長崎県の市町村章一覧

ウィキメディアの一覧記事

長崎県の市町村章一覧(ながさきけんのしちょうそんしょういちらん)は、長崎県内の市町村に制定されている、あるいは制定されていた市町村章の一覧である。なお、一覧の順序は全国地方公共団体コード順による。廃止された市町村章は廃止日から順に掲載している。

市部編集

市章 由来 制定日 備考
長崎市   外形は草書体「長」を表し、鶴の港を象徴して折鶴の形を星状に配し、五つの「市」を加えたもの[1][2][3] 1900年5月2日[1][3]
佐世保市   「サセホ」を組み合わせ、意匠化たもの[1][4] 1911年10月20日[1][4]
島原市   「4マ」を表したもの[4] 1940年4月1日[4]
諫早市   「い」を図案化したもの[3] 2005年1月1日[3] 左側は濃紺色・右側は緑色が指定されている[5]
2代目の市章である
大村市   六つの「ラ」で「村」・「大」を表したもの[6][3] 1948年1月1日[3][7]
平戸市   「ひ」を図案化し、丸を表したもの[8] 2005年10月1日[8] 2代目の市章である
松浦市   「M」を図案化したもの[8] 2006年1月1日[8] 色は左の弧が緑色・右の弧が青色・上部の円が赤色に指定されている[9]
2代目の市章である
対馬市   「つ」を六つ使っているものを表している[4] 2004年3月1日[4] 色は暗緑色がかった青色が指定されている[10]
壱岐市   人間太陽を表している[3] 2004年3月1日[3] 色は人の部分は青色と・楕円は緑色・小円は赤が指定されている[11]
五島市   「G」を図案化したもの[3] 2004年8月1日[3] 色は緑色・青色・赤色が指定されている[12]
西海市   「S」を図案化かつ意匠化し、その文字に沿って五つの円を配したもの[4] 2004年8月1日[4] 色は青色が指定されている[13]
雲仙市   「U」を図案化したもの[3] 2005年10月11日[3] 色は青色・緑色・太陽は橙色が指定されている[14]
南島原市   「M」を基本にし、有明海天草灘早崎瀬戸などの海と雲仙岳などの山々を図案化したもの[8] 2006年3月31日[8] 色は群青色と赤色が指定されている[15]

町村部編集

町村 町村章 由来 制定日 備考
西彼杵郡 長与町 (著作権存続) 「ナ」を円と両翼で図案化したもの[16][4] 1967年[4] 長与村章として制定され、町制施行後に継承される
時津町   「と」を時計の針の如く図案化したもの[17][4] 1951年12月1日[4]
東彼杵郡 東彼杵町 (著作権存続) 「ヒ」・「ソ」を組み合わせ、鳥の形にしたもの[18][4] 1968年6月[4][19]
川棚町   「カワ」で円を象り、中央に「タナ」を配してから、丸くし、図案化したもの[20][3] 1957年[3] 当時の川棚町長の竹内清吾の作品である[20]
波佐見町   「ハサミ」を図案化し、「ハ」は円型・「サミ」は上に開いたもの[21][4] 1962年2月8日[4]
北松浦郡 小値賀町   「小」を図案化したもの[3] 1975年3月23日[3]
佐々町 (著作権存続) 「サ」を図案化したもの[4] 1976年4月17日[4]
南松浦郡 新上五島町   椿と「K」・「G」を表している[4] 2004年10月19日[4]

