メインメニューを開く

長曽祢興里(ながそね おきさと、不明 - 延宝6年(1678年6月24日[1])、長曽弥虎徹興里(ながそね こてつ おきさと)、長曽祢興里虎徹(ながそね おきさと こてつ)、あるいは長曽祢興里入道虎徹(ながそね おきさとにゅうどう こてつ)[2]、は、江戸時代寛文刀工[1]剃髪して入道名を虎徹と名乗った[3]

一般には近江国長曽祢村出身とされるも、近江越前両説が存在する[1]。元々長曽祢一族は雑鍛冶の集団で甲冑師を生業としたが、興里は江戸に移住する[1]

和泉守兼重を師とする説が定説とされている[4][5]新刀第一の名工とされる[5]

目次

作品編集

  • 刀 銘長曾禰興里入道虎徹 - 重要文化財:和歌山県紀州東照宮、重要文化財(01444)[6]
  • 刀 銘長曾祢興里入道乕徹 - 重要文化財:岡山県、個人蔵、重要文化財(01129)[6]
  • 刀 銘長曽禰興里入道乕徹 - 重要文化財:東京都刀剣博物館、重要文化財(01651)[6]
  • 刀 銘長曾禰興里入道乕徹 - 重要文化財:京都府京都国立博物館、重要文化財(01824)[6]
  • 刀 銘住東叡山忍岡辺長曾禰虎入道 寛文拾一年二月吉祥日 - 富山県森記念秋水美術館所蔵、重要文化財(01610)[6][7]
  • 刀 銘虎徹 - 岩国美術館所蔵、日本刀重要美術品[8]
  • 浦島虎徹 - 1尺1寸4分の脇差[9]。刀銘は「長曽祢奥里 万治三年十二月日 同作彫之」[9]。刺し表に浦島太郎とされる人物が彫られている[9]鳥取藩池田家伝来[9]

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

  1. ^ a b c d 飯田 2016, p. 83.
  2. ^ デジタル大辞典「虎徹」、2018年12月11日閲覧。
  3. ^ 脇差 銘 長曽禰興里入道乕徹 文化遺産オンライン(文化庁)
  4. ^ 飯田 2016, p. 85.
  5. ^ a b 日本大百科全書(ニッポニカ)「長曽禰虎徹」、2018年12月11日閲覧。
  6. ^ a b c d e 国指定文化財等データベース 文化庁
  7. ^ 収蔵作品
  8. ^ 刀 銘・虎徹
  9. ^ a b c d 福永酔剣 『日本刀大百科事典』1巻 雄山閣出版、1993年11月20日、156頁。ISBN 4-639-01202-0 

参考文献編集

関連項目編集