メインメニューを開く

長崎県第2区(ながさきけんだい2く)は、日本衆議院における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

日本の旗長崎県第2区
衆議院小選挙区 長崎県.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 長崎市(旧琴海町外海町域)、島原市諫早市雲仙市南島原市西彼杵郡
(2017年7月16日現在)
比例区 九州ブロック
設置年 1994年2017年区割変更)
選出議員 加藤寛治
有権者数 301,643人
1.27 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2018年9月登録日)
テンプレートを表示

目次

区域編集

2017年の区割り変更により、西海市4区へ移動した。

歴史編集

自由民主党久間章生中選挙区時代から連続9回当選していた。久間は防衛大臣在任中に原爆投下に関する不適切な発言で批判を受け、その後の2009年第45回衆議院議員総選挙で落選した(民主党福田衣里子が初当選)。2012年第46回衆議院議員総選挙は自民党の加藤寛治と久間の元秘書で雲仙市長の奥村慎太郎の保守分裂選挙となり、加藤が制して初当選した。

小選挙区選出議員編集

選挙結果編集

解散日:2017年9月28日 投票日:2017年(平成29年)10月22日
当日有権者数:303,574人 最終投票率:57.85%(前回比:+6.46ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
加藤寛治71自由民主党97,874票
57.3%
――公明党推薦
山口初實69希望の党57,538票
33.7%
58.8%民進党長崎県総支部連合会推薦
近藤一宇68日本共産党15,261票
8.9%
15.6%

解散日:2014年11月21日 投票日:2014年(平成26年)12月14日
当日有権者数:327,027人 最終投票率:51.39%(前回比:-9.15ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
加藤寛治68自由民主党86,359票
52.8%
――公明党推薦
大久保潔重48民主党65,924票
40.3%
76.3%
矢崎勝己65日本共産党11,228票
6.9%
13.0%

解散日:2012年11月16日 投票日:2012年(平成24年)12月16日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
加藤寛治66自由民主党93,448票
48.2%
――公明党推薦
奥村慎太郎58無所属51,002票
26.3%
54.6%×
川越孝洋69民主党36,602票
18.9%
39.2%国民新党推薦
矢崎勝己63日本共産党9,240票
4.8%
9.9%
森文義63無所属3,625票
1.9%
3.9%×

解散日:2009年7月21日 投票日:2009年(平成21年)8月30日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
福田衣里子28民主党120,672票
50.4%
――
久間章生68自由民主党106,206票
44.3%
88.0%
相浦喜代子45無所属5,703票
2.4%
4.7%×
山崎寿郎29無所属5,070票
2.1%
4.2%×
柴田愛35幸福実現党1,947票
0.8%
1.6%

解散日:2005年8月8日 投票日:2005年(平成17年)9月11日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
久間章生64自由民主党123,234票
54.8%
――
大久保潔重39民主党88,472票
39.4%
71.8%
渕瀬栄子49日本共産党13,088票
5.8%
10.6%

解散日:2003年10月10日 投票日:2003年(平成15年)11月9日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
久間章生62自由民主党126,705票
65.3%
――
熊江雅子65社会民主党50,772票
26.2%
40.1%
石丸完治54日本共産党16,565票
8.5%
13.1%

解散日:2000年6月2日 投票日:2000年(平成12年)6月25日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
久間章生59自由民主党154,517票
75.8%
――
江頭学61日本共産党33,572票
16.5%
21.7%
駒井正樹52自由連合15,648票
7.7%
10.1%

解散日:1996年9月27日 投票日:1996年(平成8年)10月20日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
久間章生55自由民主党104,538票
51.4%
――
初村謙一郎42新進党84,375票
41.5%
80.7%
清水秀記45日本共産党14,468票
7.1%
13.8%

関連項目編集