廃止された市町村章編集

市郡 町村 市町村章 由来 制定日 廃止日 備考
西彼杵郡 高島町 (著作権存続) 三つの小さな輪は高島町・鉱業所・労働者を表し、それらを囲む輪は平和と家族の円満を意味したもの[22] 1969年10月[22][23] 1996年12月2日 初代の町章である
鉱業所が閉されたことで町章として相応しくない為に変更された[22][24]
壱岐郡 郷ノ浦町   「ゴ」・郷ノ浦港を円形に図案化したもの[25][26] 1955年12月[26] 2004年3月1日
勝本町 (著作権存続) 「か」を左右の翼の形に図案化したもの[27][26] 1973年9月[26]
芦辺町   三つの「ア」を図案化したもの[26] 1961年9月[26][28]
石田町 (著作権存続) 「イシ田」を組み合わせ、意匠化したもの[26] 1967年[26]
下県郡 厳原町 (著作権存続) 「イヅハラ」を図案化したもの[29] 1967年3月30日[30][31]
美津島町   「つ」の組み合わせにより全体が出来、中側に浅野湾を頂いたもの[32][33] 1964年4月[34]
豊玉町 (著作権存続) 全体は「と」を図案化し、「▼」は末広がり・「C」は玉を表したもの[35] 1970年9月10日[36] 1970年3月10日に公表され、同年9月10日に制定される[36]
豊玉村章として制定され、町制施行後に継承された
上県郡 峰町 (著作権存続) 「ミ」を図案化し、山を象る三角形を表したもの[37] 1971年3月24日[38] 峰村章として制定され、町制施行後に継承された
上県町 (著作権存続) 「カミ」を結んで図案化し、大きく広げた姿を翼で表したもの[39][40] 1967年4月[40]
上対馬町 (著作権存続) 「カミ」を鳩の形に意匠化したもの[41] 1966年11月4日[42]
福江市   「フク」を翼上に図案化したもの[43] 1954年6月10日[43] 2004年8月1日
南松浦郡 富江町   三つ組み合わせた「と」円やかな三つの曲線にして、それでサンゴを想像してから、そして、「とみ」を意味し、それらを意匠化したもの[44][45][46] 1922年9月1日[44]
玉之浦町 (著作権存続) 「玉」を異形にし、波で囲むのを象徴し、意匠化したもの[47][48] 1980年[48]
三井楽町 (著作権存続) 三つの「い」をアレンジして配置し、中央の円は「楽」を表したもの[49] 1978年10月2日[50]
岐宿町 (著作権存続) 「き」を円形に図案化し、中央の空白は町のポイントとして「和」を表したもの[51][52] 1971年[53]
奈留町 (著作権不明) 全体は宝船であり、七つの「ル」で「ナル」を表したもの[54] 不明 1973年以前には制定されていた[55]
若松町 (著作権存続) 「ワ」を便化し、波頭で納めて表したもの[56] 1966年9月25日[56] 1966年9月10日に公表され、同年9月25日に制定された[56]
上五島町   「カミ」を結んで図案化し、外側の円・内側の円は海を表したもの[57] 1966年10月1日[58]
新魚目町 (著作権存続) 上側は「ウ」を配し、両翼は「シン」を図案化し、更に下側の円は融和・平和・団結を表したもの[59] 1969年9月20日[60][61]
有川町   全体は太陽であり、「ア」を右に、「リ」を左に、外側の丸の上下を合わせて「川」を中心にいれたものである[62][63] 1961年10月17日[62] 色は地色はコバルト色であり、紋章は白色が指定されている[62]
奈良尾町   「な」を魚型に図案化したもの[64][65] 1961年11月[65]
西彼杵郡 香焼町   長崎港を表す鶴の港の中に折り鶴の形にして「こ」を図案化したもの[66] 1962年3月25日[67] 2005年1月4日 色は青色が指定されている[66]
当時、在職していた香焼町立香焼中学校の教師の作品である[68]
伊王島町   「い」を円形化て、同時に左右は伊王島・沖之島を表したもの[69][70] 1962年5月20日[67]
高島町 (著作権存続) 全体は「T」を表し、青色(町民の和を表す)の両手(町民を表す)で赤丸を差し伸べたもの[24] 1996年12月2日[67] 1996年12月2日に制定され、1997年4月1日に使用される[67][24]
色は赤色と青色が指定されている[24]
2代目の町章である
野母崎町   「の」を逞しく描き、中心部は野母崎を表したもの[71][72][73] 1956年1月1日[67]
三和町 (著作権存続) 三つの「ワ」を放射線状に組み合わせ、「○」を表したもの[74] 1969年2月11日[75][67] 当時、在籍していた長崎県立長崎南高等学校の2年生の男子生徒の作品である[75]
外海町 (著作権存続) 「外」を波上にして意匠化したもの[76] 1975年12月20日[67]
諫早市   「イ」を三つ外向きに配置し、全体を早の字に形どり、「イ三早」としたもの[77] 1940年10月28日[77] 2005年3月31日 初代の市章である
西彼杵郡 多良見町 (著作権存続) 「た」を翼上に意匠化したもの[78] 1971年[78]
北高来郡 森山町 (著作権存続) 「森」を図案化し、三方に広がる「木」を表したもの[79] 1969年4月1日[79] 色は緑色が指定されている[79]
飯盛町   「い」を図案化し、二人の人間が手を取り合った姿を図案化した円は「輪(和)」を表したもの[80][81] 1965年4月1日[82] 色は円の部分は赤色が指定されている[81]
当時の1955年3月31日から1961年7月1日まで・1964年1月25日から1966年7月21日までの飯盛町助役の山口惣右エ門の作品である[82][80]
飯盛村章(制定日不明[82])と制定され、町制施行後に継承された
高来町 (著作権存続) 円の上半分は「タ」・下半分は「カ」・中心部で「キ」を表したもの[83] 1974年12月[84]
小長井町   「小長井」を図案化したもの[85] 1956年11月[86] 小長井村章として制定され、町制施行後に継承された
