、北海道で出ている、自社基幹店SC「ラパーク」のジャスコへの「身売り」話を否定”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1993年7月19日)
  23. ^ a b “ジャスコ、北海道進出に伴う長崎屋の身売り話、長崎屋は全面的に否定”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1993年7月19日)
  24. ^ a b “長崎屋がサンクスの株式、小野グループのサンスシィに譲渡、橘高社長「信頼関係」強調”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1994年3月21日)
  25. ^ “長崎屋、小野グループ「サンスシィ」にサンクス株を譲渡、再建へ大きく前進”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1994年2月16日)
  26. ^ a b “長崎屋、再建3年計画に本腰、各部門の収益力を強化”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1994年4月27日)
  27. ^ a b “長崎屋、6年2月期決算”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1994年4月27日)
  28. ^ “長崎屋、リストラ計画の一環「八王子店」売却、賃借で営業続行”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1994年4月25日)
  29. ^ “リストラ推進の長崎屋、64億円余の売却益”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1994年7月22日)
  30. ^ “長崎屋、本社ビル、大宮店を売却 賃借で機能は従来通り”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1995年2月15日)
  31. ^ “長崎屋、7年2月期連結決算”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1995年4月28日)
  32. ^ a b “長崎屋、8年2月期決算も赤字 子会社整理が重荷、既存店は持ち直す”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1996年5月13日)
  33. ^ a b c d e “長崎屋、リストラほぼ終了 利益体質強化進む”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1997年4月25日)
  34. ^ “長崎屋、3店舗を売却 営業は継続”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1997年3月5日)
  35. ^ a b “長崎屋、9年2月期決算”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1997年4月25日)
  36. ^ a b c “長崎屋、10年2月期決算”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1998年4月24日)
  37. ^ “長崎屋10年2月期決算、既存店低迷で経常赤字転落”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1998年4月24日)
  38. ^ a b “長崎屋、効率化達成も既存店12.2%減”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1998年10月16日)
  39. ^ “長崎屋、新社長に山本善彦氏”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1999年2月3日)
  40. ^ a b “長崎屋、「苫小牧店」を売却、賃借営業へ”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1999年3月5日)
  41. ^ “長崎屋、山本新社長の就任見送り”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1999年5月21日)
  42. ^ “長崎屋中間期、最終赤字108億円”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1999年9月17日)
  43. ^ a b c d e f g h i j k “長崎屋が系列専門店5社を清算へ”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1999年12月6日)
  44. ^ a b c “長崎屋、99年2月期決算”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2000年2月9日)
  45. ^ 『外資本格侵攻のきっかけか 更生会社・長崎屋の救済先』 週刊ダイヤモンド 2000年2月26日号 (ダイヤモンド社) (2000年2月26日)
  46. ^ a b “長崎屋が更生法申請 自力再建断念 負債額は3039億円”.朝日新聞(朝日新聞社). (2000年2月14日)
  47. ^ a b c d “長崎屋が関連2社の更生法申請”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2000年3月3日)
  48. ^ a b c “長崎屋が米国サーベラスグループの支援受け入れ”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2000年4月12日)
  49. ^ a b 立木奈美 (2000-5-22). “長崎屋再建は「小売りの牛若丸」が指揮 立木奈美”. 日経ビジネス 2000年5月22日号 (日経BP社).
