長崎時事新聞(ながさきじじしんぶん)はかつて長崎県佐世保市に本社を置き発行されていた日刊ローカル紙。戦後、九州時事、長崎時事などと改題し、長崎県内各地に支局網を敷き、長崎市への進出をはかるが、1968年7月「長崎新聞」に吸収合併され廃刊。

歴史編集

関係する人物編集

  • 中田正輔 - 佐世保軍港新聞時代の記者、軍港新聞主筆。戦後、佐世保市長を務めた。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 四社合同して長崎日報が発足(昭和17年4月1日 九州日報『昭和ニュース辞典第8巻 昭和17年/昭和20年』p660 毎日コミュニケーションズ刊 1994年