メインメニューを開く

長崎県立長崎北陽台高等学校

長崎県西彼杵郡長与町高田郷にある県立高等学校

長崎県立長崎北陽台高等学校(ながさきけんりつながさきほくようだいこうとうがっこう, Nagasaki Prefectural Nagasaki Hokuyodai High School)は、長崎県西彼杵郡長与町高田郷(こうだごう)にある、公立の高等学校。略称は「北陽台」。

長崎県立長崎北陽台高等学校
Nagasaki Hokuyodai High School.jpg
国公私立の別 公立学校
設置者 長崎県の旗長崎県
校訓 二綱(自学・創造)
三領(やさしく・きびしく・たくましく)
設立年月日 1979年4月8日
開校記念日 11月2日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科・理数科
学期 3学期制
高校コード 42164C
所在地 851-2127
長崎県西彼杵郡長与町高田郷3672

北緯32度49分23.4秒 東経129度52分3.1秒 / 北緯32.823167度 東経129.867528度 / 32.823167; 129.867528座標: 北緯32度49分23.4秒 東経129度52分3.1秒 / 北緯32.823167度 東経129.867528度 / 32.823167; 129.867528
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
長崎県立長崎北陽台高等学校の位置(長崎県内)
長崎県立長崎北陽台高等学校

かつて総合選抜試験を行っていた長崎五校と呼ばれる学校の中の一つである。

設置課程・学科編集

校訓編集

  • 二綱 - 自学・創造
  • 三領 - やさしく・きびしく・たくましく

校章編集

  • スクールカラーは「青」。
  • 中央に「高」の文字。全体の形は太陽の輝きを表す。
  • 四つの曲線部は学校を囲む四方の山を図案化したものであり、また若人の鋭さと弾力性に富む特性を表す。内側に形どられた四つの鋭い光は、厳しい教育を表す。

校歌編集

  • 作詞 - 山本健吉[1]
  • 作曲 - 團伊玖磨
    • 歌詞は3番まであり、学校周辺の「琴ノ尾岳」、「長与湾」が歌詞中に登場する。校名は入っていない。

惜別譜編集

  • 作詞・作曲 - 森繁久弥(俳優)
    • 歌詞は4番まである。
    • 森繁久弥と長崎北陽台高校の元PTA副会長が知り合いということで実現。1981年(昭和56年)の総合落成式で講演者として森繁久弥が来校し、卒業しても酒を飲みながら歌える歌を作ろうと自ら作詞・作曲をして贈呈した。

沿革編集

昭和編集

  • 1979年昭和54年)
    • 3月 - 開校に備え、長崎東・長崎西[2]・長崎南・長崎北の4高校と総合選抜試験を実施。
    • 4月1日 - 長崎県立長崎北陽台高等学校(現校名)が開校。普通科を設置。長崎五校がそろう。
  • 1981年(昭和56年)- 総合落成式を挙行。森繁久弥を招待し、記念講演会を実施。

平成編集

  • 1989年平成元年)- ラグビー部が全国高等学校ラグビーフットボール大会(花園)に初出場。
  • 1994年(平成6年)- 野球部、夏の第76回全国高等学校野球選手権大会に長崎代表として初出場ベスト8。
  • 1995年(平成7年)- 総合選抜制度が一部改変。
    • 総合文科コースと総合理数コースを1学級ずつ開設し、受験者が直接北陽台高校を選べるようにした。
    • 推薦入試を実施。
  • 2002年(平成14年)3月 - この時の入試をもって、総合選抜試験を廃止。最後の総合選抜試験となった。
  • 2003年(平成15年)
    • 3月 - 総合選抜の廃止に伴い、単独選抜入試を開始。一般入試での面接試験を開始。総合文科コースと総合理数コースを廃止。
    • 4月1日 - 理数科を設置。
  • 2009年(平成21年)11月13日 - 森繁久弥[3]死去に伴い、北陽台高校で追悼式を執り行う。
  • 2015年(平成27年)‐ 35回生2年次から修学旅行を国内からシンガポール・マレーシアの海外修学旅行に変更して実施。

学校行事編集

3学期制

1学期編集

  • 4月 - 始業式、入学式、対面式、歓迎遠足
  • 5月 - PTA総会、中間考査
  • 6月 - 高総体、合唱コンクール、生徒会役員選挙、期末考査
  • 7月 - オープンスクール、球技大会、終業式、三者面談、高1・高3雲仙合宿(~8月)
  • 8月 - 平和学習(9日 長崎原爆の日)

2学期編集

  • 8月末 - 開始式
  • 9月 - 文化祭、体育大会、理数科発表会
  • 10月 - 県総文祭、芸術鑑賞会
  • 11月 - 開校記念日(2日)、期末考査(~12月)
  • 12月 - 三者面談、健脚くらべ、終業式

3学期編集

  • 1月 - 高1百人一首大会、高2ハタ[4]あげ大会、大学入試センター試験、高2修学旅行(1月ないし2月:シンガポール、マレーシア)
  • 2月 - 高校推薦入試、学年末考査、同窓会入会式
  • 3月 - 卒業式、高校一般入試、球技大会、終業式(修了式)