  50. ^ a b “長崎屋事業管財人にエコス・福田前副社長”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2000年5月22日)
  51. ^ a b “長崎屋・福田事業管財人が方針、食品中心に業態転換”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2000年5月24日
  52. ^ “長崎屋、来年1月末までに14店を閉鎖”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2000年8月11日)
  53. ^ “長崎屋が食品強化で再建促進、1年で更生完了目指す”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2000年7月14日)
  54. ^ a b “長崎屋、生鮮カテゴリーキラーで集客へ”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2000年8月11日)
  55. ^ a b “長崎屋が活性化に本腰、生鮮部門を3分割”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2000年8月30日)
  56. ^ “長崎屋、食品新規導入で「福生店」の客数4倍に”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2001年1月10日)
  57. ^ a b c “長崎屋、衣料品強化へ元ダイエーの緒方謙二氏を招聘”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2000年10月6日)
  58. ^ a b “長崎屋、自由が丘店を転換、ファッション発信へ”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2000年11月24日)
  59. ^ “長崎屋、福生店と四条店の今秋閉店決める”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2001年9月12日)
  60. ^ a b c d “長崎屋、更生法適用後初の新店「蓮田店」開店”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2000年10月16日)
  61. ^ a b c d “長崎屋蓮田店、年商70億円確実に、食品強化が奏功、食品の構成比60%超”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2001年11月14日)
  62. ^ a b c “長崎屋、長崎屋ホームセンターを売却”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2000年11月1日)
  63. ^ a b “長崎屋、子会社のスポーツクラブ「フォルザ」を売却”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2001年1月10日)
  64. ^ “長崎屋、店舗の4割閉鎖へ、厳しい再建にシナリオ変更”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2001年11月16日)
  65. ^ “長崎屋、更生計画の提出を11月に延期”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2001年5月9日)
  66. ^ a b c “アドバンテッジ・パートナーズが長崎屋の再建支援を断念”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2002年1月18日)
  67. ^ a b “長崎屋再建にキョウデングループが支援、「ショップ99」と親和性”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2002年2月11日)
  68. ^ “700億円分割弁済 更生計画を可決 長崎屋”. 朝日新聞 (朝日新聞社). (2002年6月24日)
  69. ^ a b “長崎屋、事業管財人に橋本浩氏就任”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2002年6月7日)
  70. ^ a b “長崎屋、7月1日付で新会社設立、更生計画始動へ”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2002年6月28日)
  71. ^ a b “長崎屋、新株式を発行、キョウデンの子会社に”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2002年8月16日)
  72. ^ “長崎屋、上山健二取締役が新社長に就任、新体制で中期経営計画達成目指す”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2003年3月3日)
  73. ^ a b “長崎屋、「柏店」改装で食品を強化、「成功モデル」狙う”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2003年3月14日)
  74. ^ “長崎屋、宇都宮西武跡に年内にも居抜き出店へ”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2003年8月1日)
  75. ^ “長崎屋、宇都宮中心部にGMS「ラパーク長崎屋宇都宮店」オープン”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2003年12月17日)
  76. ^ a b c “新生・長崎屋、活性化へ新戦略 駅前立地生かしカード会員の囲い込みを目的とし狭商圏型GMS展開図る”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2006年8月30日)
  77. ^ “客足の復活へ人気テナント 長崎屋仙台台原店にドンキ”. 河北新報 (河北新報社). (2006年3月6日)
  78. ^ “長崎屋、7月上旬には更生計画終結”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2006年6月23日)
  79. ^ “コープさっぽろ-長崎屋の食品売場を運営、不得意分野を相互で補完”. 生協流通新聞 (アド・バンクセンター). (2006年10月20日)
  80. ^ a b “ドン・キが長崎屋買収へ”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2007年10月11日)
  81. ^ a b “ドン・キホーテ、長崎屋買収を発表”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2007年10月13日)
  82. ^ “ドン・キホーテ、長崎屋買収し再上場目指す キョウデンは小売縮小へ”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2007年10月17日)
  83. ^ “ドン・キホーテ 長崎屋株式取得 取得後は業態転換”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2007年11月8日)
  84. ^ “長崎屋、新社長に成沢潤治ドン・キホーテ社長が就任”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2008年4月11日)
  85. ^ a b c 第29期定時株主総会招集ご通知 (Report). ドン・キホーテ. (2009年9月10日).
