メインメニューを開く

長崎氏(ながさきし)は、鎌倉時代北条氏得宗家の御内人[1]桓武平氏と称して、得宗被官である同族とされる平氏についてもこの項で扱う。

平氏・長崎氏
家紋
五瓜に唐花
本姓 桓武平氏資盛流
おなじく維衡流平姓関氏
家祖 平盛綱
種別 武家
主な根拠地 伊豆国田方郡長崎郷
著名な人物 平頼綱
長崎円喜長崎高資長崎高重
凡例 / Category:日本の氏族

概要編集

平清盛の孫の資盛の系統と称した北条得宗家の家令となった平盛綱を祖とする。鎌倉時代になり、姓とは別に苗字が一般化した時代となると、本姓である平姓とは別に伊豆国田方郡長崎郷(現在静岡県伊豆の国市)の地を得て長崎氏を称したのに始まるという[1]。北条得宗家の筆頭身内人である内管領の家系となり、盛綱の孫の平頼綱や曾孫である長崎円喜など鎌倉時代後期に将軍家や北条得宗家以上の権勢をふるった。

盛綱については、『尊卑分脈』では資盛の子、『系図纂要』では資盛の曾孫(資盛―盛国―国房―盛綱)とされており、後者では平姓関氏と結びつけて同族としている[注釈 1]が、そもそも資盛の子孫とする段階で、支持する説(森幸夫など[要出典])と否定する説(細川重男など[要出典])とで意見が分かれている。ただし、飯沼資宗長崎高資が資盛にあやかって「資」の字を用いている[2]ことや、『太平記』巻第10「長崎高重最期合戦の事」の中で、高資の子である長崎高重が「桓武第五ノ皇子葛原親王ニ三代ノ孫、平将軍貞盛ヨリ十三代、前相模守高時管領ニ、長崎入道円喜ガ嫡孫、次郎高重」[注釈 2]と名乗りを挙げる場面があるので、長崎氏自身は平氏の末裔という自覚を持っていたのは確かであると思われる。

平盛綱盛時頼綱宗綱については、後に内管領として権勢を振るう長崎円喜高資父子と同族であるため、便宜上長崎氏に含められるが、彼らを長崎姓で呼ぶのは正式ではない(この点については後述を参照)。

歴史編集

平盛綱は、北条泰時経時時頼の3代の得宗に仕えた。承久の乱で、泰時が出立の時に従った18騎の一人となる。伊賀氏の変宮騒動でも活躍した。1234年文暦1年)8月5日には、尾藤景綱のあとを受けて泰時の家令となり、御内人の頂点に立った[1]

盛綱の子の平頼綱得宗北条時宗貞時の家令(内管領)となり、1285年弘安8年)に幕府の有力御家人である安達泰盛霜月騒動で滅ぼして幕府の実権を握ったが、1293年永仁元年)貞時に襲撃されて自害した(平禅門の乱)。

その後、頼綱の従兄弟(弟とも、叔父とも)にあたる長崎光綱の子長崎円喜とその子長崎高資の父子が内管領となって幕政の実権を握ったが、『太平記』によれば、1333年元弘3年/正慶2年)5月に新田義貞に鎌倉を攻められて幕府が崩壊し、北条氏一門とともに鎌倉東勝寺で自害して滅亡した。なお、『太平記』では高資の子高重の奮戦や一族の長崎思元為基親子の奮戦を記しているが、高資の動向に関しては記されていない。

室町時代には頼綱の弟・重綱の系統が生き残り、奥州名取郡の領主で江戸時代には仙台藩士となった秋保氏も一族であると言われている[要出典]

他方、現在の長崎県や長崎市の名の由来となっている九州長崎氏は、九州千葉氏の流れとされている[要出典]が、鎌倉長崎氏の一派であるとの説もある[要出典]

東京都豊島区長崎や山形県鶴岡市長崎の地名は鎌倉時代に執権北条氏の家臣長崎氏の領地であったことに由来するとされる。

得宗被官平氏一族の苗字について編集

鎌倉時代は、に代わって名字が一般化した時代であった。これは、鎌倉幕府草創の時に、初代将軍源頼朝が、自己の直属家臣である御家人に、支配者たる自己とその近親者と、被支配者たる御家人とを明確に区別するため、また、朝臣ではなく将軍の家臣であることを強く認識させるため、姓ではなく苗字を名乗るよう要求したためである(姓とは基本的に朝廷から与えられるものであり、苗字は将軍から与えられた領地の名称に発することが多い、ということに注意されたい)。この結果、例えば北条時宗が正式な名乗りである「平時宗」を用いるのは、官位を受ける時などの公式の場に限られることとなった。しかし、このことは北条氏の被官のような非御家人には求められてはいなかった。鎌倉時代を通じて、非御家人も姓ではなく例えば長崎氏や楠木氏といった苗字を名乗るようになっていくが、これは徐々に浸透して行ったのであり、苗字の由来となる要素(領地を与えられた、ある土地に移住した、一族の惣領が苗字を名乗った)がなければ、苗字を名乗らなかった(従って姓を名乗り続けた)ことは想像に難くない。