西彼杵郡 西彼町   「S」を取り、西海橋に形容し、真珠を真円に描いたものを図案化したもの[87] 1965年6月1日[87] 2005年4月1日 西彼村章として制定されたものを町制施行後に継承された
西海町 (著作権存続) 「サ」を図案化し、三角形を虚空蔵山として中心に描き、円は大村湾内海五島灘縁海)に面する地勢と町民の融和を示したもの[88][89] 1975年1月1日[90]
大島町   「大シマ」を波しぶきにし、円形に図案化したもの[91][92] 1959年4月[92]
崎戸町   三つの線で「サキト」を図案化したもの[93] 1938年12月[93] 旧・崎戸町制時に制定され、新町制時に継承された
1938年10月に公表され、同年12月に制定される[94]
大瀬戸町   右の半月は、町の東に位置する多以良瀬戸雪浦の陸地を、左の円は松島を形どったもの[95] 1965年5月1日[95]
北松浦郡 吉井町   「吉井」を組み合わせたもの[96][97] 1951年12月1日[96][97] 吉井村制時の1932年吉井村立吉井小学校の新校舎の落成を記念して、校章を制定したものを1951年12月1日の町制施行時に吉井町章として採用された[96][97]
世知原町   外枠は「の実」を形どり、中心に「セ」を配している[98] 1960年11月3日[98]
平戸市   円内の文字は、南蛮貿易の時に渡航目的に使用された南蛮船と飛ぶ鳥を図案化し、「平」を表したもの[99] 1955年1月1日[100] 2005年10月1日 1955年12月20日に再制定された[99]
初代の市章である
北松浦郡 田平町   「田平」を重ねて翼の形に図案化したもの[99] 1960年5月[99]
生月町 (著作権存続) 「生月」を意匠化したもので「生」を中心に輪郭に「月」を図案化したもの[99] 1966年2月24日[99]
大島村 (著作権存続) 「大」を図案化し、下部を円形にしたもの[99] 1977年2月8日[99]
南高来郡 国見町 (著作権存続) 「クニミ」を図案化したもので、「ミ」の広がりは、羽ばたく翼を形どったもの[101] 1968年2月[101] 2005年10月11日
瑞穂町 (著作権存続) 「瑞」の周りに三つの「ホ」を配したもの[102] 1969年4月1日[102]
吾妻町 (著作権存続) 「ア」を三本組み合わせて果実を表し、「ア」の三本の縦棒は山を表したもの[103] 1974年4月1日[103]
愛野町 (著作権存続) 「ア」を変形したもの[104] 1969年1月3日[104] 1969年10月7日に1回目の公表、同年10月18日に2回目の公表、同年11月3日に制定される[105]
千々石町   左右の千千の二字で「○(和)」を形成し、相互調和の形での組合せにより、端的に表したもの[106] 1962年12月24日[106]
小浜町   国見岳・妙見岳・普賢岳の山群で「小」を形づくり、波の形は橘湾を表したもの[107][108] 1970年1月1日[108]
南串山町   「串山」を力強く形どり、山の中心線を下部へ指して「南」を表現したもの[109] 1963年10月1日[109]
南高来郡 有明町 (著作権存続) 「A」を図案化したもの[110] 1966年3月[110] 2006年1月1日
松浦市   「ま」を図案化したもの[100] 1955年12月26日[100] 色は群青色が指定されている[111]
初代の市章である
北松浦郡 福島町 (著作権存続) 町の花であるツバキを形どり、花弁で「ふ」を表したもの[112][113] 1966年5月27日[113][114][112]
鷹島町 (著作権存続) 「タカ」を波頭と羽ばたく翼を想像し、意匠化したもの[115][113] 1978年6月1日[115][113] 2代目の町章である
西彼杵郡 琴海町 (著作権存続) 「琴」を飛躍の鳥に象ったもの[116] 1966年11月[116] 2006年1月4日 琴海村章として制定されたものを町制施行後に継承された
南高来郡 加津佐町   「加」を中心に「ツサ」で丸く囲みの型で安定させたもの[117] 1961年6月1日[117] 2006年3月31日
口之津町   「口」を図案化し、口之津港を表したもの[118] 1889年4月1日[119]
(推定日[119]
口之津村章として制定され、町制施行後に継承される[119]
1889年4月1日町村制施行頃に制定されたもので明確な日付は不明である[119]
南有馬町   「ミナミ」を左がきに三組に読めるように円形に描き、「十」は原城十字架を表したもの[120][121][122] 1960年前後 1964年以前に制定されていた
(公募で制定された)
北有馬町 (著作権存続) 「北」を表したもの[117] 1966年6月[117] 北有馬村章として制定されたものを町制施行後に継承された
西有家町   二個の「ア」で「西」の形に構成し、中央は「エ」を配し、波頭を表したもの[117] 1962年4月19日[123][117]
有家町   「あ」を図案化したもの[117] 1965年9月30日[124][117]
布津町 (著作権存続) 「ふ」を円形に図案化し、全体は地形を表したもの[117][125] 1980年1月31日[125] 1980年4月1日に再制定された[117]
深江町 (著作権存続) 「深」を図案化したもの[117] 1967年8月11日[117][126]
北松浦郡 宇久町   「う」を円形に図案化したもの[127] 1955年[128] 1977年1月に再制定された[129]
小佐々町   「小」を三重の円で中央に置き、「ササ」を図案化したもの[130][131] 1950年[131] 当時の日鉄矢岳炭鉱の社員の作品である[132]
北松浦郡 江迎町   「エムカエ」を表し、「カ」は町の活力・両方の「エ」は翼の形を表している[133][3] 1965年4月1日[3] 2010年3月31日
鹿町町 (著作権存続) 「シカ」を組み合わせて円に纏め、図案化したもの[134][3] 1967年10月1日[3]

