長崎 - 佐世保線

長崎 - 佐世保線(西肥自動車)

長崎 - 佐世保線(ながさき - させぼせん)は、長崎県長崎市佐世保市を結ぶ高速バス路線である。特に愛称が設定されていないため普通「長崎-佐世保線」と呼ばれるが、場合によっては本来運行系統の区別上の名称である「スーパーノンストップ号」などと呼ばれることもある。長崎県交通局(長崎県営バス)と西肥自動車(西肥バス)によって共同運行されており、西肥自動車運行便のうち北松浦郡佐々町まで乗り入れる便が、佐々バスセンター発始発5便と同着終着5便ある。

本記事では、長崎市と佐世保市のハウステンボスを結ぶ長崎 - ハウステンボス・ウインズ佐世保線についても記述する。

目次

長崎 - 佐世保線編集

長崎自動車道西九州自動車道を経由して長崎市長崎駅前佐世保市佐世保バスセンター佐世保駅前)の間を結ぶ路線で、西肥自動車運行の一部の便は佐々バスセンターまで乗り入れる。

座席定員制で(予約は不要だが、定員を超えると乗車できない)、長崎スマートカードSUNQパス(全九州版・北部九州版)の利用が可能である。

運行会社編集

運行系統編集

運行系統は、おもに長崎市内の経路によって次の3つに分かれる(2013年6月17日現在)。

  1. スーパーノンストップ(ながさき出島道路経由)
    • ながさき出島道路経由で、長崎駅前と佐世保バスセンター間を最速(1時間25分)で結ぶ系統。長崎行き6本(1本は土休日運休)、佐世保行き6本のみ運行。当初は長崎県交通局のみの運行だったが、西肥自動車も運行を開始した。長崎行きのうち1本(土休日運休)は佐々バスセンター発。
  2. ノンストップ(昭和町経由)
    • 長崎バイパス(川平 - 長崎多良見IC)経由。最も運行本数の多い系統で、長崎行きは中央橋が終点になる。毎時1 - 2本程度運行(佐世保行きは1本が土休日運休)。所要時間は1時間30分台(佐世保-中央橋間)。
  3. 波佐見有田IC経由
    • ノンストップ(昭和町経由)と運行経路は同じだが、波佐見有田ICに停車する。1日4往復の運行で、1往復が佐々バスセンター発着。所要時間は1時間40分程度(佐世保-中央橋間)。

停車停留所編集

▼:佐世保(佐々)行きは乗車のみ、長崎行きは降車のみ可能
▽:長崎行きの降車のみ可能
▲:長崎行きは乗車のみ、佐世保(佐々)行きは降車のみ可能
◆:双方向に乗降可能
|:通過
∥または無印:経由せず
停車停留所名 停留所所在地 スーパー
ノンストップ
ノンストップ 波佐見有田IC
経由
備考
中央橋 長崎県 長崎市  
長崎駅前  
大波止  
浦上駅  
大橋  
長大東門前  
昭和町  
波佐見有田IC 東彼杵郡波佐見町
卸本町入口 佐世保市  
日宇駅
佐世保バスセンター  
京町 ※佐々バスセンター発着便のみ停車
島瀬町
松浦町(国際通り)
佐々インター 北松浦郡佐々町
佐々バスセンター

運行経路編集

車内設備編集

  • 4列シート、トイレなし
  • 西肥自動車運行便の一部に、コンセントやUSBポート付き車両がある。

沿革編集

前身は、一般道(国道34号国道205号)を通って長崎佐世保諫早大村経由で結ぶ特急・急行バス路線で、長崎県交通局西肥自動車の相互乗り入れによって運行されていた。一部の便は旧北松浦郡田平町(現・平戸市)の平戸口桟橋まで、1977年平戸大橋開通以降は平戸桟橋まで(西肥自動車のみ)直通運転されていた。

