長崎電気軌道1050形電車(ながさきでんききどう1050がたでんしゃ)は、1976年(昭和51年)に登場した長崎電気軌道路面電車車両。1976年に同年3月で営業廃止となった仙台市電モハ100形電車を譲り受けて誕生した。

長崎電気軌道1050形電車
長崎電気軌道1050形1051号.jpg
1050形1051(仙台市電塗装)
基本情報
運用者 長崎電気軌道
製造所 新潟鐵工所[1]
種車 仙台市交通局モハ100形電車[2]
製造年 1952年(昭和27年)[2]
導入年 1976年(昭和51年)[2]
総数 5両[2]
主要諸元
軌間 1,435 mm(標準軌
電気方式 直流600 V[1]架空電車線方式
車両定員 84人(座席28人)[3]
車両重量 14.0t[3]
最大寸法
(長・幅・高)
11,400 × 2,174 × 3,665 mm[3]
車体 普通鋼(半鋼製)[4]
台車 K-10[3]
主電動機 直流直巻電動機 SS-50[1]
主電動機出力 38 kW(一時間定格)[1]
搭載数 2基 / 両[1]
駆動方式 吊り掛け駆動
歯車比 59:14[5]
制御装置 直接制御 KR-8[1]
制動装置 直通ブレーキ SM-3、電気[1]
テンプレートを表示

概要編集

1976年3月に廃止された仙台市電仙台市交通局)のモハ100形電車5両(117 - 119・121・124)を、西鉄北九州線100形の廃車発生品であるK-10型台車を組み合わせた、ワンマン運転対応の半鋼製ボギー電車である[2][6]

車体を流用した仙台市電モハ100形は、1952年(昭和27年)7月に新潟鐵工所で製造された旧モハ80形(1954年にモハ100形へと形式変更)で、製造当初は前面3枚窓、前後扉だったものを、1969年(昭和44年)のワンマン化改造で左右非対称の変則2枚窓、前中扉となり[4]、1976年の廃止時まで使用された。

長崎電気軌道での運行開始にあたり、仙台市電とは軌間とワンマン装備が異なることから、福岡県の西鉄産業で、台車変更とそれに伴う台枠部の改造、台車まわりの側板切込みの拡大、固定式前面窓の一部開閉式化、ワンマン設備の長崎仕様化などが実施されている[2][7]。また、一部の機器は自社保有の予備品に取り替えられている。

形式は当初「900形」が予定されていたが、9という数字が苦・窮といったマイナスイメージを連想させることから、仙台にちなんだ「1000」と、譲渡・運行開始の1976年の元号である「昭和51年」にちなんだ「50」を組み合わせて「1050形」と命名された[7]

運行と現状編集

1976年10月6日に仙台市交通局職員参加のもと運行開始式が行われ、その後一般の営業運転に投入された[7]。冷房装置を装備していないことから、1982年(昭和57年)の1200形登場以降は稼働率が低下し[8]1990年(平成2年)以降は老朽化により廃車が発生した[9]

2016年4月現在、1051の一両が在籍する[10]。同車は1985年(昭和60年)に開業70周年記念事業の一環として仙台市電当時の塗色に戻されている[8]。冷房装置がないため通常の営業運転では使用されないが、イベント時などには臨時運行される。 方向幕が小さいため系統番号を併記できず、系統板を掲出して表示する。長崎スマートカードにも対応済み。

東北地方が甚大な被害を受けた東日本大震災発生直後の2011年(平成23年)3月24日から4月20日にかけて、この車両がかつて仙台市を走っていたことにちなみ、「がんばれ!!東北号」として東日本大震災東北地方太平洋沖地震)被災地支援のための募金箱を設置して運行された[11]。最終的に32万1230円の義援金が寄せられている[11]

動態保存の維持管理が困難になったため2019年(平成31年)3月30日にさよなら営業運転を行い、翌31日をもって引退した[1]が、2019年4月1日時点で除籍はなされていない[12]

車歴表編集

  • 2016年4月現在
番号 仙台市電における番号
(括弧内はモハ80形時代)
製造年月 長崎電軌への入籍日 備考
1051 117(96)[13][9] 1952年7月 [14][13] 1976年12月25日[9]
1052 118(97)[13][9] 1976年12月7日[9] 1993年9月1日付で除籍[9]
1053 119(98)[13][9] 1976年10月29日[9] 2000年12月30日付で除籍[9]
宮城県仙台市秋保温泉駅跡で保存[15]
1054 121(100)[13][9] 1976年11月25日[9] 1990年12月5日付で除籍[9]
オーストラリア・シドニー路面電車博物館で動態保存[15]
1055 124(103)[13][9] 1976年10月5日[9] 1990年12月3日付で除籍[9]
佐賀県鹿島市の保育園で保存[15]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g 100年史, p. 153.
  2. ^ a b c d e f 田栗 1977, p. 52.
  3. ^ a b c d 100年史, p. 152.
  4. ^ a b 路電ガイド, p. 51.
  5. ^ 100年史, p. 159.
  6. ^ 路電ガイド, p. 283.
  7. ^ a b c 田栗 1977, p. 53.
  8. ^ a b 崎戸 1987, p. 112.
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 100年史, p. 150.
  10. ^ 会社概要 (PDF)”. 長崎電気軌道 (2016年4月1日). 2017年4月24日閲覧。
  11. ^ a b 堀切 2015, p. 64.
  12. ^ 長崎電気軌道「令和元年 会社概要」15ページ
  13. ^ a b c d e f 崎戸 1987, p. 147.
  14. ^ 路電ガイド, p. 374.
  15. ^ a b c 笹田 2011, p. 121.

参考文献編集

  • 東京工業大学鉄道研究部『路面電車ガイドブック』誠文堂新光社、1976年、403頁。
  • 田栗優一「仙台市電長崎電軌へ」『鉄道ピクトリアル 1977年5月号』第27巻第5号、鉄道図書刊行会、1977年5月。
  • 交友社鉄道ファン』1986年2月号(通巻298号)小林隆雄 シリーズ 路面電車を訪ねて 8 長崎電気軌道
  • 崎戸秀樹『長崎の路面電車』長崎出版文化協会、1987年。
  • 電気車研究会鉄道ピクトリアル』1986年5月号(通巻463号)越智昭 開業70周年 長崎電気軌道 車両(旅客車)の変遷
  • 笹田昌宏「路面電車の歴史的車両」『鉄道ピクトリアル 2011年8月臨時増刊号』第61巻第8号、鉄道図書刊行会、2011年8月。
  • 堀切邦生「特集長崎電気軌道100周年」『路面電車EX Vol6』、イカロス出版株式会社、2015年11月。
  • 長崎電気軌道株式会社『長崎電気軌道100年史』、2016年。

外部リンク編集