メインメニューを開く

長崎町(ながさきまち)は、かつて東京府北豊島郡に存在したの一つ。1926年大正15年)の町制施行によって誕生した。現在の東京都豊島区西部に当たる地域。

長崎町
廃止日 1932年10月1日
廃止理由 新設合併
長崎町巣鴨町西巣鴨町高田町東京市豊島区
現在の自治体 東京都豊島区
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 東京府
北豊島郡
面積 3.42km2.
総人口 29,266
(国勢調査人口、1930年10月1日)
隣接自治体 北豊島郡西巣鴨町高田町
板橋町上板橋村
豊多摩郡落合町野方町
長崎町役場
所在地 東京府北豊島郡長崎町大字長崎2883番地
座標 北緯35度43分41秒
東経139度41分26秒
 表示 ウィキプロジェクト

1889年明治22年)の市制町村制によって誕生した、前身である長崎村(ながさきむら)についても合わせて記述する。それ以前の武蔵国豊島郡長崎村についても本項で述べる。

地理編集

現在の地名では豊島区要町千川千早長崎南長崎のほぼ全域および、西池袋四丁目の西半分とその他の一部(旧・谷端川以西)、池袋の一部(旧・谷端川以西)、目白四丁目の西半分と五丁目のほぼ全域、高松の一部、板橋区南町幸町のそれぞれ一部に相当する。

武蔵野台地の東端部にあたる。大きく谷端川に囲まれる北部と南部の二つの起伏に分かれる。

歴史編集

伝承によれば鎌倉時代末期に長崎氏長崎高重知行となったため、長崎と呼ばれるようになったという。しかし、長崎村は周辺の地域とは異なり文書を残さず口伝でのみ情報を残してきたため、確証となる文書は存在しない。

室町時代の『小田原衆所領役帳』には、「太田新六郎知行江戸長崎」とあり、すでにこの地名が存在し、江戸集に組み込まれていたことがわかる。

古くから清戸道(現在の目白通りなど)から長橋道(現在の山手通りなど)が分岐するあたりに道の駅として椎名町という小名があった。

長らく農地であったが、昭和に入ってから徐々に住宅地に変貌した。

年表編集

行政編集

施設編集

  • 長崎町役場
    • もともとの長崎村役場は大字長崎2887番地にあったが、1915年(大正4年)4月に新設し移転。

経済編集

産業編集

地域編集

地名編集

  • 大字 - 長崎
    • 字 - 高松、前高松、北荒井、地蔵堂、並木、荒井、大和田、西向、境窪、北原、西原、田原、五郎窪、水道向
  • 大字 - 落合
    • 字 - 三軒家

教育編集

  • 長崎町立長崎尋常高等小学校(旧・長崎尋常小学校、現・豊島区立長崎小学校)
  • 長崎町立長崎第二尋常小学校(現・豊島区立要小学校)
  • 長崎町立長崎第三尋常小学校(現・豊島区立椎名町小学校)
  • 長崎町立長崎農業補習小学校(長崎尋常高等小学校に併設)
  • 長崎町立長崎青年訓練所

交通編集

鉄道路線編集

道路編集

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

神社編集

宗教編集

遺跡・その他編集

  • 長崎富士

体育施設編集

出身有名人編集

脚注編集

参考文献編集

関連項目編集