その後、1982年長崎自動車道長崎多良見IC大村IC間)の部分開通により、長崎~佐世保間の特急バスを置き換える形で高速バスの運行を開始。1990年には長崎自動車道武雄北方IC~大村IC間と西九州自動車道武雄JCT佐世保大塔IC間)の開通によって経路を変更し、現在の「ノンストップ(昭和町経由)」とほぼ同じ経路を運行するようになった。同時に平戸までの直通便の一部も高速バスに置き換えられ、またこの頃までは一般道経由の急行バスも存続していたが、平戸直通便は翌1991年に、急行バスも平戸口桟橋までの直通便も含めて1996年に廃止された。

高速バスは徐々に増便され、1992年には長崎市内を長崎県道235号昭和馬町線 - 西山町出入口 - 長崎バイパス - 長崎多良見IC - と経由する「スーパーノンストップ(西山バイパス経由)」が運行開始した。

2007年には佐々バスセンターまでの延長運転(西肥自動車のみ)、およびながさき出島道路経由の「スーパーノンストップ」の運行(長崎県交通局のみ)が開始された。2011年11月1日のダイヤ改正により、それまで「スーパーノンストップ」であった西山バイパス経由が「ノンストップ」へと変更され、所要時間が10分延びた。2012年1月10日には佐々バスセンター発着便の始発地が佐々インターに変更された。

2013年6月17日のダイヤ改正による大幅なリニューアルで「スーパーノンストップ(ながさき出島道路経由)」が増便されることに伴い、「ノンストップ(西山バイパス経由)」便が廃止された。これにより、「諏訪神社前」バス停留所は廃止され「中央橋」バス停留所は降車専用となった。また、西肥自動車も「スーパーノンストップ(ながさき出島道路経由)」を運行開始し、長崎行の1本(※土日祝運休)は佐々バスセンター発となった。また、降車専用だった「大橋」バス停留所が乗降可能となり、さらに昭和町~大橋間に「長大裏門前」(現「長大東門前」)バス停留所が設置された。

2014年10月1日のダイヤ改正より、佐世保バスセンター~佐々インター・佐々バスセンター間の乗降が可能になった。また、長崎行最終便の始発地が佐々インターから佐世保バスセンターに変更になった。

長崎 - ハウステンボス・ウインズ佐世保線編集

佐世保市のテーマパーク ハウステンボス長崎市を結ぶバス路線。2010年3月をもって一旦路線が廃止されたが(後述)、同年10月に長崎県交通局が単独で運行再開した。

土曜祝日お盆年末年始限定の1日2往復の運行。「長崎 - 佐世保線」と同様、座席定員制で長崎スマートカードSUNQパス(全九州版・北部九州版)の利用が可能である。

運行会社と担当営業所編集

所要時間編集

  • 長崎駅前 - ハウステンボス:1時間21分(1時間25分)
※カッコ内の数字はハウステンボス発便のものである。

車内設備編集

  • 4列シート、トイレなし

停車停留所編集

運行経路編集

沿革編集

ハウステンボスの開園と同日の1992年(平成4年)3月25日に長崎県交通局西肥自動車の共同で1日18往復(県営9往復・西肥9往復)運行を開始した。しかし、並行するJR九州長崎本線大村線快速・普通列車に比べ利用は低迷し、減便を繰り返した。2005年(平成17年)3月31日、長崎県交通局が路線撤退して西肥自動車の単独運行となり、その後ウインズ佐世保(中央競馬開催日のみ)まで乗り入れて収支改善を図ろうとしたが、2009年に施行された「ETC休日割引(1000円高速)」によりマイカー利用が増加した影響でさらに収支が悪化し、2010年(平成22年)4月1日、路線を廃止した。なお、この時点での停車地は長崎駅前、中央橋、諏訪神社前、彼杵本町、川棚バスセンター、ハウステンボス、ウインズ佐世保(中央競馬開催日のみ、一部の便を除く)。

その後、同年10月2日、長崎県交通局が単独で土曜・日祝日・お盆・年末年始限定の1日2往復で運行再開した。

外部リンク編集