メインメニューを開く

長沼線(ながぬません)は、国鉄バス北海道旅客鉄道ジェイ・アール北海道バスJRバス)の自動車路線である。

札幌都市圏の路線のうち、主に北広島市長沼町南幌町の路線で、主に長沼営業所が担当する。2006年4月1日に各系統名設定が行われて以降、「長沼エリア」という呼称で案内されている。

概要編集

本路線の歴史は、1947年に札幌と中央長沼を結ぶ路線として開設された長広線(ちょうこうせん)に端を発し、同時に北広島自動車区が開設されている。これは北海道における開拓輸送を強化すべく開設されたものである。その後1949年までに旅客輸送についても開始、中央長沼と漁(いざり)を結ぶ長恵線(ちょうけいせん)が開通している。

1969年には札幌都市圏の利用者増に対応するため、まず札幌自動車営業所から厚別自動車営業所が分割されたが、これが札幌都市圏における国鉄バスでは数少ない都市圏輸送の端緒となった。1982年には札幌市営地下鉄の開業に伴うダイヤ改正が実施され、輸送力はさらに増強された。国道274号経由で追分駅まで至る追分線については廃止され、長沼線は札幌都市圏輸送に特化した路線となった。

一方で、長恵線のうち北広島駅 - 恵庭駅の一部区間と中央長沼 - 恵庭駅の一部区間は廃止された(恵庭市内区間は分断された)。恵庭市内区間の案内上の名称は恵庭線(えにわせん)に変更されている。また、2001年からえにわコミュニティバス(ecoバス)の運行の一部(3系統中2系統)を受託している。2003年には長恵線のうち長沼町内郊外路線が長沼町営バスに移管された。2010年12月1日から、えにわコミュニティバスの路線再編(実証運行)による統合により、恵庭線は休止となっている。

2010年現在の長沼線は、国道274号を基軸とし、北広島市郊外部や長沼町南幌町を主要鉄道駅と連絡する。大谷地駅北広島駅が主な拠点の駅である。

路線編集

長沼線編集

2019年(平成31年)4月1日現在[1][2]

札幌市交通局札幌市営地下鉄)との連絡運輸乗継割引)は、大谷地ターミナル(大谷地駅) - 上野幌駅通間、新札幌駅・青葉町2丁目(新さっぽろ駅) - 厚別南7丁目間、JR札幌駅(さっぽろ駅) - 時計台前(大通駅)間で適用[3]。乗継割引に関する概要は札幌市営地下鉄#乗継割引を参照。

北広島線
 
JR札幌駅で待機中の椴山行 521-4956
長沼線

大谷地ターミナル - 北広島駅間は大33と、新札幌駅 - 北広島駅間は新33と同経路。

  •  
    34 ながぬま温泉行き 537-9978
    広34:北広島駅 - 朝日町6丁目 - 東共栄 - 千歳橋 - 西長沼 - 稲穂 - 中央長沼 - 長沼町役場 - 長沼東町 - ながぬま温泉
    • 北広島駅 - 長沼東町の区間便あり。
  • 広36:北広島駅→(広34と同経路)→長沼東町→長沼高校
    • 2017年4月1日、大36 大谷地ターミナル→長沼高校前系統廃止[5]
  • 大34:大谷地ターミナル - 北広島駅 - (広34と同経路) - 長沼東町 - ながぬま温泉
    • 大谷地ターミナル - 長沼東町の区間便あり。
    • 2007年4月1日、34 JR札幌駅 - 長沼東町・ながぬま温泉系統廃止[6]
    • 2008年夏ダイヤより、大37 大谷地ターミナル - ユンニの湯系統休止。
  • 新34:新札幌駅 - 北広島駅 - (広34と同経路) - 長沼東町(←ながぬま温泉)
    • ながぬま温泉は新札幌駅行のみ。
南幌線

大谷地ターミナル - 北広島駅間は大33と同経路。

 
38 南幌行き 531-4310

2010年10月1日、南幌町内の経路を変更し、終点を「南幌」から「南幌ビューロー」に変更[7]