参考文献編集

書籍編集

  • 『図典 日本の市町村章』小学館辞典編集部、小学館、2007年1月10日、初版第1刷。ISBN 4095263113
  • 中川幸也『シリーズ人間とシンボル第2号「都市の旗と紋章」』中川ケミカル、1987年10月11日。
  • 丹羽基二『日本の市章 (西日本)』保育社、1984年5月5日。
  • 望月政治『都章道章府章県章市章のすべて』日本出版貿易株式会社、1973年7月7日。
  • NHK情報ネットワーク『NHKふるさとデータブック9 [九州 1]』日本放送協会、1992年5月1日。
  • 国際図書『事典 シンボルと公式制度』国民文化協会、1968年。

都道府県書籍編集

  • 梶原馨『長崎県紋章大観』往来社、1987年11月8日。

自治体書籍編集

長崎・彼杵地方編集

  • 西海町教育委員会『西海町郷土誌』長崎県西彼杵郡西海町、2005年3月31日。
  • 長与町教育委員会『長与町郷土誌』長崎県西彼杵郡長与町、1996年3月。
  • 高島町役場・総務課企画係『高島半世紀の記憶 町制施行50周年記念誌』長崎県西彼杵郡高島町、1999年3月。
  • 高島町総務課『高島町勢要覧1998』長崎県西彼杵郡高島町、1998年12月。

高来地方編集

  • 飯盛町企画課『飯盛町町勢要覧』長崎県北高来郡飯盛町、2001年3月。
  • 南有馬町役場『南有馬町史』長崎県南高来郡南有馬町。
  • 南有馬町教育委員会『わたしたちの南有馬町』長崎県南高来郡南有馬町、1991年4月。

