メインメニューを開く

長江 義景(ながえ よしかげ)は、鎌倉時代前期の武士

 
長江義景
時代 鎌倉時代前期
生誕 不詳
死没 不詳
別名 太郎
墓所 神奈川県逗子市福厳寺
氏族 桓武平氏良文流長江氏
父母 父:大庭景継(鎌倉景継、一説に鎌倉景明
母:不詳
兄弟 諸説ある
正室:三浦義明の娘
明義師景長尾五郎(桑良景行)

概要編集

長江義景は鎌倉氏の一族である。大庭(鎌倉)景継を父とする説と鎌倉景明を父とする説がある。当時の鎌倉党は養子関係が多く、系図は錯綜ぎみである。葉山町に館を構えてから長江を名乗ったらしい。

源平合戦では、縁戚の三浦氏と協力して源頼朝に与する。衣笠城の戦いでは敗れたが、そこから敗走したあと頼朝に合流し、鎌倉幕府黎明期の重臣となった。

頼朝が征夷大将軍になった後、義景は伊勢大廟神宝奉行となった。また、義景は弓の名手としても高名であり、頼朝の信任が厚かった。

義景には3人の男子が居たが、明義の系統は宝治合戦で滅亡、景行桑良氏を称し、唯一師景の系統が長江家の家名を後世に伝えた。