  • 広38:北広島駅 - 朝日町6丁目 - 東共栄 - 千歳橋 - 西幌 - 夕張太 - 暁 - 空知大野 - 南幌町立病院 - 南幌町役場 - 南幌ビューロー
    • 2018年4月1日、大38 大谷地ターミナル - 西幌 - 南幌ビューロー系統廃止[8]
  • 大35:大谷地ターミナル - 北広島駅 - 広島市街 - 共栄 - 裏の沢 - 北の里牧場前 - 夕張太 - 暁 - 空知大野 - 南幌町立病院 - 南幌町役場 - 南幌ビューロー
  • 広37:北広島駅←(大35と同経路)←南幌ビューロー
    • 2018年4月1日、系統新設[8]

担当営業所編集

本項に記述したすべての系統を長沼営業所が担当。北広島線は厚別営業所、札幌営業所も担当する[9]

主な休廃止路線・系統編集

 
北海道中央バス/ジェイ・アール北海道バスの、北広島市・恵庭市周辺の郊外路線概念図(2010年4月現在)
  • 長沼線(札幌駅 - 北広島駅 - 南の里 - 恵庭駅)
  • 空知線(江別駅 - 野幌駅 - 北広島駅 - 南の里 - 恵庭駅)
    • 2000年4月1日、南の里以遠廃止[10]。以降の江別駅 - 北広島駅 - 南の里については、空知線「共栄線」を参照。
  • 長恵線(恵庭駅 - 中恵庭 - 東舞鶴、恵庭駅 - 島松駅 - 東舞鶴)
    • 国鉄バス当時に廃止。
  • 長恵線(中央長沼駅 - 東舞鶴 - 南長都)
    • 2003年3月1日廃止、長沼町営バスに路線譲渡[11]。中央長沼は1952年(昭和27年)4月に設置された第一種委託駅で、旅客の他に貨物・小荷物も扱う自動車駅だった。
  • 恵庭線(恵庭駅 - 大町 - 恵み野駅 - 島松駅)
    • 有明町経由に統合。
  • 恵庭線
    • 恵庭駅→桜町→恵庭公園前→南高校前→南部隊前(学校登校日の朝に夏季1本・冬季2本運行)
    • 恵庭駅 - 漁町 - 有明町 - 恵み野駅 - 恵み野中学校前 - 恵み野野球場前 - 北高校前 - 島松駅
    • 恵み野駅 - 恵み野中学校前 - 恵み野野球場前 - 北高校前 - 島松駅(平日1往復のみ運行)
      • 各系統ともえにわコミュニティバスの実証運行開始により、2010年12月1日休止[12]
  • 稲穂町・朝日町循環線
    • 北広島駅発着の市内循環線。2000年4月1日廃止[10]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 一般路線バス | 札幌市内”. ジェイ・アール北海道バス. 2019年5月31日閲覧。
  2. ^ 一般路線バス | 長沼方面”. ジェイ・アール北海道バス. 2019年5月31日閲覧。
  3. ^ 地下鉄乗継割引の適用範囲”. ジェイ・アール北海道バス. 2019年5月31日閲覧。
  4. ^ a b c 2016.4.1ダイヤ改正 (PDF)”. ジェイ・アール北海道バス. 2016年4月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年5月31日閲覧。
  5. ^ 2017年4月1日ダイヤ改正 (PDF)”. ジェイ・アール北海道バス. 2017年4月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年5月31日閲覧。
  6. ^ 「系統の廃止及び変更」のお知らせ”. ジェイ・アール北海道バス. 2007年8月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年6月4日閲覧。
  7. ^ 大35 大38 広38 南幌線 経路変更のお知らせ”. ジェイ・アール北海道バス. 2010年12月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年6月28日閲覧。
  8. ^ a b 2018年4月1日ダイヤ改正 (PDF)”. ジェイ・アール北海道バス. 2019年5月31日閲覧。
  9. ^ その他のご案内 連絡先一覧”. ジェイ・アール北海道バス. 2019年5月31日閲覧。
  10. ^ a b 北広島市地域公共交通総合連携計画 平成23年3月 (PDF)”. 北広島市. p. 17. 2019年5月31日閲覧。
  11. ^ 長沼町の歴史 平成15年(2003年)”. 長沼町. 2019年5月31日閲覧。「南長都線」と表現されている。
  12. ^ 恵庭線休止のお知らせ”. ジェイ・アール北海道バス. 2010年12月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年6月28日閲覧。

参考文献編集

  • バスジャパン・ハンドブックシリーズ8『北海道旅客鉄道』(1996年・BJエディターズ)ISBN 4795277877

関連項目編集

外部リンク編集