メインメニューを開く

長崎県道26号佐世保港線

日本の長崎県の道路

長崎県道26号佐世保港線(ながさきけんどう26ごう させぼこうせん)は、長崎県佐世保市を通る県道主要地方道)である。

主要地方道
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
長崎県道26号標識
長崎県道26号 佐世保港線
主要地方道 佐世保港線
地図
Nagasakiroad026map.jpg
起点 佐世保港佐世保市平瀬町)【地図
終点 佐世保市松浦町【地図
接続する
主な道路
記法
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
都道府県道11号標識
長崎県道11号佐世保日野松浦線
Japanese National Route Sign 0035.svg 国道35号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

目次

概要編集

松浦町と佐世保米軍駐屯地を結ぶ陸上距離が421mの路線である。地元では通称国際通りとも呼ばれている。

このような経緯から、幅員は極端に広く、松浦町 - 上町間の旧国道区間は6車線、平瀬町内の旧鎮守府構内道路区間は中央分離帯つき4車線。6車線区間は県道11号へのアプローチのために車線変更を行う車が錯綜する。佐世保市消防局1989年移転)、佐世保市総合医療センター1990年移転)、佐世保中央インターチェンジ2010年設置)などが沿線に位置し、交通量は増加している。

路線データ編集

歴史編集

戦前の旧国道33号(松浦町 - 上町間)と佐世保鎮守府構内道路(平瀬町内)をルーツとする。佐世保市役所前まで直進する現国道35号と違い、旧33号は現松浦町交差点で西に曲がり、佐世保鎮守府正門を終点としていた。構内道路は正門から平瀬埠頭まで続いている。1952年昭和27年)12月4日、新道路法に基づく路線指定で、旧33号は一級国道35号(佐賀県杵島郡武雄町(現 武雄市) - 長崎県佐世保市)として指定された。この際、35号の終点が市役所前に変更され、取り残された旧33号末端部分と構内道路は1954年昭和29年)1月29日、主要地方道第1次指定により県道佐世保港線となった。ただし、旧ジョスコー線線路敷を境界として南側は米軍基地として接収されたため、一般車両の通行は新設された米軍ゲートまでに限定される。

上町で分岐する現県道11号は戦前から通じており、鎮守府正門手前から分岐して鎮守府構内を山沿いに迂回するルートをたどっていた。このため、松浦町 - 上町は県道11号との重複区間であり、26号の独立区間は平瀬町内のみの時代が長く続いた。県道11号が西九州自動車道の開通に伴い、佐世保みなとインターチェンジを起点に変更したため、今度は逆に、平瀬町内が重複区間、松浦町 - 上町間が26号の独立区間となっている。SSKバイパス(市道佐世保相浦循環線)は県道11号のバイパスとして建設され、米軍ゲート前を起点として1969年(昭和44年)に開通した。

年表編集

路線状況編集

橋梁編集

  • 佐世保橋

重複区間編集

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

 
長崎県道26号(佐世保市元町)

沿線にある施設など編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省

関連項目編集