松浦地方編集

  • 富江町郷土誌編纂委員会『富江町郷土誌 史料編』長崎県南松浦郡富江町、2004年2月。
  • 岐宿町郷土誌編纂委員会『岐宿町郷土誌』長崎県南松浦郡岐宿町、2001年3月。
  • 小浜町『小浜町例規集』長崎県南高来郡小浜町。
  • 小浜町『小浜町勢要覧町制施行70周年記念』長崎県南高来郡小浜町、1994年3月。
  • 上五島町『上五島町例規集』長崎県南松浦郡上五島町。
  • 上五島町『上五島町郷土誌』長崎県南松浦郡上五島町、1986年3月。
  • 玉之浦町役場『玉之浦町郷土誌』長崎県南松浦郡玉之浦町、1991年4月。
  • 岐宿町役場『岐宿町郷土誌』長崎県南松浦郡岐宿町、2001年3月。
  • 奈留町教育委員会『郷土 奈留 昭和48年改訂版』長崎県南松浦郡奈留町教育委員会、1973年4月。
  • 上五島町『福島町郷土誌』長崎県北松浦郡福島町、1980年。
  • 福島町役場『福島町閉町記念誌』長崎県北松浦郡福島町。
  • 鷹島町役場『鷹島町閉町記念誌』長崎県北松浦郡鷹島町。