  86. ^ a b c d “長崎屋の再生に挑む 新業態MEGAドン・キホーテ(上)“驚安”価格で競争力アップ”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2008年9月10日)
  87. ^ a b “ドン・キホーテ、グループ連携で郊外大型DS開発 長崎屋再生の核に”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2008年6月25日)
  88. ^ a b c “港区に関西初の「MEGAドン・キホーテ(弁天町店)」がオープン”. 大阪商工会議所中小企業振興部ニューズレター 2008年11月号(大阪商工会議所中小企業振興部). (2008年11月21日)
  89. ^ a b c d 『スーパー、GMSは専門店に勝てるのか「衣食も雑貨も楽しく買う。GMSへは行かない」の声』 週刊東洋経済 2011年4月9日号 (東洋経済新報社) (2011年4月9日)
  90. ^ “総論 ドン・キホーテ 独自業態で5000億円達成 ノウハウ導入で長崎屋が黒字化”. 週刊流通ジャーナル). (2011年8月29日)
  91. ^ “ドン・キホーテ、総合DS「メガドンキ」を柱に 長崎屋から転換進める”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2010年8月25日)
  92. ^ “長崎屋がメガドンキホーテに”. 苫小牧民報 (苫小牧民報社). (2010年7月2日)
  93. ^ 野村英史 (2010年11月22日). “長﨑屋室蘭中島店がドン・キ導入し地域密着戦略を徹底”. 室蘭民報 (室蘭民報社)
  94. ^ “全国初の長崎屋とドン・キホーテとの複合型店舗 長崎屋室蘭中島店 北海道室蘭市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2010年11月15日)
  95. ^ “八戸ラピアにドン・キホーテ開店”. 東奥日報 (東奥日報社). (2010年12月4日)
  96. ^ “長崎屋小樽店」全館改装 北海道小樽市 ドン・キホーテ小樽店を導入ハイブリッド型店舗へ”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2011年4月4日)
  97. ^ 久保田昌子 (2013年12月6日). “札幌・新川にMEGAドンキ 石狩管内初、開店前に2千人が列”. 北海道新聞 (北海道新聞社)
  98. ^ “閉店ニュース 9月16日(月)イトーヨーカドー新川店”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2013年8月26日)
  99. ^ “長崎屋が9年ぶり新店オープン「MEGAドン・キホーテ新川店」”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2013年11月13日)
  100. ^ a b 安藤文暁、飯田憲 (2005年3月16日). “検証「尼崎・長崎屋火災」(上)”. 神戸新聞 (神戸新聞社)
  101. ^ “長崎屋、「ラパーク金沢」開店へ、複合型SCに転換”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (1993年10月18日)
  102. ^ “北海道食品流通特集 各社の開発店紹介 札幌フードセンター SMに初取り組み”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (1994年12月12日)
  103. ^ “長崎屋、会社更生法適用を申請”. 十勝毎日新聞 (十勝毎日新聞社). (2000年2月14日)
  104. ^ a b 『会社履歴総覧'92』 東洋経済新報社、1991年10月。
  105. ^ a b c d e f g h i 三家英治 『現代日本小売経営戦略』 晃洋書房、1985年5月。ISBN 978-4771002906。三家英治
  106. ^ a b c d e f g 『時事年鑑 昭和54年版』 時事通信社、1978年10月20日。
  107. ^ a b c d e f g h i j k l 『流通会社年鑑 1997年版』 日本経済新聞社、1996年12月4日。
  108. ^ “長崎屋が子会社長崎屋ホームセンターをオリンピックに売却”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2000年11月30日)
  109. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y 『流通会社年鑑 1998年版』 日本経済新聞社、1997年12月2日。
  110. ^ a b c d e 『企業系列総覧 1991年版』 東洋経済新報社、1991年。
  111. ^ 坂寄俊雄 『地域生活と生協運動』 法律文化社、1981年6月。
  112. ^ a b 『直接投資と経済成長に関する研究 東アジアの今後の課題』 総合研究開発機構、1996年12月13日。ISBN 978-4-7955-4529-8
  113. ^ “長崎屋、17日ラパーク聖篭開店、LCOで値頃追求”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (1994年3月21日)
  114. ^ a b c d e f g h i j k l m 『流通会社年鑑 1978年版』 日本経済新聞社、1977年10月25日。
  115. ^ 『食料年鑑 1990年版』 日本経済新聞社、1990年6月。
  116. ^ 『食料年鑑 食品業界総合名簿 1987年版』 日本食糧新聞社、1987年6月。
  117. ^ a b 『週刊東洋経済 臨時増刊 日本の会社 90,000』 東洋経済新報社、1989年6月15日。
  118. ^ a b c d e f g h i 子会社の解散に関するお知らせ (Report). キョウデン. (2007年1月10日).
  119. ^ a b c d “長崎屋、苫小牧の遊園地運営会社を解散”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1996年12月6日)
  120. ^ a b c d 子会社の解散に関するお知らせ (Report). キョウデン. (2007年4月5日).
  121. ^ a b “文化ホール所有権訴訟、双方が控訴”. 十勝毎日新聞 (十勝毎日新聞社). (1998年1月9日)
  122. ^ “長崎屋、9月下旬から新PB食品など214品目発売”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1995年9月1日)
  123. ^ 日経流通新聞 2002年(平成14年)6月20日 9面 長崎屋応援歌、大きくなれサンバード!より

外部リンク編集