メインメニューを開く

長津 義司(ながつ よしじ、1904年明治37年)3月24日 - 1986年昭和61年)1月10日)は昭和期の作曲家。

長津義司
出生名 長津義司(ながつよしじ)
生誕 1904年3月24日
出身地 日本の旗 日本静岡県熱海市
死没 (1986-01-10) 1986年1月10日(81歳没)
学歴 法政大学卒業
ジャンル 演歌
職業 作曲家

経歴編集

静岡県出身。保険会社に勤めた後、作曲活動を始め、1936年(昭和11年)ポリドール専属となる。 1939年(昭和14年)11月発売の「大利根月夜」が大ヒット。1941年(昭和16年)にテイチクへ移籍し、 「十三夜」「君忘れじのブルース」「ふるさとの燈台」「玄海ブルース」「連絡船の唄」 「チャンチキおけさ」「大利根無情」「元禄名槍譜 俵星玄蕃」などの作品を作曲。

菅原都々子の「月がとっても青いから」では編曲を担当。

『チャンチキおけさ』では『お客様は神様です』というフレーズが生まれ、三波春夫が最後の紅白で歌った曲は「元禄名槍譜 俵星玄蕃」であった。

数多くの映画の挿入歌も手がけている。

静岡県から上京した後の拠点は東京都中野区。 昭和53年~昭和56年の間、日本作曲家協会の理事長でもあった。

1972年(昭和47年)紫綬褒章を受章。

音楽生活50年 勲四等旭日小綬章受章

1986年(昭和61年)1月10日死去、享年81。

作曲編集

編曲編集