壱岐・対馬地方編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 都章道章府章県章市章のすべて p588
  2. ^ NHKふるさとデータブック p301
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 図典 日本の市町村章 p216
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 図典 日本の市町村章 p217
  5. ^ 諫早市章の制定
  6. ^ NHKふるさとデータブック p313
  7. ^ 大村市章
  8. ^ a b c d e f 図典 日本の市町村章 p218
  9. ^ 松浦市章
  10. ^ 対馬市市章及び対馬市旗取扱規程
  11. ^ 壱岐市章の制定
  12. ^ 五島市の市章及び市旗
  13. ^ 西海市章及び西海市旗取扱規程
  14. ^ 雲仙市の市章
  15. ^ 南島原市章及び南島原市旗取扱要綱
  16. ^ NHKふるさとデータブック p333
  17. ^ NHKふるさとデータブック p334
  18. ^ NHKふるさとデータブック p348
  19. ^ 東彼杵郡三町合併協議会の調整内容 各町の慣行の取り扱いに関すること
  20. ^ a b 長崎県紋章大観 p57
  21. ^ NHKふるさとデータブック p352
  22. ^ a b c NHKふるさとデータブック p326
  23. ^ 高島半世紀の記憶 町制施行50周年記念誌
  24. ^ a b c d 高島町勢要覧1998
  25. ^ NHKふるさとデータブック p433
  26. ^ a b c d e f g h 壱岐四町合併協議会の調整内容 各町の慣行の取扱いに関すること
  27. ^ NHKふるさとデータブック p435
  28. ^ 長崎県紋章大観 p112
  29. ^ NHKふるさとデータブック p439
  30. ^ 長崎県紋章大観 p116
  31. ^ 厳原町のあゆみ
  32. ^ 長崎県紋章大観 p117
  33. ^ 美津島町勢要覧
  34. ^ NHKふるさとデータブック p441
  35. ^ 町章・町民憲章・町の木・町の花
  36. ^ a b 長崎県紋章大観 p118
  37. ^ NHKふるさとデータブック p446
  38. ^ 長崎県紋章大観 p120
  39. ^ 長崎県紋章大観 p121
  40. ^ a b NHKふるさとデータブック p447
  41. ^ NHKふるさとデータブック p449
  42. ^ 長崎県紋章大観 p122
  43. ^ a b 福江市市章
  44. ^ a b 富江町郷土誌 史料編 p392
  45. ^ 長崎県紋章大観 p98
  46. ^ NHKふるさとデータブック p413
  47. ^ 玉之浦町の紹介
  48. ^ a b 玉之浦町郷土誌
  49. ^ NHKふるさとデータブック p417
  50. ^ 長崎県紋章大観 p100
  51. ^ まちの紹介 - 岐宿町
  52. ^ NHKふるさとデータブック p419
  53. ^ わたしたちの五島市 - 資料編> 4.明治時代からの年表 > (3)旧岐宿町
  54. ^ NHKふるさとデータブック p421
  55. ^ 郷土 奈留 昭和48年改訂版
  56. ^ a b c 若松町章の由来
  57. ^ NHKふるさとデータブック p425
  58. ^ 上五島町例規集
  59. ^ NHKふるさとデータブック p426
  60. ^ 長崎県紋章大観 p105
  61. ^ 新魚目町総合計画 基本構想・基本計画 2002
  62. ^ a b c 長崎県紋章大観 p106
  63. ^ 有川町のシンボル
  64. ^ 奈良尾町の概要
  65. ^ a b NHKふるさとデータブック p430
  66. ^ a b NHKふるさとデータブック p322
  67. ^ a b c d e f g 長崎地域合併協議会 慣行の現況
  68. ^ 長崎県紋章大観 p40
  69. ^ 長崎県紋章大観 p41
  70. ^ NHKふるさとデータブック p324
  71. ^ 長崎県紋章大観 p43
  72. ^ 野母崎町記章
  73. ^ NHKふるさとデータブック p327
  74. ^ NHKふるさとデータブック p329
  75. ^ a b 長崎県紋章大観 p44
  76. ^ NHKふるさとデータブック p346
  77. ^ a b 旧・諫早市章
  78. ^ a b NHKふるさとデータブック p331
  79. ^ a b c NHKふるさとデータブック p353
  80. ^ a b 長崎県紋章大観 p61
  81. ^ a b 飯盛町のシンボル
  82. ^ a b c 飯盛町勢要覧 2001 p15
  83. ^ NHKふるさとデータブック p357
  84. ^ 高来町のあゆみ
  85. ^ 小長井町章
  86. ^ 小長井町の歴史 - 30年のあゆみ
  87. ^ a b 西彼町章・町民の木・町民の花
  88. ^ まちのデータ - 西海町
  89. ^ 西海町郷土誌 p3
  90. ^ 西海町郷土誌 p330
  91. ^ 長崎県紋章大観 p53
  92. ^ a b 大島町の概要
  93. ^ a b NHKふるさとデータブック p342
  94. ^ 長崎県紋章大観 p52
  95. ^ a b 大瀬戸町章・ 町の花・町の木
  96. ^ a b c NHKふるさとデータブック p409
  97. ^ a b c 吉井町のシンボル
  98. ^ a b SECHIBARU せちばるの歩み 世知原町閉町記念誌
  99. ^ a b c d e f g h 北松西部地域合併協議会の調整内容 市町村の慣行の取扱いに関すること
  100. ^ a b c 都章道章府章県章市章のすべて p314
  101. ^ a b 国見町紹介
  102. ^ a b NHKふるさとデータブック p365
  103. ^ a b NHKふるさとデータブック p367
  104. ^ a b NHKふるさとデータブック p369
  105. ^ 長崎県紋章大観 p70
  106. ^ a b ようこそ - 千々石町
  107. ^ NHKふるさとデータブック p372
  108. ^ a b 小浜町例規集 小浜町章の制定
  109. ^ a b 南串山町の概要
  110. ^ a b 有明町章のいわれ
  111. ^ NHKふるさとデータブック p323
  112. ^ a b 福島町閉庁記念誌
  113. ^ a b c d 北松浦一市五町合併協議会の調整内容 各市町の慣行の取扱いに関すること
  114. ^ 福島町郷土誌
  115. ^ a b 鷹島町閉庁記念誌
  116. ^ a b 琴海町章
  117. ^ a b c d e f g h i j k l 雲仙地域合併協議会の調整内容 慣行の取扱いに関すること
  118. ^ 口之津町の概要
  119. ^ a b c d 長崎県紋章大観 p75
  120. ^ 南有馬町史
  121. ^ 長崎県紋章大観 p76
  122. ^ NHKふるさとデータブック p379
  123. ^ 長崎県紋章大観 p78
  124. ^ 長崎県紋章大観 p79
  125. ^ a b 布津町民憲章・シンボル
  126. ^ 深江町のシンボル
  127. ^ 宇久宝島 宇久町閉町記念誌 目次
  128. ^ 佐世保市・宇久町合併協議会「慣行の取扱い」について
  129. ^ 宇久町のあゆみ
  130. ^ NHKふるさとデータブック p406
  131. ^ a b 佐々町・小佐々町合併協議会 17.町の慣行の取扱に関すること
  132. ^ 長崎県紋章大観 p93
  133. ^ NHKふるさとデータブック p402
  134. ^ NHKふるさとデータブック p404

関連項目編集