盛綱が長崎氏を称したとの説は近世史料にあるのみであり、同時代の史料にはそのような記述はない。盛綱の孫・頼綱についても同様である。長崎氏が長崎郷を領したのも、盛綱・頼綱よりも後の時代であると考えられている。よって、盛綱、頼綱と長崎という苗字とを結びつけるものはない。かといって、盛綱、頼綱が長崎とは別の苗字を名乗っていたという記録もない。盛綱、頼綱が生前に長崎氏を称したことがない以上、長崎盛綱、長崎頼綱という言い方は、一族の中で彼らよりも後の世代が長崎氏を称したことから遡ってつけた呼称ということになり、完全に誤りというわけではないが問題が残る。そこで現在は、盛綱、頼綱は本姓の平から、平盛綱、平頼綱と表記する場合が多い。これはもちろん、盛綱、頼綱が生きていた時代に平盛綱、平頼綱と呼ばれていたという意味ではない。

人物編集

平氏
  • 平盛綱
  • 平盛時
  • 平頼綱 - 『系図纂要』では盛綱の子とするが、盛時の子(盛綱の孫)とする説が有力[5][3]
  • 平宗綱 - 頼綱の子。
  • 飯沼資宗 - 宗綱の実弟。実名については助宗(追加法632条)・頼盛(『系図纂要』)・資綱(『家伝史料』「関家筋目」)とも伝わる[6]
  • 平盛貞 - 盛時や頼綱と同じく「平三郎左衛門尉」の通称を持つことから、この家系の嫡流の人物とみられる[注釈 3]。宗綱または資宗の子か。
長崎氏
  • 長崎時綱 - 盛時の兄とされる。
  • 長崎光盛 - 盛時の弟とされる(『系図纂要』では頼綱の弟とする)。
  • 長崎光綱 - 頼綱の実弟または従弟(『系図纂要』では光盛の子)とされる。
  • 長崎高泰 - 『系図纂要』では光綱の弟とする。勘ケ由左衛門尉。
  • 長崎泰光 - 高泰の子(『系図纂要』)。孫四郎左衛門尉。
  • 長崎思元 - 『系図纂要』では光綱の弟とする。北条邦時の乳母父。三郎左衛門尉。俗名については不明で、長崎頼基とする説[要出典]、『系図纂要』に掲載の長崎高光(高元とも、法名:昌元)と同一とする説がある[8]
  • 長崎為基 - 『太平記』では思元の子、『系図纂要』では高光(昌元)の子とされる(従って思元=高光か?)。勘ケ由左衛門尉。
  • 長崎師家 - 『系図纂要』には高光の弟として記載。九郎左衛門尉。名は師宗とも[要出典]
  • 長崎円喜 - 出家前の俗名については、当時の文書から「盛宗」[11]を名乗っていたとみられ、『系図纂要』等の系図類では「高綱」とされる。
  • 長崎高頼 - 円喜の弟。高時に甥・高資の暗殺を命ぜられるも失敗し、流罪となった(『保暦間記』)。
  • 長崎高資 - 円喜の嫡男。
  • 長崎高貞 - 円喜の子、高資の弟で、諱は「高真」とも。四郎左衛門尉。元弘の乱においては阿蘇治時の軍奉行として千早城攻めに参加。鎌倉陥落後に降伏したが許されず処刑された。
  • 長崎高重 - 高資の嫡男[1](『系図纂要』では高貞の子とする)。
  • 長崎泰綱 - 亀谷局(毛利時親室、毛利貞親母)の父[13]。系図上での位置は不明だが、「綱」の字を持つことから一族の者とみられる。

※系譜(系図)については『系図纂要』に掲載のものが現存しているが、この系図は信憑性が低く[14]、研究では他の史料・古文書との照合によって復元の作業も続けられている。