部活動編集

運動部編集

文化部編集

活動成績編集

登山部
  • 登山部は、昭和56年1月に男子が、昭和58年に女子が創部された(過去の生徒会誌より)。男子は昭和56年の県高校総体、女子は昭和58年の県新人戦より出場した。1992年の宮崎で行われたインターハイで男子が団体男子で優勝して以来、1995年の鳥取大会での男子種目縦走での優勝、そして2003年(平成15年)に地元・長崎県で開催された長崎ゆめ総体で男子(種目縦走)が優勝、女子が準優勝と揃ってメダルを獲得するなど、全国有数の強豪校として長年に渡りインターハイで好成績を残してきた。インターハイでの上位入賞を収めた年は以下の通り。
    • 男子
      • 優勝 - 2019年(令和元年)、2017年(平成29年)、2014年(平成26年)、2010年(平成22年)、2007年(平成19年)、2003年(平成15年)、1995年(平成7年)、1992年(平成4年) ※1995年、2003年は種目縦走
      • 準優勝 - 2015年(平成27年)、2005年(平成17年)
      • 3位 - 2013年(平成25年)、2006年(平成18年)、1999年(平成11年)
    • 女子
      • 優勝 - 2004年(平成16年)
      • 準優勝 - 2019年(令和元年)、2003年(平成15年)、1996年(平成8年)、1995年(平成7年)、1986年(昭和61年)
      • 3位 - 2006年(平成18年)、2002年(平成14年)、2001年(平成13年)
  • 令和元年8月現在、男子は県高校総体15連覇中、県新人戦12連覇中(ともに最多記録更新中)、九州大会5連覇中である(優勝回数は、県高校総体31回、県新人戦28回、九州大会20回)。また、女子は県高校総体2連覇中、県新人戦3連覇中、九州大会2連覇中である(優勝回数は県高校総体21回、県新人戦24回、九州大会13回)。また、女子は過去に2度の県高校総体6連覇、県新人戦19連覇(昭和62年~平成17年)を記録したことがあるが、平成18年の県新人戦から部員不足より出場ができず、連覇が途切れた。しかし、平成28年度より女子部員が揃って現在は活動を再開し、令和元年度の宮崎インターハイで2位の結果を残すまで急成長した。
ラグビー部
  • 1989年(平成元年)に花園初出場。
  • 1991年(平成2年)に花園2度目の出場。
  • 1994年(平成6年)には3度目の出場にして決勝進出。神奈川県代表の相模台工に敗れ準優勝。以後、1998年(平成10年)まで連続5回出場。1995年(平成7年)にはベスト8進出。
  • その後、2001年(平成13年)、2003年(平成15年)、2005年(平成17年)、2007年(平成19年)に花園出場。2007年(平成19年)にはベスト4進出。また、2018年(平成30年)にはベスト8進出。これまでの実績から、高校ラグビー界では九州屈指の強豪として知られる。
野球部

制服編集

同窓会編集

  • 長崎県立長崎北陽台高等学校 同窓会
    • 関東支部
    • 関西支部
    • 福岡支部
    • 佐世保(県北)支部

著名な出身者編集

その他編集

  • みんなのうたで放映されたGacktの「野に咲く花のように」はテレビ放映の映像に北陽台高校提供の写真が利用されている。これがきっかけで2006年(平成18年)度の卒業式にはGacktが自ら同校を訪れ、「野に咲く花のように」を熱唱した。

スクールバス編集

  • 通学時間帯には、滑石・大橋・長与ニュータウン・満永などから北陽台高校敷地内までスクールバス(長崎バス)が運行されており、一般者も利用可能である。

アクセス編集

  • 最寄りのバス停
    • 長崎バス
      • 「北陽台高下」バス停で下車後、徒歩約5分。
        • 長崎市街地から1番北陽台高下経由の「本川内」「琴の尾登口」「満永」「堂崎」「多良見大浦」行きのバスに乗車。

周辺編集

  • 高田川(春になると桜が綺麗です)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 山本健吉は、生前、「この校歌を甲子園の空の下で聴きたい」と語っていたという。生前は叶わなかったが、1994年に叶えられた。(児玉昌己長崎北陽台高校の卒業式(27回)に寄せて―山本健吉と同高校歌のこと」『児玉昌己研究室』)
  2. ^ 長崎北陽台高校が開校する前の長与町には、長崎西高等学校長与分校があった。場所は現在の長与町役場周辺にあった。1949年(昭和24年)に開校し、長崎北陽台高校の開校に伴い、1979年(昭和54年)に閉校した。
  3. ^ 同校の愛唱歌「惜別譜」は森繁久彌が作詞作曲して同校に贈ったもの。1981年の校舎の落成式に、森繁が来校、「卒業してからも酒を酌み交わしながら歌える歌」をということで、作詞作曲した。歌詞には「朝やけ光る大村湾」「しのぶよすがの北陽台」など同校への愛着が表現されている。(「西日本新聞」2009年12月17日)
  4. ^ 方言で「」という意味。

関連項目編集

外部リンク編集