メインメニューを開く

長 弘(ちょう ひろし、1923年2月8日 - 1977年5月5日)は、日本俳優。本名は長正夫。初期の芸名は植村進東京市芝区生まれ[1]

ちょう ひろし
長 弘
本名 長正夫
別名義 植村進
生年月日 (1923-02-08) 1923年2月8日
没年月日 (1977-05-05) 1977年5月5日(54歳没)
出生地 東京府東京市芝区(現・東京都港区
職業 俳優
活動期間 1951年 - 1977年
テンプレートを表示

目次

来歴編集

中央大学法学部在学中に学徒出陣で飛行将校となる。戦後は俳優を志し、片岡千恵蔵に弟子入りし、東横映画(のちの東映京都)に入社。芸名を植村進として、『八ツ墓村』(1951年)などに出演[1]

1955年に破門となり、日活に移籍。『風船』『逆光線』(1956年)出演後、芸名を長弘に改める。『地獄の罠』(1958年)『拳銃無頼帖 抜き打ちの竜』(1960年)『若い爪あと』(1962年)『姿なき拳銃魔』『肉体の門』(1964年)『東京流れ者』(1966年)『拳銃は俺のパスポート』『命しらずのあいつ』(1967年)『縄張はもらった』(1968年)『斬り込み』『怪談昇り竜』『反逆のメロディー』『野良猫ロック セックスハンター』(1970年)『関東幹部会』『流血の抗争』(1971年)などの日活アクションの悪役で活躍する。

1971年夏に日活は映画製作を中止。秋からはロマンポルノに転向。以後も日活に残り、『色暦女浮世絵師』(1971年)『花弁のしずく』『セックス・ハンター 濡れた標的』(1972年)『㊙女郎責め地獄』『戦争と人間・完結篇』(1973年)『あばよダチ公』(1974年)『性と愛のコリーダ』(1976年)などに出演。

1977年5月5日、心筋梗塞で死去。その前日まで『ホテル強制わいせつ事件 犯して!』(1977年)に出演していた。

出演編集

脚注編集

  1. ^ a b 長弘 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」コトバンク

外部リンク編集