脚注編集

注釈編集

[ヘルプ]
  1. ^ この系図では関実忠と平盛綱を兄弟としている。また、大田南畝編『家伝史料』(『史籍雑纂』三)所収「関家筋目」も同様の傾向を示したものである。
  2. ^ 細川重男は「……平将軍貞盛ヨリ十三代」までは高時までの系譜を語ったものであり、高重自身の家系については祖父にしか触れておらず、資盛後胤説が叫ばれていないものと解釈している[3]。しかし『尊卑分脈』から高時は貞盛から16代目にあたり、貞盛から13代目というのは円喜のことを指すことが明白であるため、細川説とは正反対で、高重が平資盛の後胤を称していたことが分かる[4]
  3. ^ 正安3年(1301年3月3日付「関東下知状」(『鹿島神宮文書』)から、「新平三郎左衛門尉盛貞」の所領である常陸国佐都東郡大窪郷が平禅門の乱に伴って収公されていることが窺える[7]。(細川 2000, p. 178)にこのことについての言及がある。

出典編集

  1. ^ a b c d 奥富 1989, p. 573.
  2. ^ 細川重男 2002, p. [要ページ番号].
  3. ^ a b 細川 2000, §. 得宗家執事長崎氏.
  4. ^ 森 2008, p. [要ページ番号].
  5. ^ 森 1998, p. [要ページ番号].
  6. ^ 細川 2000, p. 424.
  7. ^ 細川 2000, p. 178.
  8. ^ 奥富 1989, p. 573; 北条氏研究会 2001, p. 117, §. 長崎思元(森幸夫著)
  9. ^ 細川 2011, p. 73.
  10. ^ 細川重男 2012, p. [要ページ番号].
  11. ^ 『小笠原礼書』「鳥ノ餅ノ日記」徳治2年(1307年7月12日条に「長崎左衛門尉盛宗」とある[9][10]
  12. ^ 東京帝国大学文学部史料編纂所編 1920, pp. 3, 18.
  13. ^ 大日本古文書』第8巻『毛利家文書之一』4号 「毛利貞親自筆譲状」、15号「毛利元春自筆事書案」[12]
  14. ^ 森 1998.

参考文献編集

  • 奥富敬之、「長崎氏」、国史大辞典編集委員会編 『国史大辞典』第10巻 吉川弘文館、1989年、573頁。ISBN 4-642-00510-2NCID BN00117433 
  • 北村美智子 「得宗被官長崎高資の活動とその政治意識について(上)」(所収:『日本史研究』18、1971年)
  • 高梨みどり 「得宗被官長崎氏の専権」(所収:『歴史教育』8-7、1960年)
  •  東京帝国大学文学部史料編纂所編『国立国会図書館デジタルコレクション 大日本古文書』家わけ八ノ一 毛利家文書之1-4、東京帝国大学、1920年11月30日。全国書誌番号:73018527NCID BN04859787OCLC 33677381
  • 北条氏研究会編 『北条氏系譜人名辞典』 新人物往来社、2001年6月。ISBN 440402908XNCID BA53156657 
  • 細川重男 『鎌倉政権得宗専制論』 吉川弘文館、2000年1月。ISBN 4642027866NCID BA44419471 
  • 細川重男「飯沼大夫判官と両統迭立--「平頼綱政権」の再検討」『白山史学』第38号、白山史学会、2002年4月、 63-87頁、 ISSN 03859460NAID 40005471389
  • 細川重男 『鎌倉幕府の滅亡』 吉川弘文館〈歴史文化ライブラリー, 316〉、2011年3月。ISBN 9784642057165NCID BB04963059 
  • 細川重男「御内人諏訪直性・長崎円喜の俗名について (中世特集 東国信濃の鎌倉時代)」『信濃』第64巻第12号、信濃史学会、2012年12月、 959-965頁、 ISSN 0288-6987NAID 40019529074(通巻755号)
  • 森幸夫、「平・長崎氏の系譜」、安田元久編 『吾妻鏡人名総覧 : 注釈と考証』 吉川弘文館、1998年2月。ISBN 4642001778NCID BA34496068 
  • 森幸夫、「得宗被官平氏に関する二、三の考察」、北条氏研究会編 『北条時宗の時代』 八木書店、2008年5月。ISBN 9784840620307NCID BA85850812 
  • 安田元久 「平頼綱と長崎高資」(所収:安田元久『鎌倉幕府 -その政権を担った人々-』、新人物往来社、1979年)
  • 安田元久編 『鎌倉・室町人名事典 コンパクト版』(新人物往来社、1990年)P.435 「長崎高重」、「長崎高資」の項(執筆:奥富敬之)
  • 山川智応 「平左衛門尉頼綱の父祖と其の位置権力および信仰 -聖人の法敵たりし政治界巨人の研究 其の一-」(『日蓮聖人研究』、新潮社、1928年)

関連項目編集